>

Latest Entries

@

290727 羊アウトイン、4241(33)

放課後R、24度、微風、晴れ。半袖ポロ、アームカバーは1Rで外した。黒綿パン、茶スニーカー、PING帽子。以上で快適。スタート前茶店で氷をもらったが、つかうほど暑くなかった。G30、黒オノフ5W、SQ7W(リシャフト前)、HB3U〜6U、G30:7鉄〜UW、PINGSW、竹君、BSボール。打球練習2籠。SQ7W(SR)は、190届かないような?・・。でも左には行きにくいかも?。ショットは切れているようだ。パター練習ひととおり。アプ場が工事中だったが完成したようだ。使う暇なし。Nのさん、TKのさん、仲間で気楽。打順は2番。

①4、385 3/3 +2 Ag+D:X左砂入って勢いで出た!。左下がりラフから6U右ラフ、r20:SW↑;POV、3Pのおまけつきでダボ。
#SW↑は、LWがほしいな〜と思った。
#3Pの原因は、LPのSTでOKまで寄らず3P招いた。
#Dが乱れるとスコアに響きやすい。重苦しいダボスタートだが、慣れっこで動揺はなし@

②4、338 4/1 +1 D:Xフックで左砂、ドテ近くPWでDSDK、これが右にSKぎみに飛んで大木の右ラフ、r70:+30=100だから、UWNチョイスしたがまったくGST。SW↑@、MPねじ込んでボギー確保!。
#Dのフックからいつもの砂パターン。MP入ってボギーで収まり、何か落ち着けた@
#①も②も胸の目不足?エイミングで充分右向けてない?
#スタート①②はバントで200のほうがいいのだろうか??

③4、405 3/2 +1 Fo D@、r170:4U:GST、PWだけもってGに近づくと、若干ラフ深め!。そのままPWNでGOV!と思ったら、TKのさんのボールにNK!。助かった・・・MP排卵でボギー。
#Dは引き算で235。飛んだように見えたが大したことなし。
#砲台Gでは、乗ったと思ってもSW含むお出かけセットを持ち出すべきだ。
#まだボギーペースも満たしていない・・・

④3、198 3/1 +0 (181)無風、3U@、MP排卵でPOP。
#PINの上横につけたので、さすがにMPは入らず。
#前回にたような状況で1on4Pやらかしているのでいささか緊張した(W)

⑤4、SG 3/1 +0 D@ r120AG:8鉄GBIN、砂@@、砂イチきめた。
#8鉄=120でOKなのだが、Agだし手前GBあるので7鉄でもよかった?

⑥5、504 3/2 +0 D@@FW左、5W@、r75:PWN@、MP排卵でPOP
#POPなので問題なし

⑦3、141 2/3 +2 上の段143AG、6U右砂、砂@、あえなく3Pで素ダボ!
#6Uは左行き過ぎるイメージあるが、実際は右ミスが多いような?
#2段Gの段差は、3歩でなくて2歩かも?。段差=3歩だと思って2歩POVし、返しが排卵だ・・・
#砂はロクに入ってなかったが、藍ちゃんパパ方式で、大きくゆっくり振った@

⑧5、526 3/2 +0 D@@(引き算で233)、5W△木の後ろ、r113登り:9鉄@、MP排卵でPOP
#POPなので問題なし。
#セカンドフックしても、FW左の大木は超えられるので問題なし!

⑨4、SG 3/1 +0 D@FWK、r144:7鉄手前ラフ、SW↑@、Y1P
#G近くに行ってみて、ラフならSWでお先にバンスダフリで楽勝。LWがあったほうがよりベターだが、SWだけでもなんとかなる。

#前半42(17)
#スタートHでダボ叩き。次もMPねじ込んでやっとのボギー。①②はAgでどフックで左砂といういつものパターン。③からドラのイメージが回復し、思い切り振れるようになった。
#①のダボは・・・・なんとかしてほしい(W)。EZな⑦でダボは痛い。
#ゼリー食をいただいた。後半は締めていくぞ!と決めた。おいらってこればっかだなあ・・・

⑩5、514 4/2 +1 D@左ラフ、左下がり4U@左Fc、r110:PWF:GST、左上がりドテ:SWT@、MP排卵でボギー。
#⑩でr110は、9鉄必要。まあ、GOVよりGSTのほうがスコア的には無難

⑪3、172 2/2 +1 (168)5U左砂、砂@、MP排卵でボギー。
#やはり5U=160なのか

⑫4、360 2/2 +0 D@FWK、r135:7鉄@右ON、(18)@、POP
#Dは引き算で225と、たいしたことなし。いかにG25が飛んだかわかる。

⑬4、SG 3/1 +0 Ag D:X 左!しかしNKで左ラフ、r110:9鉄:GOVして奥EP外ラフ、テキサス@、Y1P!
9鉄=120未満だな

⑭4、390 4/2 +2 D:X、右OB!! 前進4打で4ON、MP排卵でダボ。

⑮4、377 3/1 +0 D@左ラフ、前下がり、6Uチョロ、木こえ88:UWF:@@でY1P
#LBでGに駆け上がるイメージもあったが。
#バンスで上げるのはとにかくEZ

⑯3、163 1/2 +0 (169)3U@@、MP排卵でPOP

⑰5、475 3/2 +0
D@、5U@FWK、r100:PW@、
#PWR<PWR100か??

⑱4、SG 3/2 +1
#後半41(16)
#前半をカバーできるほどのスコアにはならず。⑭のOBは余計だな〜〜

##計83(33)
@

SQ7W・EI70X出来!


@HK

黒オノフ5W(D2)の下の番手として。21度ロフト。今時FWと比べるとDEEP FACEだが、7Wなのでこれで良い、

出来上がり:D6バランス、4P下げるには、半インチ短く持てばOK!。それで190y飛ばないようならカウンターバランス入れる。

重量級のXシャフトということで、ガチガチかと思ったが、ヘッドの重さのせいか、すぶってみると別にガチガチでない。ふつうにしっかりしたシャフトというかんじ。へなへな感はない。
(本日、R前の羊レンジと、羊R中の1回だけ打球した感想は、やはりオリジナルのSRシャフトがプア!だった)
@

ラウンド速報

羊アウトイン、4241(33)

ダボ3つ。甘いなあ。
@

靴で蹴っ飛ばす





ロフトは・・・PW~7鉄くらいかな(笑)

moblog_f21e8b4e.jpg

このシモンPのアイデアは、なまらいい!
なんともいえず、和むし、手で放るよりも絶対にクラブで真似しやすい。

本日のRの感じでは、PWでコツンという感じがうまくいった。
@

残り距離に適した番手選びで、GOVを減らすことで難アプを減らす

BSボール、G30アイアン、HBUTの場合、気温高いと・・・

センターまで130=8鉄
センターまで140=8鉄
センターまで150=7鉄(7鉄=140)
センターまで160=6U(6U=150)
センターまで170=5U(5U=170)

#ちなみに、HBアイアンだと(寒い時期含む、RXボール)

センターまで130=7鉄
センターまで140=6鉄
センターまで150=6U
センターまで160=5U
センターまで170=4U

・・・とシンプルだった。気温、ボール種類、アイアンの違いなどあって?、+10余計に到達しやすくなっている。
#あるいは日々の素振り練習の成果でHS↑?(笑)
@

Nと、PWRの積極出動でY1P増やせ!

・MPがぽんぽん入れば現状でもロースコアが出るはずだが、MPが入るかどうかは運しだいなので・・・
・現実的には、NとPWRの積極活用で、なるべくMPが入りやすくするお膳立てをするべき。
・要するに、ショートアイアン~ウエッジのP&Rだ。ごく普通の技だ。
・普通のことの経験が足りない。成功体験を蓄積してイメージを改善すべき。
@

羊最近10Rの、苦手H①②⑨⑭

10R平均で・・・

①:+0.7
②:+1.2
⑨:+1.6
⑭:+1.4

・・・・+0.5で、パーボギー半々である。
・・・・+1でオールボギー、+2でオールダボである。

①はイメージほど悪くないが・・
②⑨⑭は、イメージどおりの悪い成績。ダボ以上が多い。

この②⑨⑭はなんとしてもボギーで抑えるべきだ。
②は、距離がないので、パーもとれるはず。記事を読むとTS、セカンドともに左ミスで叩く傾向。とくにセカンドはG外しても右にはずせ。

⑨⑭は、ミドルだが、距離もあるのでマイパー5でよい。頭を使って、確実にマイパー5をねらえ!

⑨は、TSが比較的打ちやすいので、G30で距離も出るので、TSを思い切り打ったらどうか?。r180切ると、EPON狙いだと160でも届く。外してもEZな寄せだ。2打目で入れるなら、右GBもありだな。

⑭は右ドッグなので、どうしても長いセカンドが残る。このセカンドをチョロにしやすいので気をつけ(ちゃんと草すりの素振りする)、待チョロ対策もし(クラブ保たないで閑を潰す)、ここは、長物でGON狙って大丈夫。はずしても、PINGSWのお先にバンスダフリの技があるのでなんとかなるだろう。


@

竹君 VS 鍬形


やはりグースぶん引っかける傾向(左にはずしやすい)。慣れかもしれないが、竹君のど真ん中からカップイン率はずっと高い。
@

HB6Uか、HB6鉄の復活か 併用か

・HB6Uは31度でちょっと長い。HB6鉄は30度で6Uよりちょっと短い。
・飛距離は、HB6Uのフルが150、HB6鉄は145くらいで同等
・ヘビーラフにはHB6U強い。今時期ラフはない。LBは難しい。吹き上がりやすい。
・HB6鉄はLBが打ちやすい。

#ラフがキツくなるまでは、HB6U→HB6鉄のほうが有利?かもしれない。
#そろそろラフがきつくなってきたが、190yの7WよりHB6鉄を入れたほうが有利かも?(150近辺が厚くなる)
@

スタート数Hでパーが来ない件

・出だし数Hは、プロでも様子を見ながら慎重にプレーするというが
・たしかに、私レベルだと、出だし数Hがボギーで収まるとだいたい落ち着いたスコアになるのだが・・
・ダボやダボダボとかが来てしまうことも度々ある。むしろそいうのに慣れちゃって動揺しなくなっているが・・・それも大切だが、なんだか気分が重い(笑)。
・希望的には、最初からパーパーパー!と快調に発進したいものだ。正直、そう思ってしまう(当たり前)
・飛ばそうとするとたいていロクでもないことになるので、固くボギーオンで寄せ1を目指すのがいいだろう。
・運がよければパー、外してボギーである。
・ボギーでいいやと思っていると、集中できずに簡単にダボってしまう。ボギーオン+3P=素ダボである。
・あくまでも、ラッキーインがなければボギー=EBPが大切。
@

150前後のチョイス

●HB5U: 160
●HB6U: 150~160?
●G30#7: 140未満
●G30#8: 120 H=100、N=90
●G30#9: 110 H=90、N=80


#7鉄は140未満で、6Uは150~160である。
#センターまで150で、6Uを選ぶと、POV~GOVすることがある
#もしセンターまで150で、7鉄を選ぶと、PIN手前に乗るか、GSTすることがある
#手前にハザードがなければ、当然GOVよりGSTが有利。
#よって、センターまで150なら、6Uより7鉄メインに考えるべきだ。
#6UのHは、ばらつきが多くあまり実用性がない。MJでかえって飛んでしまったりする。
#6Uは弾道高く、アゲだと150に届かないこともある。
#だからアゲだとセンターまで150で丁度いいかも。
#7鉄もフォローだと150に届くので、風の具合によってもどちらかをチョイスできる
#残りセンターまで140だと、”余裕をみて”6Uを選びがちだが、残り150よりもますます7鉄のほうが適切(HB7鉄は130だったので、その感覚が残っているのだ。G30の7鉄は、HB7鉄より+10飛ぶ=140と考えてOK)。
#つまり、無風平、センターまで140~150は、G30の7鉄一択で良いのだ。

#290713の羊R(暑い!BSボール)では、7鉄=140では?、HB5U=170では?と記載がある。
#つまり、センターまで130では、7鉄ではGOVの可能性があり、8鉄チョイスすべき。
#また、センターまで160では、HB5UではGOVの可能性があり、HB6Uチョイスすべき。
@

1DKJの正しいメンタルセットアップ

・1DKJでは、1打ミスってるのに、なんとかパーで・・・と思うから心乱れて凡ミスを招く→大叩きになる
・取り返そうとしてはいけない。もう取り返せないのだ。そう諦めてしまうのが心の迷いを消してくれる。
・1DKJとは、文字通り1打献上したのである。落ち着くために1打支払うのだ。
・失う1打を、LUの1打だけとするぞ!という強い決意で臨み、+1を目指せばよい。
・結果としてボギーになるが、それで充分じゃないか。
・その途中でミスってダボになることもある。
・しかし、それでいいじゃないか。
・+1でHOするべく、集中する、そのことが充実感なのだ。
・ミスったことは、すでに起きてしまった過去のことで、取り返そうとするから心乱れるのである。
一心不乱に+1を目指す。LUの1打が加わるだけで、他はいつもと変わりないようにする
・ラウンド中は、心が乱れないこと、それが大事である。もし一時乱れても気にせず、しずかに次に移ることである。
・一端心が乱れると、3Pのオマケついたりして大叩きするだけでなく、次のHにも影響がある。
・それに比べれば、LUのたった1打増えるだけなら、どうということもないではないか
・まずは、ミスった1打+LUの1打で、普段の1打めの到達点にいければ充分である。これが+1の内容で終わるようにするのだ。
@

昨日空沼③のダボ。セカンドのチョイスは1DKJかトライか?

③480L 6/1 +2 D:X低いフックで林へ。LBで脱出できそうな場所だったが、1DKJの精神で安全なほうを狙うことにした@。7鉄脱:X:構えて窮屈で違和感があったがそのまま打ってしまいミス。再度7鉄LB:△で距離稼げず。5U:LU@、PW:奥EP、PWR@、1Pでダボ
#3打目ミスは、2打めミスのショックを引きずってしまった結果・・・どんな結果も笑って受け入れるべきだ。
#苦手な①②をボギーで通過できていたので、割と得意な③のダボはキツイ。
#Dは①②がややフェードで、いつもの右向きエイミングが甘くなった。いつもはここは右からドローでFWKできている。


ドラミスでセカンドは林の中からだが、前方10mに地面4m四方の空間があり、レンジで必ず練習している、7鉄のLB(脱出用)を実行すれば、うまく抜けて、3打目でPONできた、かもしれない。しかし、あの現場で、私はインナーキャデイと相談して、IDKJの精神で、LUをチョイスして広いほうに出すことにしたのだ。しかし、LUすると決めたことで、かえって緊張の糸がキレたのか、ZKしてしまった!。LUを選んでミスすると、メンタルダメージが大きいものである。こんなことなら、2打目でトライすればよかったのではないか?と。実際、傷心の状態で打った3打目もしょぼい結果だった。このHは結局ダボで済んだのだが、セカンドのチョイスの正解は、トライだったのだろうか、LUだったの
だろうか。もし、トライして失敗すれば、ダボでは収まらなかったかもしれない。充分、状況練習は積んであるのだから、トライすべきだったようにも思う。このHは、だいたいパー通過しやすいHで、ダボのダメージは大きかったが、トリやダブルパーを、1DKJの精神で回避できたのだ、とも思える。

#R中の後悔はご法度なので、Dしょぼなんだから、1DKJのLUで大怪我防ぎでいいのだ!次いってみよー!でプレーの継続を可能にした@のだが・・・
#次、同じような状況になったら、ライ条件なども勘案し、充分いけそうならLB脱出にトライするぞ!。
#半分以上成功しそうになかったら、今回のようにLUするが、LUのショットで絶対に気を抜かないようにするぞ!
@

パターのロフトについて

ここ参照

・・・ミケルソンPによると、【インパクト】時ロフトが4度が1番いいらしい。
HFにするPは大ロフトをこのみ、左にボールを置くPは小ロフトを好む。

つまり、パターのリアルロフトがなんであれ、シャフトのインパクト角度で変わってくるのだな。

少ないロフトはインパクトからすぐに純回転になるから転がりはいいが、ライの影響を強くうけ、ひどい時は跳ねたりする(ミケルソンPのいうホットロール現象)。大きいロフトはすぐに純回転しないので転がりが悪いが、しばらく地面から浮くのでライの影響をうけにくい。

#私の経験では、大ロフトパターは、Gの外からのテキサス・ウエッジで使いやすいが、早いGでは距離感も方向性もとりにくかった。また、HFにすると良くなるが、HFを忘れやすいのと、HFにする時に、ボールに触りそうでヒヤヒヤする(笑)。また、ブレードやシャフトでラインに直角を出したい私は、HFにすることで、せっかくの直角感覚が乱れてしまうような気がするのだ、

#竹君は、半球状のフェースということだが、横から見るとむしろマイナスロフトに見える。まあゼロロフトと考えていいと思うが、これだと、シャフトが鉛直だと、インパクトロフトがゼロなので、ライの悪い時は、ミケルソンPのいう4度に満たないで跳ねてしまう可能性がある??。実際、G外から竹君でテキサスウエッジする時、跳ねて大STした事件が複数回あり、以後、テキサスで上から打ち込まないようにしているし、試しにアッパーブローのイメージでテキサスすると、非常に転がりよくなりテキサスの足が伸びたのだ!

#だから、竹くんは、転がりのいいGでは、ロフトゼロのインパクトでいいが、遅いGやテキサスでは跳ねてSTしてしまうので、アッパーブローを意識してインパクトロフトを増やし、足を伸ばしてやればいいのではないか?
@

竹君のマイナスロフト

・竹くんのロフトは、横から見ると、わずかにマイナスだと思う。(メーカーはRadius Faceとのことだが・・・半径?)
Radius Face Technology putters designed to strike the golf ball above its equator producing immediate top-spin and a true and more accurate forward roll.:ボールの赤道を打てば、ただちにトップスピンがかかるために転がりがいい。ふむふむ。竹君では、ようするにボールの赤道を打てばいいのね・・・
・こないだホアの練習Gで発見したのだが、G外からのテキサスで、お先にポーズで打つと、跳ねずに、転がりがスムーズになり、ゆっくりかつ確実に足が伸びる。
・過去のRで、G外からのテキサスで、竹くんがぽんと跳ねて大STしたことが複数回ある。これはおそらく竹君のマイナスロフトのため、上から打ち込む形にすると、地面に押し込む方向に力が加わり、結果、地面に押し付けられて撥ねた!?んではないかと思う。
・実際、最近のRでは、竹くんのテキサスの場合、HFにならないようにしているせいか、跳ねて大STという事件がない。
・最近、竹君のLPやMPがPSTする傾向がある。刷毛練習が不足なのかもしれないが・・
LPやMPでも、HFにならないように構えたほうが転がりがいいかもしれない・・・?
・クロさんによると、SPはHFにしてSSで当てると安定するとのことだが、竹君はマイナスロフトなので、普通のプラスロフトのパターよりも、SSに当たりやすいのかもしれない。したがって、普通のパターのようにHFにする必要がない!!のでは?
・竹君以外に持ち替えると、道中ぽこぽこ跳ねやすく最後のひと伸びがないのに気づく。
@

アプローチシステム

・Dが安定していてRTからは充分飛ぶので、基本的に全HでPON狙うことにしている。
・もちろん、風などの状況によっては無理にPON狙わないこともあるが、基本的にはPON狙い。
・Gを外すと、90以下の様々な中途半端な距離を残るが、嫌がらずに楽しみにすることにした(笑)
・そのために、SWのF、H、N、お先にダフリや、UW~アイアンのH、Nを駆使することにした。
・とくにNは無難簡単で、もっと多用したほうが良い!。
・テキサスは、EPが逆目、G成分が20歩以上などと長い場合は、PWRなどにしたほうが有利。
・テキサスは、竹君のロフトがマイナスなので(ハネやすい)、お先にポーズのほうが転がりが良い。
・EP外などのEZなシーンでは、シモンPの漫画のように、靴で蹴っ飛ばすイメージで気楽に転がすと、ウエッジでも寄る。
・転がしで草の介入が気になってパチン入りそうな時は、フーと呼気を長く吐きながら。
・草に沈んでいるような場合は、転がしにこだわらず、さっさとSWでお先ダフリしたほうがベター。
@

飛距離目安・・・最近の練習&Rより

●G30改: 240弱か。TBを大きくとると、フェード傾向。横殴りはフック。胸の目がないとひっかける。TB40mm。バントで200。
●黒オノフ5W改: 200~210。当てにいかずに振り切ったほうが曲がらない。
●コブ7W改: 190?。MJ、真中において、HFでストレート。
●HB3U: 180~190?
●HB4U: 170
●HB5U: 160
●HB6U: 150~160?
●G30#7: 140未満
●G30#8: 120 H=100、N=90
●G30#9: 110 H=90、N=80
●G30#PW: 100 H=80、N=70
●G30#UW: 90 H=70、N=60
●PINGSW: 80、H=60、N=50、お先にダフリH=40、お先にダフリN=30

#ボールはBS使用。気温は20度以上あり
#G25の250~というバカッ飛びはないが、240飛べば充分である。
#HやNは、ボールの左下のターフを取る
#お先には、ボールの右横をしっかりバンスでダフる。
@

290723 空沼アウトイン、4445(37)

予報では、21~24度、微風晴れと、申し分ない予報だったが、暑くてボーッとなるほど蒸し暑かった(30度以上?ピーカン)。初夏の北海道なのに??。半袖ポロ、アームカバーなし、通気性のよい長ズボン、雨帽子、茶スニーカー以上で快適。直射日光も強く、日焼け止めを3回塗った。G30ドラ、オノフ5W、コブ7W、HB3U~6U、G30:7鉄~UW、PINGSW、竹君、BSボール(新)。レンジ3籠、ショット完璧なしあがり。練習Gで刷毛塗り。アプ場で、SWとUWの練習。UWもお先にで右体重で構えたほうが抜けとダカンが良い。SWは、バンスでダフることでオートマチックに上手く上がる。Hせさん、Nのさん、TYのさん、仲間で気楽。ナビ、アンチョコ使用。キャデイさんGON判定甘い(笑)

①385M 2/3 +1 D@右ラフ、左下りr144:6U@だがPOVで、3P招いた。
#受けGなので、手前から乗せたほうが無難。
#TB大きめにしたら、Dはややフェードになるような?
#ボギースタートは静かで良い。

②415M 3/2 +1 D@センター、5W@、r40:SWお先に:PST、MP排卵でボギー
#SWのお先にバンスダフリは非常に有効。SWN=30?まあ振り幅で正確に打ち分けられるわけではないわな。振り幅は大OV側ミス防止の目安にすぎないからだ。SWN=F80-30=50、お先だと-10の40が目安なのだが。今回でPSTだから、目安の役割は果たせたと考える。これで充分だろう!。WW地蔵になるよりずっとマシ!

③480L 6/1 +2 D:X低いフックで林へ。LBで脱出できそうな場所だったが、1DKJの精神で安全なほうを狙うことにした@。7鉄脱:X:構えて窮屈で違和感があったがそのまま打ってしまいミス。再度7鉄LB:△で距離稼げず。5U:LU@、PW:奥EP、PWR@、1Pでダボ
#3打目ミスは、2打めミスのショックを引きずってしまった結果・・・どんな結果も笑って受け入れるべきだ。
#苦手な①②をボギーで通過できていたので、割と得意な③のダボはキツイ。
#Dは①②がややフェードで、いつもの右向きエイミングが甘くなった。いつもはここは右からドローでFWKできている。

④350M 3/3 +1 D◯左ラフ、6U:GOV、JCテキサス:POV、MP排卵でボギー
6Uは150弱ではなくて、160弱なのかもしれない。あるいはラフからだから?あるいはBSボールは6U飛ぶ?
#なかなかボギーペースにも戻せない。しかし焦らず機会を待つことにした@

⑤177S 2/2 +1 Ag (178)7W:Xチョロ!、r80:SWF@、2Pでボギー。
#7Wは振り重く感じた。つまりぴゅっ!という急ぎ打ちのテウチだったのだろう。
#Dや7鉄のように、MJで持てばいいのかもしれない・・・
#コブ7Wはラフのつなぎ対策で、G狙うには役者不足な感じ。

⑥507L 4/1 +0 D:X右ラフ(砂は超えてくれた)、5U:@FWを斜めに横切って距離をかせぐことができた。7鉄:GOV、UWトウ@、1Pでボギー。
7鉄F=140~150?。6Uでなくて、7鉄が150弱なのかも

⑦409M 2/2 +0 D@右ラフ、r178:3U:@@、MP排卵でバデ逃しのPOP!
#Dは引き算で231y。大したことはないが、180切るとPONの可能性が高まる。

⑧143S 2/2 +1 (155)5U手前ラフ。UWR△、MP排卵でボギー
#やはり、無風でも池からの上気流?で実距離+10必要。Agなら+20?

⑨347M 2/3 +1 D@右ラフ、7鉄MJ@、PONだが敢え無く3Pでボギー
#7鉄=140か?。少なくとも130ではない。8鉄=120でOKなので、7鉄が飛ぶアイアンなのかも。

#前半44(18)
#⑥⑦のパーパーのおかげで、なんとかボギーペースから1つ潜れた・・・できれば⑧⑨もパーパーと行きたいものだなあ・・・

#ゼリー食をいただいた
#後半は締めていくぞ!と決意。おいらってこればっかだなあ(笑)

⑩365M 2/3 +1 D:X左ラフ、r150:6U奥にON、敢え無く3Pでボギー。
#この3Pはしかたがない。
やはり6U=150でなくて160弱、と目安するべきだろう
#やや左下りラフから、気温、BSボールで飛ぶなどの150以上に到達するファクターはあったかも。

⑪484L 3/2 +0 D@FW左、5W@左ラフ、(120)8鉄@、POP
#POPなので問題なし

⑫510L 4/3 +2 D:X左山すそ、6U:葉っぱに触るもなんとかFW左に出た。r210:5W:待ちチョロ、r120:8鉄@、敢え無く3Pのおまけ付きでダボ!。
待ちチョロ対策:クラブ保たずにまったく別のことですごす・・・をしていない。ずっとクラブ握っていた:X
#MPがPST傾向!・・・・最近刷毛塗り練習が不足!?

⑬353M 3/2 +1 D:◯FW左(あおり打ち?変な音だった)、Ag150:6U:GST、SW40お先:◯、MP排卵でボギー。
#6U:アゲだと150以下となってしまう。弾道高すぎて風の影響を受けやすい?
#しかしコンタクトミスが少なく、GON狙える安全な道具なので、風を読んで判断するべき

⑭164S 2/2 +1 (164)3U右蛇ラフで密林女王ライ、SWクロブ◯で少しPOV、MP排卵でボギー
#SWクロブは非常に高く上がりほぼ直角に落下。弾道は大げさだが、PINGSWなら、なんら難しくはない。

⑮402M 3/1 +0 D:X右砂、砂3U@、左ラフ:40:SWお先にバンスダフリ@、MPねじ込んでBOP
#DはTB大きめで右方向にいくようだ。当たり自体は悪くない撃ち抜け感
#砂3Uは、北極ソールの技を使った
#r40とか、SWのお先にバンスだふりの技で、全然怖くない。むしろ楽しみだ!(笑)

⑯351M 3/2 +1 D@FW、5U左EP、テキサスPOV、MP排卵でボギー。
#テキサスよりUWRのほうがよかったかもだが、お出かけセット(SW+UW)を持参してない。キャデイさんはナイスオン!と宣言して遠くにいっちゃってるし(笑)。まあ、自分が悪い。キャデイさん弾道イメージよりHBUTのランが多いのかもしれない・・

⑰197S 2/2 +1 (198)5W:NSだったがGST、花道からSWお先H@、MP排卵でボギー
#TGでは無風だったが、上空がAgだったのだろう。良く見ると木のてっぺんの枝が揺れていた!注意力不足!

⑱431M 4/2 +2 D@FW砂横のラフ、5W△左ラフ、r60:SWHでお先:GST、UWR:PST、MP排卵でダボ
#5Wは飛ばそうとして力んだ:X
#SWHのお先にバンスダフリは、高く上がってGST。ラフから若干ダルマ落としになったのか?、左上がり傾向のせいか?UWNのほうが確実だったかも。(UWF=90、-30=60だから)

#後半計45(19)
##計89(37)・・・かろうじて大台は避けた。
##会食して、風呂にはいらずほあで練習30分、クロネコでSQ7W受け取って、イオンで買い物して帰宅して夕食を作った。日差しが強すぎて、庭の雑草苅る気力なし(笑)

##89としょぼいが、自分的にはわりと満足なプレー。③以外は、メンタルにも破綻なし。おちついている。
##3P*4が気になるところだが・・・MPがPSTする傾向あり、刷毛塗り練習の不足を感じる。
##PINGSWで、お先にバンスダフリの技が手に入り、40前後の寄せが気楽になったのが大きい
##ショットは全体にGOOD。胸の目重要。
##G30の7鉄=140弱、HB6U=160弱(アゲでは150弱)という、Rならではのデータが取れた!
##③でダボだったが・・・・奥EPからのPWRはよかった!。足で蹴とばすイメージでOK!!
##お出かけセットは、SW・UW・PWのウエッジ3本セットがわかりやすくていいかも?
@

期待で潰れない

・何事も、完璧に思ったとおりになるわけではない(たまにはあるが)
・上手くいかない時、【なぜだ〜!?】と動揺するのが最悪。
・上手くいこうが、上手くいかなかろうが、直ちに結果を受け入れ、次に備える他にチョイスはない。
・そもそも、ゴルフは、ミスを紡ぐゲーム。
・自分で期待したとおりにならないほうが普通なのだ。
・淡々とベストをつくすべく、お膳立てしつづけるしかないのだ。
@

GまわりUWもお先にがいい


HF左体重DBより、右体重お先にのほうが抜けがいいし、距離感も出しやすい。

弾道イメージしながら、草スリ素振りで最適のシャフト角度を決めるとよい。これくらいと決めたら、大胆に実行すべき。
@

ボケ?

駐車券を精算後、取り出したような記憶があるが、車のとこまできて駐車券の紛失に気づく。今さっきもやりました。(--;)
@

お膳立て

・誰しも結果を作ることは出来ない
・しかし、次を有利にしたり不利にしたりは出切る。
・そのためには、何が1番やってはいけないか?を考え、何をするべきかを決めて準備すべき。
・その上で、無心の状態になってスイングすれば、おのずと次が有利になる(お膳立て)
・たとえ、結果が期待どおりでなくても、常に受け入れて、次のお膳立てを考えはじめる。
・これを、スタートから、コースアウトまで続ければ、どんどんひどくなることはない。

・※考える→準備する→決意する→無心にスイング→結果を受け入れる→※に戻る

#290723の空沼Rで実行。ほぼこれでOK。充実感のあるRとなりやすい
@

明日のそらぬま

・すべてのショットは、無の心境できれいに振るべし。
・全番手でショットがキレているので、積極的にPON狙う
・その結果、ばらばらな距離残るが、それぞれ臨機応変にSGを【楽しむ】こと
・ただし、GOVは好ましくない。易しいほうに外れるのは悪くない結果。
・パターは、しっかり刷毛入れる。自分の感覚を信じる。
・結果はなんであれ受け入れて、すみやかに次打の準備にとりかかる。

・環境対策などはいつものようにきちっとやる
・3時間以上前に起きるべし
・マーキングは最低4回行い、空にしておく(笑)

何が起きても、楽しむことが大事。
#静かな感じの自信がある状態だが、誰しも結果は作れない。結果は笑って受け入れて、次に集中するを繰り返す。
@

傾斜のまとめ WW編

・きつめ左上り:斜面に逆らって立ち右体重のまま、ボール右、打ち込んで終わり。ボールを左に置くと手前ダフる。
・きつめ左下り:斜面に逆らって立ち左体重のまま、ボール位置は草摺で決める。エスカレーター式に肘曲げでTBし、斜面にそって振り下げる(フェース面が変わりないままバンスですべり降ろす感じ)、斜面の下に向かって低く抜く。(クロさんのエスカレーターTB)。大根切りのごとし。斜面でまっすぐはTB出来ないから。
@

昨晩ののうまこ練習:530発。

・数が多いのは、ほとんどSG実験だから。
・G30改ドラ:胸の目、最下点に振るなど重要。MJでバントの練習もした。
・黒オノフ改5W:200に達する。バルジ効果で方向性が良い。
・コブ7W改:捉まりすぎ傾向。MJ・HFで中に入れるとストレートになる。190に達する(スライサーには最高(苦笑))。
・HB3U~5U:無問題。3U:180、4U:170、5U:160、
・HB6U:150未満。キャリーは140くらいか。急ぐと薄い当たりになりやすいのでRでは注意。
・G30:7鉄:140。MJで持てばしっかり捉まる。LB練習(脱出用)
・G30:8鉄:130未満。無問題。Nは100くらい
・G30:9鉄:120未満。無問題。Nは90くらい。
・G30:PW: 110未満。無問題。Nは80くらい。
・G30:UW: Fは捉まりすぎる傾向。100未満。QQQで90が良い。Nは60くらい。40以下のP&Rの練習をした。
・PINGSW: Fは80。止まる。Fでもバンスの機能で案外安全。Hは60、Nは50。お先Hは50、お先Nは30前後。左下り斜面のエスカレーター(クロさん式)もやりやすい。シャフト立てる、フェース開く、スタンス狭く近づくなどで距離を減らせる確認をたくさんやった。
・空沼の仮想Rをした。
@

テキサスは(QPプロ)




QPプロは、2m以内をお薦め、振り方を変えるとパターストロークに影響でるから、グリップ圧を上げるだけにする由。

@

蹴飛ばす気分で(シモンP)


考えない→止まらない→ミスしない。ふうん。なるほど。
@

そうそう(赤ずきんさん)


餅がすべて。

#私の餅は・・・・・自在になること。つまり、になることなのだ。いままでのゴルフ史で、自在に達した者は1名もいない。しかし、私はそれを目指す。歩ける間に自在に到達するぞ!.

#バカみたいだけどね。本気。
@

に69


@

ゲゲゲ


そんなん勝手だべ

・・・まあ、でも、パターで転がすのは、スコア乞食に属するかも??だなあ・・・余計なお世話!!

・・・竹君はマイナスロフトなので、テキサスで跳ねちゃう怖れあり、もうテキサスやめちゃってもいいかもな。

つって持ち、パター式でストロークする技も、打面に草の介入ない場合はもっと多用してもいいかも。
@

黒オノフ5W 2008 AND SQ2 7W

・オープンフェースの5Wを探していて出会ったのだが。
・丸いものを振る気持ちよさがあるし、インパクト音も済んで気持ち良い。
・フェースの丸み(バルジ)効果で、狙った方向にもどってくる!。これはありがたい。
・ただ、オリジナルのシャフトが貧弱でヘナヘナしているので
・ガレージに落ちていた、EI70(S)にリシャフトしたビンゴ!だった。
・ヘナヘナしていないし、ガチガチでもない。変な挙動なし!
・重さも心地よい。
・TUあってもなくても信頼できる。
・ラフにも強い。
・黒オノフ7Wも欲しい!と思ったが、なかなか中古市場に出回らないみたい。
・おそらく、オーナーは、気にいって手放さないんでないかな?

・そこで、次候補ででてきたのが、昔から気になっていた、SQ2の7W。
・契約外のプロが長く愛用したがるので有名。おいらミーハーだもんでね。
・プロがこのむのは、捉まりすぎないのと、操作性のよさだからね。期待できる。
・今風のFWと比べるとシャローでないが、TUショットの安定考えるとそのほうが良い。
・EI70(X)をすかさずポチしたのはいうまでもない(笑)

@

月君の感想(道場練習と羊1R)

・さくらゴルフのストレートONE。
・重い。見かけはグッドデザインで素敵。
・ワイドスポットで、SSでなくてもさほど変わらない。
・振り子イメージで振ると大失敗がないが・・・大成功もない(笑)
・転がりすぎるイメージから逆にSTする
・シャフトが短く、アップチョーキングしにくい
・あまり自分の意図が結果に表現されにくい
・竹君の自在感に慣れていると、イライラしてしまう。
・安心感というか、鈍感というか。
・高級な、超高速グリーン向きかもしれない。
@

SQ7W 21度 190y、捉まりすぎなさの追求

sq7w.jpg


しっかり捉まり、EZなコブ7W改造は、スライスしないのが特徴だが、やはり捉まりすぎる。
Gを狙う190yの精度が欲しい(HB3Uの上の番手として・・・HB2Uは若干ハードすぎ・・・)

到着したら、90g級のシャフトに入れ替える。EI-70 Xとか・・・?
@

黒オノフ5W、コブ7W、HBUTのラフ限界

・黒オノフ5W、コブ7W、HB3U~6U

・ボール半分以上見えていれば、実は地面から浮いていれば・・・充分打ち抜ける。

・ただし、スピンのない棒球弾道で飛んでいく。ランは不明だが高さあれば止まる。

・ボール半分沈んでいたら、やめたほうがいい。
@

SW UW 寄せ

・昨日の羊Rより・・・

・SWのお先には、ハッキリバンスダフる気持ちが大事。自分でインパクトを調節しない。バンスに任せる。変えられるのはシャフト角度、フェース角度、振り幅。LWは要らないかも。

・草が介入しない場合、UWで、だいたい半分あたりにODさせて、まあまあ寄る。あまり難しくない。これで充分では?

・だから、お出かけセットは、SWと、UWの2本でいいような・・・
@

G30 7鉄 MJ

・昨日の羊Rで確認できた。
・やはり、MJで持つと、なんら問題なくNSできる、セミラフも平気である。
・最近のRで、長く持つと重く感じてふりきれず大スライスしていたのだ。
moblog_c590db7e.jpg
@

G30改ドライバーのコツ

・当てにいかずに、思い切りマイ・スイングしたほうが良い。
・当てにいくと、腕振りのスイングになり、胸の目も消え、ヘッドが先行してひっかけてしまう。
・充分な上半身の脱力と、ブランコ漕ぎで思い切り振る!気持ちがあったほうが曲がらない。
・つまり、フェース面のコントロールは一切しないで遠心力任せのほうがベター。

・ややドローのエイミング
・TUは40mm(ボール高さ)
・脚踊り
・両腕で頂戴のセットアップ
・上体リラックス
・いきますと宣言
・胸の目!(これがないとフック~ひっかける)
・ハイドローで240、FWセンター確保。

#強いAgでは、無理に大フックするより、バントで200のほうがベターかも。
@

やはり竹君最高だな


Q-Roll Golf Mr Two Radius Face 35" Putter

ブレードが長い。直線的ヘッドデザイン。出っ歯である。シャフト~ヘッド全体でラインに直角に構えやすい。巨大なサイトラインとなる!
センターより少し手前にシャフトが入っているため、フェースバランスではなく、自然なワイプスイングができる。



スイートスポットは非常に狭い。これによって集中しやすい。スイートスポットの後方に2cm以上の金属の厚みがあり、SSで打ち抜いた時のダカンはエクスタシーである。SS外れると最悪であるが、ミスのフィードバックがわかりやすく、練習が楽しい。


マイナスロフトである。これによって、HFにしなくても、SSで打ち抜きやすい。最後の一転がりがある。ただし、テキサス時など、上から打ち込みすぎると、地面の反発でボールが跳ねてしまうことがある。

写真はないが、グリップが細身である。今流行りの太グリップではない。このため、SS以外に当たるとはっきりグラつくのが分かる。これもフィードバックとなり、ミスがわかりやすい。練習のしがいがある。

SSで打ち抜けると、ダカン最高、グリップのグラつきもなし、距離感もはっきりしているので刷毛塗り練習が楽しい。

インサートなしのメタルフェースで、RXやBSなどのソフトフィールのボールでも打音とダカンがハッキリわかる。

35インチと長いため、15歩→20歩のアップチョーキングも可能。
@

290720 羊アウトイン、4443(38)

放課後R、曇り、21〜24度、4m南風。黒スラックス、半袖ポロ、雨帽子、茶スニーカーで快適。仲間のATみさんとの2サムで気楽。G30ドラ、黒オノフ5W、コブ7W、HB3U〜6U、G30アイアン:7鉄〜UW、PINGSW、月君(Rデビュー)。打球練習2籠。練習Gで月君のタッチ練習。打順は1番。本日は木曜だがSGなし。全部MG。

①4、385 +2 4/2 Ag D左砂、5U脱△、9鉄GST、9R:ST、2Pでダボ。
#いつものパターンとはいえ、いきなりダボはキツイ。
#Agは左行きやすい!

②4、338 +2 4/2 Ag D:X左砂、砂:X右ラフで大木スタイミー・・。r70なので+30してUWNと判断、UWN:GST、SW50お先に@、SP排卵でダボ。
#苦手の②でまたまたダボ。不運にも土手近くでスタンス取り難く、砂5Uが右に逸れた。
#ダボダボ発進。パーパーとしてボギープレーに戻さないと!

③4、405 +0 2/2 Fo D@FWセンター、r158:4U@、2PでPOP
#引き算で、TSは247y(落下地点は登り坂!)。
#③ひさしぶりのPONでPOP達成!

④3、198 +2 1/4 178下の段。3U@、しかしピンの上(10)に止まった。そこから、びびって半分しか転がせず、次に入れにいって大POV、かえしも排卵で久しぶりの4Pを喫した!!
#3Uは胸の目を意識して成功!
#せっかくのPONなのに、上から速いのを意識しすぎて大STしたが、これは月君デビューでいたしかたない部分もある・・・重いパターは、下りで大OVの予感があり、大STしやすいんでないか?

⑤4、391 +0 2/2 D○左ラフ、4U@、POP
#ラフだが浮いていたので4Uチョイス@

⑥5、504 +0 3/2 Ag D@@FWK、5W@、r75:PWN@、POP

⑦3、141 +1 3/1 PIN下の段、6U左ラフJC、SWお先:X:テウチでGST、UWR@、1Pでボギー確保。
#SWお先は、しっかりバンスでダフる意識が希薄だった・・

⑧5、526 +1 4/2 D○右ラフ前上がり、7W○左ラフ、左上がりr115のFo:8鉄:GOV、右下がり裸ラフから、SWをカットで@@、強いBSでG上で止まってくれた。MP排卵でボギー。
#3rdの左上がりをおおきすぎるチョイスしがち!とくにFo時は、G中央までの数字そのままでOK。

⑨4、417 +0 2/2 D@、Fo:r179:4U@、MP排卵でPOP
#TSは引き算で238。
#Foでは遠慮無くPON狙うべきだな!

#前半44(19)
#月君は、振り子の感覚であるていど自動的に振れるが、竹君のような自在感がなく、なんとなくイライラする。
#ゼリー食をいただいた。
#後半は締めていくぞ!と誓った。おいらってこればっかだなあ(W)

⑩5、514 +1 4/1 Ag++D:Xフックして左林、7鉄脱@、4U@、r120:Ag:7鉄MJ@、2Pでボギー確保。
#TSを失敗したが、1DKJの精神で丁寧にプレーしてボギーを確保できた!@@

⑪3、172 +0 1/2 fo(168)4U@、(15)@でPOP
#月君、重さがあって、15歩登りの刷毛塗りはしやすい。(下りに不安感の逆)

⑫4、360 +1 3/2 D:○FW左、(r158):5U:GOV、UWR○、MP排卵でボギー。
#草介入しない場合、UW(AW)Rはなにげに使いやすいかも。

⑬4、343 +0 2/2 D@FW砂の左ラフ、Ag130:7鉄MJ@、POP
#ここはセンターの砂狙えばドローでその砂に入らないのだ。

⑭4、390 +1 3/2 D@FWK、r190:7W:右め狙ったがフックしてG左手前ラフ。SWお先@、MP排卵でボギー。
#7WはEZで捕まりやすいが、やはりつかまり過ぎる。この傾向は右危ない時はいいかも!

⑮4、377 +0 2/2 無風、D@(実測234)、6U@、POP
#6Uは大木に触ったが、運良くPONだった。

⑯3、163 +2 2/3 (158)Ag 4Uフックして左砂、硬い砂○、敢え無く3Pでダボ!
#AgではHBUTもフックしやすい。胸の目不足?

⑰5、475 +1 4/2 D@、5U@、r91:UWF:X左ラフ、SWお先:○でPOV、MP排卵でボギー。
#⑰はたいていパーなのでがっかり。
#UWFはウエッジなのでFは左いきやすいかも。

⑱4、367 +1 3/2 D@左Fc、4U:○花道、テキサス(16)カップかすめてPOV、SP排卵でボギー。

#後半43(19)
##計 87(38)
##胸の目、SWのお先に、Nは有効
##月君はそれなりに使いこなせればいいパターなのかもしれないが、竹君の敏感さがないのでイライラした。
##やはりパターは、軽くてSSがが狭くて操作性高いほうが、距離感でやすくて私向きと思った。
##月君ははやくも売却だな!(W)
@

ラウンド速報

羊、アウトイン、4443(38)

やはり月君デビューで苦戦。4Pもあり。
@

竹君、月君

moblog_c3c1bc9e.jpg左が竹君、右が月君。竹君はマイナスロフト?。月君は4度ロフト。竹君はブレードが長く、ラインに直角に構えやすい。月君はラインの方向に進みやすいイメージ。


・月君はまだRデビューしていない。
・竹君はRで活躍中。

・道場のマットでのチェックでは・・
・竹くんは軽く振りやすい(敏感)。月君は重くマッタリしている(安定感)。
・竹君の芯は狭い!ただし芯の厚みは2cm以上ある。月君はワイドスポットでブレにくい。芯の厚みは1cm弱。
・竹君は芯で打ち抜けると、最後の一転がりがある。月君は竹君よりちょっと弱い?
・竹くんがストレートの時、同じ構えでは月君は左に行きやすい。月君は、HFにすればOK?
・竹君は35インチで20歩以上のUPチョーキングできる。月君はMJで振りやすくなる。スプリットハンドも?
・トウ打ちは、月君のほうがしやすそう。
・EPからのテキサスは重さとロフトのある月君のほうがやりやすそう。

#竹君で充分でないか?(笑)
#本日Rしてみて、月君の扱いを決める。
#奇跡的なカップインが宣伝のように決まりやすければ月君採用。竹君と同等なら竹君残して、月君売却。
@

ハウチが失敗しない理由


歯で球体に当てると思うと難しい気がするが、実際は簡単で、片手でぽんぽんテキトーでもまったくといっていいほど失敗しない。あおり打てば空振りとオオダフリ以外は前に順回転で転がせる。無茶ぶりさえしなければそこそこうまくいく。STするかOVするくらいしかバリエーションがない。クリーンに当たると、パター以上に距離感が合う。方向性も抜群にいい。理由は不明。草を挟んでもパターほどは影響うけない。すこし減速するだけ。

#あおり打ちといっても、真ん中よりわずか左に玉置く程度。ハンドファーストでも問題なし。
#右に置いてドロー転がしになってもほとんど悪影響なし。

ほあで玉集めをする時は、SWの片手ハウチなわけだが、これまたテキトーなのにほとんど1箇所に集められる!?
G上から、ラフに向かって逆に転がすからか??
@

ロフトのあるクラブ(SWとか)をロフトたててもSTする理由

・ロフトを立てるために、右に置いてHFで構えるので、上からダウンブロー軌道で入る。
・よって低く出るが、スピンが強くかかり、同じロフトのクラブよりランが少なくなり、STする。

・木村政信Pの9鉄のすすめ記事でも、左下りではPWで玉右といっているのはこの辺の事情によるのだろう。
@

木村政信プロは9鉄を推奨!

・<木村政信プロ>:

9鉄によるP&Rは、ミート、スピン量、弾道ともに再現性が高く怪我が少ない。玉は真ん中で、落としどころも中間点を狙う。クラブ・左腕・左肩を一体化させ、一緒に動かす。左上がりは8鉄で玉左、左下がりはPWで玉右。
@

過去記事より:PWのP&Rでいけてた??

・PWのP&Rといえば、アプローチの基本中の基本・・・・
・これしかやらないプロもいるらしい・・・・
・花道10数Y、ピンまで10数Yの良くある易しいアプシーン。
・これまで、これが苦手だった!(@_@)
・易しいから失敗できない→絶対失敗しないためにはパターで転がしだ→手前の草に食われてGに届かない→もう一度パターで転がして寄せる・・・・あるいは
・転がしがダメなら上げるしかない→ダフりトップは許されない→緊張してザックリ!→もう一度ざっくり!→諦めてパター転がし→大STか届かない(@_@)・・・
・ある時、アイアンで転がすのはどうかと思ってやってみると・・・OVしやすいのと、案外ザックリして大STしやすい。たまに上手くいくが・・・たまにである・・・ヘビーラフは手に負えない。
・パターもダメ、SWもダメ、アイアンもダメ。
・あらゆるチッパーも試したがことごとく上手く使いこなせない。
どうしてもパターの構えで手前にダフるのが出来ない。
・UTやFWでの転がしも、うまくいったりいかなかったりで不満である。ヘビーラフは手に負えない。
・こないだ、ふとPWをすこしフェース開いて草すりの素振りしてみたら・・!!
・あら不思議、全然抵抗なくすっすっと草スリできちゃう!。
・抵抗がないので、パター式のグリップで振り子距離感で十分いけそう!
・実際、やってみたら、キャリーの弾道といい、跳ね方といい、転がっていく様といい、実に状況に合ったアプローチが出来てしまうことが分かった!
・何これ~(@_@)。こんな簡単なら、誰でもできちゃうじゃん~~。
・そうなのである、誰でもできるのである。
・ゴルフ暦38年にして、ついに基本のアプローチにたどりついたのだ。
・もうこれで、G回りの、やさしいライから変な失敗することはないと思うぞ!
・てことは、少なくともハーフで1~2打は減らせる。
・いや、1パットが増えるだろうから、ハーフで5打以上違うかもしんない!!(@_@)
↑ 2013-08-06 アプ研究 コメント : 0
@

現在、できているセルフコントロール

・そらぬま、羊の2コースは端から端まで何も見ずにイメージできる@
・頭で叩いても、嘆かず、投げず、残りのHを楽しめる余裕がある@
・悪天候が平気、それぞれ対策を打てばいいと思っている@
・マミちゃんの作用を熟知している、かえって楽しんでいる@
・パットが入る入らないは運しだいだと思っているので外れても嘆かない@
・有効なPSRがしだいに確立されつつある@
・ショットの自信がだんだんレンジショットに近づいてきつつある。
・寄せで上げることの恐怖感を、お先にでバンスダフリで解消してしまった@
@

現在、できそうなゴルフ

・Dは、ドロー弾道を活用し、FWの左右を打ち分けられる。ほぼFWセンターに飛ぶことが多い。+ラン40?で240くらい届く。
・180以下はPON狙える
・セカンドでGBに入れても平気なほど、砂が確実に出せる
・FW砂は、北極ソールの技でクリーンショットできる
・SWFで80yが安全に可能(PING ESのおかげ)
・Hでマイナス20、Nでマイナス30の法則がほぼ成り立つ。
・60以下の中途半端な寄せが、お先にバンスダフリで簡単(上げることに躊躇がなくなった)。
・テキサスやLPは元々得意。
・SPが入る入らないは運しだいだが、月君の転がりの良さに期待。

<今後の課題>
・転がせる時の、P&Rや長物ころがしの経験を増やす。
・なぜか190yが必要なシーンが多いのでコブ7Wを導入。
・150を確実にするため、G30の6鉄を、HB6Uに戻す。
・140弱を確実にするため、G30の7鉄を、MJで持つ。
@

竹君でやってるパターのチョーキング:月君でどうする?

moblog_c3c1bc9e.jpg左が竹君、右が月君。


竹君より月君は1インチ短いので、長く持つほうの調整は、スタンス幅を増やすことで対応する。

クロさんによると、スタンス幅を広げると、自然にインパクトのHSが上がるという。

これをやってみる。到達距離を伸ばす目的のとき、振り幅を意識しないで済むという点では同じ??

パターの性能がチョーキングでは変わってしまうので、その点ではクロさんのスタンス幅方式がベター??

また、月君のほうがヘッドの質量が大きいので、竹君より短くて問題ないのかもしれない。

???

まだ月君でRしていない(ほあの練習Gで転がしただけ)ので正確なところは分からない。

SP~MPに関しては、月君は竹君と大差ないように感じる。

直進性は、月君のほうが安定的。

ダカンは月君のほうがまったりしている(ボールはBS)

竹君は軽く、SSが極度に狭いが、SSでHITできた時はマイウーである。
@

システム案

D: G30・MT5
5W: 黒オノフ・EI70
7W: コブ7W・GT700
UT: HB3U~6U
アイアン: G30:7鉄~UW
ウエッジ: PING SW
PT: 月君

玉: BSボール

#7Wは190yを乗せるため
#LWは、SWでカバー
#月君Rデビュー
@

SWの転がし・・・

・ふ〜〜と息を吐きながらストロークするとパチン入らない。
・ただし、SWをHFにしてロフト立てるとスピンが強くかかってSTしやすい(ターゲットが遠いと届かない)
・G成分が多くて20〜30とかあり、草が介入しない場合、5Wなどで転がしたほうがベターなようだ。
・G回り、SWだけでだいたいなんでもできるが、例外もあるのだ。
@

290717 ワツ アウトイン 4342(31) 

業界大コンペ、21〜22度、曇の予報が、⑥〜⑨前が見えない程の大雨、北風微風。綿パン、半袖ポロ、雨帽子、茶スニーカー、全天候グローブ。以上で雨だが耐えられた。D:G30、黒オノフ5W、HB3U〜6U、G30アイアン7鉄〜UW、PINGSWとLW、竹君、BSボール。レンジ3籠(1コインでどっさり!)、立派なアプ場、練習Gで練習。マイタッチ10.5歩とホームと変わらない遅さ。メンバーにやな奴は居なかった。1番バッター。

①411M +2 4/2 D△右ラフ、r185、3U右の木に当たり、林の中。8鉄LBで脱出するも乗らずラフ。SWお先に:POV、MP排卵でダボスタート。
#左200y地点のバンカーを避けるため、右方向に打ち出した。右ラフまで行ってしまった。ここで1DKJすべきだが、r185と聞いてマミちゃんになり3U強振して木に当たり・・・・。しかし頭で叩きの苦しいプレーをじっくり楽しむことにした@

②380M +0 3/1 D@FW右(狙いめ)、5U右ラフ、SWお先@、Y1P達成!
#SWのお先に(バンスでダフる)は実に簡単・安全。近距離での有効性も、スタート前のアプ練習で確認済み@。

③131S +1 2/2 8鉄手前EP、SWR:PST、MP排卵でボギー。
#G成分が多めの場合、テキサスやSWRより、転がし道具のほうがベターかも。

④340M +0 2/2 D@FW左、5U@、POP。
#Dは、脚踊り→PSR→行きます宣言→胸の目でミスなしの安心感。TUは40mm(ボール高さ)
#池池UT作戦成功。

⑤475L +1 4/2 D○正面ラフ、5UのLW:X。ひっかけてFW大木の左へ。7鉄LBで枝の下通してバンカーも超える難しい賭けに出た!→バンカーの斜面に当たってラッキーキックで出た!。r60:SWのお先に@、SP排卵でボギー。惜しい!
#ラフで5Uひっかかったのだな。

⑥422M +1 3/2 D:X左ラフ、3UのLU@、SW60@、MP排卵でボギー。
#SWのお先には絶対有効!。
#大雨:打球時、傘から出ると辛い

⑦354M +0 2/2 D@@ナイスドローのFWセンター。7鉄@、POP達成。
#大雨:打球時、傘から出ると辛い

⑧199S +1 2/2 3U左砂、砂PST、2Pでボギー。
#190yの道具が欲しかった(3U=180、5W=200↑)
#大雨:打球時、傘から出ると辛い

⑨507L +1 4/2 D@5W@7鉄手前ラフ、SWR○、MP排卵でボギー。
#大雨:打球時、傘から出ると辛い
#前半 43(17)
#ゼリー食をいただいた。
#後半は締めていくぞ!と誓った。おいらってこればっかりだなあ・・
#TGで待っている内に大雨が小雨に。

⑩407M +1 3/2 D@FW左、3U花道、SWお先:ONするもPOV、2Pでボギー。
#SWお先は、花道でも使える。POVだったが乗れば充分である。
#しかし花道からは転がしの道具のほうがベターかも?

⑪188S +2 3/2 3UEP外の花道、r30:SWR:X:SK!!してGOV、テキサス@、SP排卵でダボ!!
#G成分が長くて、草の介入もない場合は、無理にSWRとせず長モノで転がしたほうがベターかも。
#SPは40cmをパチンと打てず外した!。SWRのSKよりショック大きい・・・・でも次のSPでパチンと打つぞ!と切り替えた@

⑫496L +1 4/2 D@5W右ラフ(水膜による)4U:ST、SWR:ST、2Pでボギー。

⑬379M +1 3/2 池超えD@@、r130:7鉄テウチになり右ST、r50;SWお先:POV、LP@、ボギー。
#7鉄が妙に振り重く感じた。テウチになったのだろう。R後対策を!(MJが答えか)

⑭323M +0 3/1 D@センター、8鉄STして手前砂のドテに刺さった!。玉右に置き、打ち込んで終わり作戦でナイスアウト!BPに付き、砂イチ達成。

⑮383M +0 3/1 D@FW左、3UEP、テキサス○、MPねじ込んでY1P

⑯147S +0 1/2 無風(150):6U@、2PでPOP
#6Uは手前バンカーをギリギリで超えた!

⑰529L +0 5/0 D@、3UのLU@、7鉄右砂!、砂EP、テキサス(12)沈で奇跡のパー!
#テキサスはしっかり刷毛入れた。

⑱376M +1 3/2 D@左Fc、3U右EP、8R(JC)PST、MP排卵でボギー。

#後半42(14)
##計85(31)
##Dが絶好調、PINGSW、砂に寄せに大活躍。お先にバンスダフリは絶対有効
##G成分長い転がしは、SWRでなくて長モノで転がすほうがベター。(逆にSWRは近い転がしにベター)
##竹君良い。
##BSボール良い。

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する