>

Latest Entries

@

憧れのプレー

・イメージとしては、40年前に見たキハラ(ゴルフ部後輩)のプレー。
・ひょうひょうとして楽そうだが、ショットミスがない。
・ものすごく飛ぶわけではないが、とにかくパーオンしまくる
・長いミドルとかは寄せを残すがこれがそこそこ寄る
・パットが2回で入る。
・悪くて39、39。ほとんどパープレー前後。
・まったく事件が起きない。
・ラウンド中、ず~っとスケベな話ばかりしている。

#最後の行だけは負けてないけどなあ・・(笑)
@

パー以内の理由

P3でパー以内なのは、運が良いからである
P4でパー以内なのは、運が良いからである
P5でパー以内なのは、運が良いからである

#どんなHでも、運が悪ければパー以内では上がれない。当たり前
#私は運が悪いのでパー以内で上がれないのが当然
#ただし、天気運は今年抜群に良い!
@

叩く理由

P3で叩くのは・・・頭が悪いからである
P4で叩くのは・・・頭が悪いからである
P5で叩くのは・・・頭が悪いからである

頭を使えば、どんなホールで叩くわけがない。
@

木曜日午後


かろうじてなんとか。
@

何故ダフルパー?滝の中⑦



平面図では何の変哲もない普通のP4であるが・・・なぜかいいスコアで上がった記憶がない。ちなみに現在、SGはない。
左が谷でOB、右が山の法面である。
まず、Dをリキむと左ラフに行きやすいが、OBが浅く危険。OBに行かなくても木が邪魔でスイングできなかったりする。
スライサーは右の山が邪魔なほうに行きやすいが、フッカーの私には関係ない。
砲台Gになっており、G面は見えない。
前後に長いGだがピンは手前に立っていることが多いような?
Gが遠く見える~ナビの表示が変になる?(電波が乱れる??)で、チョイスエラーでGOVしやすい。:ちなみに前回R、左バンカー先あたりから、コブ7Wチョイス!して当然のGOVだった!。コブ7Wは190~200担当なので、奥のラフ斜面が受けてくれなければ、コースアウトまであった!?(^_^;)
GOVすると下り面Gへの寄せとなり激速で、またGOVしてしまう。

#セカンドはG手前までの距離でチョイスするほうが良い。
#乗らなくても手前からの寄せのほうが安全。
#なぜか上手くいかないHでは、残り距離のジャッジの大間違いをチェックすべきだ。


@

なかなかパーとれない羊⑱を考える



TSは打ち上げで、登り坂に落ちるため、飛距離は期待できない。せいぜいとんでも220がいいとこ。
FWの右はずっと山の法面で、スライスすると左上がりラフにつかまり、PONは不可能となる。
しかしTSがNSでFWKでも、セカンドも登りで、アゲ風も多く、1~2番手は上げないと届かない。
セカンド地点からは砲台でG面は見えない。右のGBが微かに見える。
セカンドでリキムと左に引っ掛けることがある→太田滝。
セカンドをSTして、3rdをトップするとG奥の谷底行き。
右のGBに入りやすい。このバンカーは顎低いが、HRするとG奥は谷で地獄。

#図のように、セカンドが花道から転がり乗る感じが1番安全である。
#花道どまりで、EZな寄せを残してY1Pもありうる。

@

滝の中5、超ロング(臥龍)でパーをとるには?



600y超で、なかなかパー取れないし、しばしば叩くH。

TSは打ち上げ。臥龍の谷を超えてFWへ。220くらい飛べば充分。スライスはOBだがフッカーの私には関係なし。
セカンドはFWからノビノビFWを振れるが、頑張ると左の大木が邪魔なところに行きやすい。
セカンドがNSだと、大木の右のFWに来るが、左下りなのが問題である。
距離的には、3回NSで充分届くのであるが、3rdショットも160~180y残るので、左下りから安全にG狙えるかどうかが問題。
3rdショットで引っ掛けると左OBが浅く、傾斜なりにスライスすると右GBや周辺のヘビーラフに捕まる。右谷底に落ちてしまうヒトもいる。
もしうまく乗っても、G中央より奥に早く、GOVしやすく、返しの寄せは難しい。
つまり、TS、セカンドと上手く打てても、3rdショットでぶち壊しになる可能性があるのだ。
3rdショットを無理せず、サブGの横のFW~花道当たりに置き、そこからEZな寄せ(BON)のほうがよさげ。
セカンドを、左下りが始まるまでまでに押さえておくのもいいかも(図の400の表示あたりから、左下りが始まる)。
その場合は、4ON確定で無理しないのでより安全かも。
600y超えなので、私の打力でもPONは不可能でないが、リスクがあって、BONでY1Pのパーのほうが現実的。
@

藤田P:ウッドのコツ

藤田本によると、ヘッドは傾斜の低いほうから入れる由(ダフらない)。
左上りや前上りだと、インサイドから入れて、フック弾道になる
左下りや前下りだと、アウトサイドから入れて、スライス弾道になる

・・てことかな。逆玉が怖いだすな~~。

前上がりからどんどん山に登っていっちゃう・・
左下りから、ひっかけて谷底・・・

傾斜では、テウチになるからかなあ。

やっぱ、前上がりはショートアイアンでFWに戻す!
左下りは、ひたすらLB~ゴロで距離をかせぐ!
でないかしら。しょぼ!
@

羊⑩で叩かないために



TSはドローなので大抵FW左サイドか、ちょいラフにいく。セカンドは左下りライだが、左に逆玉が怖いので、HB4UでしっかりLBで、平らなところまで運びたいところ。びびって右方向にチョロってしまうと、3打めが難しくなってしまう。3打めは、砲台Gに向かって、+1番手チョイス。1.5番手だとGOVの怖れあり。GOVより手前にGSTするほうがマシ。

#セカンドの出来でほとんど決まる。基本左下りライなので、本来右に行きやすい。逆玉怖れすぎてあまり右向いて構えるのもよくない。最近セカンドが右に飛んでバンカー群に捕まることが多い。(Gまで遠く、このバンカーは難しい)。もしこのバンカーに入れてしまったら、砲台Gの手前斜面にGSTさせるほうがHRより怪我すくない。

#TSはよほどひどいフックでもなければ無難に通過できる
#セカンドは、まっすぐランのあるレーザービームのローボールが良い。
#3rdは、左のバンカー気になるが、むしろ右の凡ミスに注意、1番手上げる。
#セカンドがSTした時は、無理せず4ONに切りかえて手前からの寄せで勝負する。
@

羊③で叩かないために



セカンド地点から左上がりの長めミドル。
TSは登り坂に当たるのでランが期待できず、G30でも200yくらいだろう。図は、TSが200飛んだ状況を示す。セカンド地点から、G手前に乗せるのに約180y、ずっと登りなので200yくらい必要だ。セカンド地点からは、左GB含め、見えていない。旧SGの右バンカー(木製の土手がセカンド地点から見える)に入れると大変だが、よほどミスしないかぎりこれには入らない。ロングショットで、左GBに入るのは、あるていどしょうが無いとも言える。入っても、目玉にはならない。セカンドがショートして、3rdショットが左GBに入るとダボ以上になってしまう。もしセカンドがSTしたら、3rdは絶対ショートさせないようにすべき!(傾斜分WショットがSTしやすい)。Gも癖があり、Gの右下では、奥に向かって速い。Gの左奥に向かっては遅い。セカンドをGOVしてもEPまでならなんとかなる。よって、セカンドのロングショットをしっかり振るべきだな。
@

羊④ 、やはりLUか?



打ち下ろしのP3で、距離があり、がんばるせいか、左GBに入れやすい。振り切れないと右のバンカーにも入りやすい。
このHは、大抵叩くので、なんとかボギーで上がりたい。3Wなどで、GOVさせる作戦をやったことがあるが、返しの寄せが難しくナンセンスだった。G手前にLUさせる作戦もやったことがあるが、セカンドで気負ってしまって、ダルマ落としの大GSTでダボったこともある。左GBのさらに左のラフは、左下りの逆目凶悪ラフで、ほぼ脱出すら不能。出てもバンカーに入ってしまう。図の青メッシュのエリア(右大木~左右GBの間の花道)を狙い、そこから、SWN(50歩未満)で無難に寄せればいいような?。TGの位置によって必要距離が違うので、ナビも動員して青メッシュエリアまでのLU距離を決める。

#右大木~右バンカー上空からしっかりフックで回す?・・・勇気がいるが、バンカー入ってもいいやと考えていればそれでOK?。
#あるいは、コブ7W(190~200)のセンター右狙いでON~右EPON狙う?

<最近10Rの④のTS結果>
29/5/18 AD5W 右砂
29/6/06 AD5W 左砂の左ラフ
29/04/23 2U 左砂の左ラフ
29/04/16 HB7i LU@ 、AWH:Xでダボ!
28/11/20 AD5W 左砂
28/10/30 3U 右砂
28/10/06 2U @POP
28/09/29 2U @POP
28/09/22 2U @、3Pボギー
28/09/09 2U 左砂、砂@2

#PON率わずか30%。パー率20%と悲惨。
#もしかすると、振れている時の2Uがいいのかも??
#2Uは190担当なので・・・コブラ7Wいける?かも。
@

羊⑧のポイント



FWの右は山の法面が続く。左はOBが浅い。FWにまっすぐ打ち出すと左OB~左砂に行きやすい。右ラフの大木のほうから、フックで狙うと、FWのいいところ(左FWバンカーの右先)まで運べる。セカンド地点は左上がりになる。右大木付近のラフに止まると、前上がり&左上がりのフックライになる。セカンドはSG手前の大木の右当たりに運びたい。大木の後ろは邪魔だし、あまり右でも前上がりラフで良くない。3rdショットが、SGとMGの間のバンカーや、MG奥のラフに行きやすい。MGの花道~手前EPONなら上出来である。

#このように、⑧は一切油断できない、要注意H。実際、叩きやすい。
#とくに3打目は慎重に。

@

羊⑥を大フックで攻める?セカンドで稼ぐ?



・FWの右サイドはずっと山の法面である。
・FWに向かってまっすぐ打つとフッカーは、左谷とか、左のFWバンカーに入りやすい。
・ライが良ければ、このFWバンカーからパーも狙えるが・・やはり入れない方が無難。
・青線のように、大きく右山からフックでFWに落とせると距離を稼げる。
が!スライスぎみだったりすると、ラフから転がり落ちないで厳しい状況が残る(前上がりのヘビーラフ)・・・私は頑固なフッカー
なのでたぶん大丈夫だが。
・左FWバンカーの手前のFWは平らでFWを安全に打てるので・・・TSを無理せず黒線のようにTSで200y付近まで運べば、セカンドでFWで200運び、残り100でGON狙える。案外これがいいかもしれない。
・まれに、Foの突風が吹くことがあり、D→FWでG近くまで寄りそうな場合は、青線で示すTS大フックも意味あるかも。
・それ以外は、確実にパーとるには、黒線の作戦が無難だな。
@

h14b.png

①:RTからTSして、残り200yの地点付近に行くことが多い
②:左の大木から、MGのセンターまで77yである。セカンド地点から大木までは200-77=123yしかない。セカンド地点かたFWの先端(そこより先はGまでラフ)まで156y(図示)。ここからG奥まで50yである。つまりセカンドは6鉄でOK(ラフに行かないで済む)
③:FW先端まで運んだとして、50y未満で無事GONする(SWNでOK)。

#まとめると、D→6鉄→SWNのEBPである。これで大叩きはないはず。
@

クロトウとフェースの仮想ライン



この仮想ラインと飛球線は直交する。
@

羊狩り

・羊は、元バブル期の接待コースで、スライサー向き(スライサーに寛容)にできている
・つまり、右ドックが多い。
・それで、ちょっとでも左に巻くと難しいのであるが、これは考え方。
・右ドックをハイドローでショートカットすれば大巾に有利ではないか?
#などと、妄想してみる。しかし、案外いけるんでないか?
@

飛距離や道具はもう充分。ではスコアに凝ってみよかな!?

・どこまでスコアを削減できるか?
・という、当たり前に挑戦開始(笑)
@

クロトウと、フック転がしの違い

どちらも、使用クラブは、ボケ56(SW)

クロトウは、まっすぐ上にTBして上から出っ歯で打ち込む。スライス系・ハンドアップ系
フック転がしはインサイドにTBして、卓球のドライブのようにサキッポでフックかける。フック系・ハンドダウン系

クロトウは上から入るので、どんなライでもいける。しゃくり上げるとチャックリ~2度打ちになる。あくまでも上から出っ歯で当てる。
フック転がしは、登り坂のほうがやりやすい。しゃくりあげる感じ。

クロトウはジャンプしてからトロトロ転がっていく、P&Rの感じ。フック転がしは、推進力があって、最初から転がしのかんじ。
@

P3のTSはTUを高めにする

その上でレベルスイングを心がける。
TU低いと上から叩きこんでしまいやすい。
@

花道からのP&Rも安心感

花道から、PWR(P&R)は、なんとなく安心感がある。(我ながら進化が遅い!!)
ODをアバウト決めることで、慌てずレベルブローなストロークができる(パチンが入らない)。
PWだと、ちょっとSTぎみなので、9鉄がいいかもしれない。
LPのように、大雑把なラインをイメージしてやったほうがモアベター。
@

SWNは安定感

・ボケ56、腕斜めで50未満(腕ハーフ以下なので)というデータが安心感の元になってる
・技術的には、ボールの左ターフ取るだけで簡単。
・小さくても重いSWを使った”スイング”であってデリケートな手作業ではないので再現性がある。
・きっちり何ヤードではなく、腕斜めで50未満でアバウトである。
40以下に減らすには、開いたりロフト立てたりする必要がある、という割り切り。
・それでも35くらいは行ってしまう。ソレ以下は、転がしか、クロトウか、最悪クロブになる。
@

昨日のRで、良かった点

・天気が良い!。R終了後雨がきた。天気運ばっちり。運がいいのは大事なことだ。
・Dが飛ぶ、たいていゼブラ超えちゃう。自分史上、最もコンスタントに飛んでいる。気分い~~~。
・新作FWの仕上がりがバッチリ。道具がいいのも大事なことだ。
・叩いても笑い飛ばせて、全然凹まなかったこと(楽しくて良い!)。
・バンカーにやたら入ったが、全部うまく出せた!。
・難関:中①~④を+1で通過(めったにない。これでオダったのかも)
@

中⑤⑦の2Hだけで+7!反省・・・

中⑤592L +3 6/2 (臥龍ロング)D@@、3W@@、左下がりFWから5U:X右ラフ、SWクロトウ:X:チャックリでGST、SWクロトウ:XX:2度打ち!、2Pで+3!!
#昨日クロさんに習ったばかりのSWクロトウが2回連続で失敗してしまった!・・・大ショック!!
#原因は振り幅が小さい、下から入っているからであるが、ロクに練習していないので上手くいくほうがオカシイのであった・・・
#原理的には、クロトウはなんら問題はないはずなのである。ほあで補強練習を!
#④までハイスコアペースで来ていたのに大ブレーキ!。ここで冷静になるべきであるが、天気がいいので浮かれ気分が解消しない。
#とりかえせばいいじゃん?とか思っていた。アホかいな。これが好天の恐ろしさである(W)。今後天気がいい時の戒めにしたい。

↑ショットの好調は結構なことだが、Gまわり打数を増やしてしまう典型的ノーテンキパターン。ショットはイマイチでも、Gまわりで打数を減らすのが上手なヒト。
↑クロトウは前日の土曜日にほあでクロさんに習ったばかりで、現場で戸惑うのもまあしかたがないっちゃ~しかたがない。
↑新道具と新技術はそれ自体の完成度は高くても、肝心な私が慣れていないので、オペレーションミスをきたしやすい。

中⑦398M +4 5/3 D:X左ラフ、後ろに木がありTB取れないが、8鉄の大根切りで脱@@、セミラフ。残りセンターまで190を7WでGOV、SWクロトウ:X:GOV、SWクロトウ:X:チャックリでPST、3Pのおまけつきで+4とした。
#まず、Dを飛ばそうとした。ここが最初のエラー。
#8鉄脱はその場の創意工夫@@
#7Wは超NSすぎて飛びすぎ。7Wはらくらく200なのだろう。
#⑤に続き、SWクロトウの失敗。1回目は逆目のずっぽりラフでパチン入り、返しは下から入った。経験&練習不足。
#都合、⑤と⑦でクロトウの失敗で大叩きを喫してしまった・・・
#新道具の導入も叩きやすいが、新技術の導入も叩きやすいと言える。不慣れとは恐ろしいことだな。

↑7Wの飛びすぎであるが、縦長Gで、ピンがずいぶん手前に立っていて、確認してなかったのが問題だな。ラフからなので、アイアンで1回1DKJして、きっちり4ONさせ、ダボで抑えることも出来たと思う。
↑超難度8脱@でオダってしまってそういう心境になれなかった。
↑そもそもその超難度8脱を招いたのは、Dの左巻きである。正直、飛ばし屋さんに対抗して、飛ばそうとしましたハイ。飛ばすのではなく、道具の性能で飛ぶのである。ここ勘違いしやすい。
@

ウッド系は完成!

G30・MT5、コブ3W・GT600、コブ7W・GT700。240、220、200。ドラもFWも、フリアジがよく、ミートも簡単。しかも暴れにくい。ライや状況を選べば、武器になると確信する。UGGにFWは不可欠。まだ寄せが糞だけどね。
@

クロトウはMJで持つ

ウエッジの重さでどうしても下から入りやすい。下から入るとチャックリや2度打ちしやすい!。そもそも私はフッカーで下から入りやすい。フック転がしはトウ側から入る似た技であるがこちらはあおり打ちOKで失敗しない。ふむふむ。クロトウはピンチシーンに備えて普段練習必要。(上から入れる練習!)

#クロトウでは、要するにトウで先にボールに触ればいいだけ、思い切って閉じて構える。
@

290521 滝の中西4444(34)

くもり、15〜19度C,2.8〜4.1m/s 、南風、ボクサー、綿パン、膝ウオーマーなし。ランニング、半袖ポロ、腕カバー、漁師帽、5本指ソックス、茶スニーカー。以上で快適。G30・MT5、コブラバフラ−3W・7W、HB3U〜5U、HB6鉄〜DW、ボケ56、竹君、RXボール。7Wは筆おろしR。Hせさん、U波さん、Tがさん。皆仲間で気楽。打順は4番。ほんまこで3カゴ。ショットは問題なし。滝の練習G、少し寄せ練習。天候、体調、ショット、寄せ、パット、全てばっちり。これで叩くとしたら、内面のマミちゃんだけ!。(・・・欲まみれのマミちゃんね・・・)。ところが、ちゃんとマミちゃんは登場するのであった・・・トホホ。別に話を面白くしようとしてるのではない(爆)

中①519L +0 4/1 D@、7W@、5U△EP、DWR@、Y1P
#7W筆おろし成功。200くらいまっすぐ確保できた。
#パースタートはありがたい。天気もいいし、ヘリコプターもこないし(W)いささか浮かれている・・

中②165S +0 2/1 Fo+ 3U:X 左砂、砂@@、砂一達成!
#これで、ますます浮かれた。

中③358M +1 3/2 D@、FWKだがちょっと前上がり、6鉄GB!、しかし砂@、MP排卵でボギー。
#ここで、やってはいけないのはセカンドのGB入れ。しっかり6鉄で右山斜面狙うべき。
#ボケ56の砂性能はいい!。やり方は藍ちゃんパパ方式。

中④316M +0 2/2 (超砲台)D@、r100:キャデイさんは+15見ろという。それで9鉄チョイスして:POV。しかし2PでPOP達成。
#気温上がり振れてきたので・・・9鉄は120かもしれない・・・

中⑤592L +3 7/2 (臥龍ロング)D@@、3W@@、左下がりFWから5U:X右ラフ、SWクロトウ:X:チャックリでGST、SWクロトウ:XX:2度打ち!、2Pで+3!!
#昨日クロさんに習ったばかりのSWクロトウが2回連続で失敗してしまった!・・・大ショック!!
#原因は振り幅が小さい、下から入っているからであるが、ロクに練習していないので上手くいくほうがオカシイのであった・・・
#原理的には、クロトウはなんら問題はないはずなのである。ほあで補強練習を!
#④までハイスコアペースで来ていたのに大ブレーキ!。ここで冷静になるべきであるが、天気がいいので浮かれ気分が解消しない。
#とりかえせばいいじゃん?とか思っていた。アホかいな。これが好天の恐ろしさである(W)。今後天気がいい時の戒めにしたい。

中⑥360M +1 2/3 D@@ゼブラ超え、Ag120を8鉄@@でPON、あえなく3Pでボギー。
#ショットはキレキレで好調。④で9鉄が120?のデータがあり、Ag考えて8鉄とした@@

中⑦398M +4 5/3 D:X左ラフ、後ろに木がありTB取れないが、8鉄の大根切りで脱@@、セミラフ。残りセンターまで190を7WでGOV、SWクロトウ:X:GOV、SWクロトウ:X:チャックリでPST、3Pのおまけつきで+4とした。
#まず、Dを飛ばそうとした。ここが最初のエラー。
#8鉄脱はその場の創意工夫@@
#7Wは超NSすぎて飛びすぎ。7Wはらくらく200なのだろう。
#⑤に続き、SWクロトウの失敗。1回目は逆目のずっぽりラフでパチン入り、返しは下から入った。経験&練習不足。
#都合、⑤と⑦でクロトウの失敗で大叩きを喫してしまった・・・
#新道具の導入も叩きやすいが、新技術の導入も叩きやすいと言える。不慣れとは恐ろしいことだな。

中⑧193S +0 2/1 (170)3U@右EP、テキサス@、Y1P達成
#よく凹まずにプレーできるものだ。やはり好天で浮かれているのだろう。
#天気もそうだが、それにもまして、ショットが調子いいと、なんとなく楽しい。これって、スコア的には反面教師だな・・・

中⑨379M -1 2/1 D:○左ラフだが距離は十分出ていてゼブラ超えている。ラフから7鉄@@、SPねじ込んでバデ”!
#浮かれているので、凹まずにいる。これはこれで楽しい。
#馬鹿みたいに、右奥の池(300y以上)を狙いマンぶり!。結果フックだが左ラフに収まった。これがG30の性能のおかげ。

#前半計 44(16)
#浮かれているので、スコアのカウントもせず!。50超えちゃったかな〜。まいっか〜〜!と思っていた。
#2つのHで叩いてはいるが、天気もいいし、ショットもキレキレで正直、楽しい!と思っていた。これ自体は悪くない。
#ゼリー食をいただいた。

西①362M +1 3/2 Ag D@FWK、4U花道、PW○(PST)、2Pでボギー。
#PWは1:2イメージ。上り斜面では、9鉄のほうがいいかも。

西②393M +1 3/2 Fo D@FWK右(260)、9鉄:X:GBIN、砂○、2Pでボギー。
#Dのスーパーショットを生かせなかった・・・
#9鉄自信あったが、ダウンでチョウチョが〜〜〜自然現象だからどうしようもない。
#砂は上手だ!。道具はボケ56、方法は藍ちゃんパパ方式。

西③131S +1 1/3 (120)若干Agで、7鉄@、手前から(登りで)遅くPSTして3Pボギー。

西④510L +2 5/2 D@@ゼブラ超えFW左、セカンド7Wでひっかけて左OB!(ガーン)。打ち直し3U@、9鉄で乗せて2PのセカンドOB・中身パーでダボ。
#セカンドで7Wチョイスが意味不明。ここが浮かれている証拠。まあどれくらい飛ぶか確認したかったのだな。そういうことはRでやることではない。すこし前上がりだったかもしれない・・・手前ダフってひっかけた・・・オーマイガー。
#それでも悲観せず、ヘラヘラしていた。やはり好天とショットの好調で浮かれているのだな・・・楽しいけどね(苦笑)

西⑤365M +1 3/2 D@FW左、r146:5U右砂、砂@、MP排卵で砂一ならず。
#ここはEZな感じだが、叩くことが多い。??
#なんか、砂は上手だ!

西⑥138S +0 1/2 5U@(ずいぶん左ON)、POP達成。

西⑦362M +0 3/1 Ag D:X 左ラフ、5U○、r50:SWN@、1PでY1P達成
#SWNは50に達する、というデータが役だった!。ボールの左ターフとればSWNは怖くない。

西⑧498L +1 4/2 Fo+ D:X左砂IN、砂5U@@、r98:PW高く上がりすぎて?EP外、PWR○、SP排卵でボギー。
#PWRは1:2の塩梅で無難。少しSTするので、9Rのほうがベター?

西⑨391M +1 3/2 D@@ゼブラ超え、r140:6鉄:X:スライスしてGB、砂@、MP排卵でボギー。
#Dでもクリーク(260地点)には入らないと判断したが、Foで左いくと入る可能性はある。
#6鉄は中③の捕まりすぎイメージの影響?。後で考えると、ここはつかまり過ぎてもよかった・・・・

#後半計44(18)
#大ミスがない割にボギープレーで前半と大差なし

##計 88(34) あれ、90切れたのか・・・あんだけ叩いたわりに、なんか不思議な感じがした。
##天気もよく、ショットも切れていたのでルンルン気分だったが、ダメじゃん!(W)
##レストランで反省会?して、入浴して、ほあで少し刷毛塗り練習して、クロトウの確認して、イオンへ向かった・・・(W)
@

クロトウ・・・何故失敗する?




練習アプ場では、デボだろうが、傾斜だろうが、糞ラフだろうが、まったく失敗しない!!??
しかも、不気味なほど距離感が合う。すすす・・・・ところがって1P圏内〜OKにつく!!
@

ラウンド速報

たきの中西、4444(34)

晴れで浮かれてダメ(笑)。クロトウ全て失敗。やはり練習必要。7W飛びすぎ。
@

マーキング


天気最高、体調良好、外野問題なし、あとはヘリコプターさえ来なければ(笑)
@

クロさんはラリョウもできる(^o^;)

漫画の世界だけかと思っていたが、リアルに出来るものなのですね(*_*)。ビビりました。大きくふっているのに、ゆっくりな動き。太極拳みたい。ぐわ~、マジにピンに当たるし(^o^;)。

ま、私には不可能。それよか、前記事のクロトウの技が大事。これは私でも出来そう!
@

本日のG30・MT5

・@ほんまこ2F(落下点とランがわかりやすい)
最初の1発は、重く感じて(つまりテウチ?)左へ
・重さを落とすといっきに楽になるが捕まりすぎる
・両腕を胸に乗せて、一拍子で胸の目:最高280に到達??
・ゆったりBでしなりをイメージできれば、MAX飛ぶようだ。
・バントでラインだせば200以上簡単に届く(ラン込)
@

クロトウの紹介

ほあに行ったらクロさんと遭遇したので寄せの必殺技を伝授していただいた。(^-^)v

ラフでもデボでも左上がりでも下がりでも、高く上げるも低く出すのもなんでもこれで行ける。道具はボケ56。

①基本
↑シャフト線より打点が出っ歯

②高く出す
↑シャフトを右に倒す

③低く出す
↑シャフトを左に倒す

コツは十分上からしっかりコツン!と当てる。絶対にトップもダフリもないから、遠慮しない。弱いとGに届かない、下から入るとトップやZKする

基本は出っ歯で、SSはずして当てる。高く上げたけれはハンドレイト、低く出したければハンドファースト。シャフトの傾きを変えるだけ。

出っ歯で上からコツン!としっかり。

ボールのかけ上がるフェースの斜め線が、通常とクロスする!
moblog_2caf77b4.jpg
@

コブ7W初回シダ


3Uより弾道高い。到達距離は190くらい?。フックしない。
@

ほんまこ2F


8カゴ=160発。少な!(W)
@

自分を見張れ

・環境がよくても叩くのは、自分に問題があるからだ
・愚かな考えをしないか、行動をしないか、常に見張るべきだ。
・レバタラを、チョイスの前に行えば、必ず改善する(KKST)
・それくらい、R中は愚かになりやすいのだ。そういうものだ。
@

明日のシステム

G30・MT5
コブ3・7W
HB3U~5U
HB6鉄~DW
ボケ56(B14)
竹君
RXボール
@

腕Hと腕Nは程度の差

・7時30分と、明示的に斜めを定めてなくて、ただ”斜め”だと、その斜めの程度は6時半~8時半とブレ幅が出てきて、当然到達距離も変わってくる。
・だから、腕Nが最大で腕Hに使い距離くらいに届いても不思議でない。
・7時30分に振り幅を固定する練習をすれば問題ないのかもしれないが、どうもこの振り幅というのが苦手。
・そういえば、パターの距離感も、振り幅ではやってない。10歩以下の微調整は、チョーキングを採用して、どの距離も同じようなタッチ?でなんとかやっている。
・チョーキングのほうが余程難しい?のかもしれないが、私には自然に感じる。

@

い~ち

は、ゆっくりでも可能!

いいい~~~ち

とか。~~~の間にインパクト通過するわけだ。一拍子だな。

吉田Pやキロイを真似して??い~ちと、急ぐとリキムし、しなりが分からない。そんな運動能力を持ち合わせてない!


い~ち、に~(ニ拍子)だと、腕力で振り下ろそうとするためリキムし振り遅れる。

い~ちに~の~さん!は、ますます身体中リキム。まともに戻ってこない。

ちゃ~しゅ~め~ん!は有名だが、全然話にならない(笑)。
@

PWN


70かも?。同様に、PWN=80かも、HB9N=90かもだ。そうすると、F-20=H>=Nってことかな?。
@

3Wチョロ実験


最下点よりボールを左に置き、右体重でしゃくり上げてみたら、チョロを再現できた。フェースに当たった触感がなく、カラぶりのような弱い玉。ためしに、ボールをスタンスの中央より右に寄せて、上から打ち込んだほうがまだマシな玉が出た(たぶんテンプラだろうが)。

#結局、実スイング時のアークの最下点にボール置けば良い。やはり草スリの本気すぶりが必要なのだろう。
@

トップ実験、HBDW


右体重のまま、ボールを最下点より左においてシャクリ上げると、トップボールが出る(大OVする)ことを確認した!


ボールを最下点より右に置いて上から打ち込むほうがまだマシな玉になる。少なくともトップはない。ただし方向がばらつくし距離もばらつく。

#やはり、左上がり傾斜でトップを避けるには、右体重のまま、ボールを最実スイングの最下点に置けば良いのだ。本気の草すりの素振りが欠かせない。
@

D対決




黒ヘッドがG30・MT5、白ヘッドがR15・GT500。

#R15も振りやすく大玉が出るが、壁下斜面の駆け上がりかたを見るとG30のほうが勢いがある。すなわちランが多い。
#G30は、すこしMJで持ち、落ち着いてゆったりTBすると、しなりもどりの感覚が予感できて、それに導かれるように思い切り振りきれ、すこぶる気持ち良い。弾道は中弾道〜低めでややドロー、飛び出しが速く、入射角がシャローで、ランにたっぷりエネルギーを残す感じ。
#G30はゆったりめに振るほうが、しなりを活かして効率的に飛ぶ感じがする。
#ヘッドが207gと超ヘビーで、HSが同じでも大きなエネルギーがボールに伝わるのが実感できる。だから、MJでバントでもミートしやすく、簡単に200以上到達する。強いAgの時有効だろう(5月14日の強風そらぬまRで実証済み)
#最大飛距離は若干G25に譲るかもしれないが、総合的に私に最高マッチするフィーリングに仕上がっていると思う。
@

に69


@

コブ7W完成


HKにて
@

ハイスコアがいつ出ても不思議でないはずが・・・

・あり得ないようなハザード(ヘリコプターの爆音)でお預け??
・次はどんな奇想天外な妨害が入るのだろうか?。わくわく。(♯`∧´)
・妨害要素によるスコアの悪化は、当然と考えて受け入れるのが良い。
・むしろ、何も妨害が入らなくたって、自らの中から起こる欲や不安などで簡単に崩れるのがゴルフ。
・自分の油断・欲・無知・不注意などを戒めていかないと、次もハイスコアは望めない。
@

今年もやっぱりRXボールでいくぞ!

黄色をコミコミ7313円でゲット(24個)。1個304円。ん~まあまあかな。rx2.jpg
#魅力的なボールはいっぱいあるけど、やっぱり、自分のフィーリングとか、R結果のデータが大事だもんな~。
#別に何も不満ないしな~。癖のあるボールはキライだし。
#とっくに製造中止だけどね。ネットではまだまだ入手できるしょ。
@

5つのダボをしつこく反省する

④3、198 +2 2/3 (185)5W右砂、砂@、MP排卵でダボ。
#TSの右逸れは左砂警戒しすぎか
#ボケ56:砂は藍ちゃんパパ方式で@。ゆったり大きくを心がけた@


↑AD5Wはドロー弱めで右砂IN!。まっすぐG狙ったほうが良かったかも。

⑧5、526 +2 5/2 Ag+、アゲなので、D:LBで右Fc(十分距離ゲイン出来た)。前上がりで左上がりのライから3W左ラフ(想定範囲)、
5W:X:テンプラ(上から打ち込みすぎ)、r70:DWH:左ラフ、DWR:POV、2Pでダボ。
#セカンドのチョイスがNGなのかも。傾斜もハザードと考えれば・・
#DWHの左行きは、胸の目が出来てない
#P5でダボはいただけませんなあ。


↑ここはセカンドが決まらないと、大抵いろいろおきて叩く。
↑もし、セカンドをLUしていたらどうなのか?

⑩5、514 +2 5/2 D○左ラフ、5U:ゴロ!、左下がりライから4U:X右砂。距離残り、DWで砂やったらHR!、GOVして奥の荒れ地から、野生の勘でPWR:@、なんとかGに復帰、LP入らずダボ。
#セカンド・3rdチョイスは1DKJ精神の欠如→ダボ招きだな。
#右砂から、砲台Gの斜面でいいからSWで砂やったら、5ONでも寄せでボギー取れたかも?
#ロングでダボはいただけませんなあ2。


↑左下りからの長物のミス。しっかりLBを打てれば大したことないのだが・・

⑭4、390 +2 4/2 Ag+ LB@でFW右。左上がりr200:3W:Xチョロ!、100yゲイン。r100:PW:X:TOP!!してGOV、G奥ラフJCライ左下がりからSWフック転がし○、MP排卵でダボ。
#ここはセカンドミスがダボ以上につながりやすい。
#3Wのチョロはシャクリ上げか
#PWのトップもシャクリ上げでないかな?
#救助?ヘリの爆音がずっと続いている・・・

↑PWのTPは厳しいな。ここはG奥OBだしなあ

⑱4、367 +2 5/1 D:右ラフで前上がり、8鉄脱@、左上がりFWからAWF:X:TOP!、G奥ラフ左下がりからFWフック転がし:X:チャックリでSTして届かず。PWRはPOV、2Pでダボ。
#TSは、最終Hだと思って飛ばしにいった:X。”飛ばす”のはダメだってば。
#前上がりの悪ライから8鉄脱チョイスは@
#左上がりFWからのAWFのトップは、しゃくり上げか。今日はこの手のミスでGOV→ダボが目立った。
#SWのフック転がしは、ちょっとラフ成分がG成分より長すぎたな。この技はGが近くの時に選ぶべきだな

↑DWのトップは厳しい。ここもG奥こえちゃうと大変。

#全体にロングショットはよかったが・・・・やはり勝負はSGなのだなあ・・・
@

左上がりで、AD4WがNSでも左行きやすい理由

moblog_307a9485.jpg
同じ図です(笑)

クリーンにミートするために、右体重のまま振り切るので、右に置いてあおり打ちになるため。

#そういうものだと思ってエイミングすればOK。距離は出る。

例:空沼②⑱、羊③など
@

前上がりラフから長物で無理すると・・・・

ゴルフ侍より。
中山Pが、前上がりラフに打ち込み、距離が残っていて、4U持って振るも、逆玉でさらに右へ!
そこから林の間を通してPWでG狙うも、G手前の池。このH、ギブアップになった。

#プロといえども、前上がりラフで、距離が残っていると、打ち損じて逆玉になることがある!
#2年前の恵庭CCの1番Hを思い出すなあ・・・Dが右、前上がりラフからさらに右でロスト!・・・
#前上がりラフで距離残っている場合は、そこに来た時点で1DKJの決意ができていないとダメだな。
#傾斜なりに、左に掻き落とす気持ちでFWに出し、次をEZにすべきだ。
#プロでもミスしやすい。ましてアベレージの私なら絶対に1DKJすべきシーンだ。

goti320.jpg
@

ミスショット対応

・最近ショット好調で、アイアンやUTのミスショットは減っているが、皆無ではない
・とくに、傾斜地では油断できない。HBでは、基本的に傾斜に逆らわず、傾斜なりに影響されるのがベスト。
・HB2Uや、FWは、それ以下にくらべると明らかにミスしやすい。なるべく避けるべしだ。
・どうしても使う場合、FWはMJのほうが絶対的にミスが少ない。
@

石渡プロの傾斜の構え(ゴルフレッスンコミックより・・・)



↑まず、左上がり。さっき、ホアでやってみたが、ものすごくしっくりくる。漫画によると実はフォーワードスイングで重心が【左】に動いてしまうのがミスの原因で、(この左かかと上げをすると)アドレスで右にかかった重心がスイング中左に動かないようになるからだという。左上がりでは、右脚に多くのったウエイト配分のままスイングできたほうがいい由。ただし、大ぶりはNGと。なんでも左体重のほうがベターかなと思っていたが、考えてみたらきつい左上がり斜面では無理があるよな~。ん~この漫画読んでよかった!!。これなら、淡い傾斜からきつい傾斜まで左上がりを統一できるぞ。採用~~!




↑これは、左下がり傾斜。左足を外側に開くだけ。シンプルだな~。この斜面は、アドレスで左にかかった重心がスイング中しっかり左に保ちやすいので割と得意だったりする。ほあの実験では、高いほうの右かかとを浮かすとさらにいい感じだった。




↑これは、前下がり傾斜。スタンスを広げて、両足先を開く。安定感があるし、進行方向に膝関節を使いやすいよね。





↑これは、前上がり。右足だけ平らなところに立つイメージを持てるという・・・へ~・・・やってみよう。

もしかすると、高いほうの踵を上げるといい?のかも!!??(by syoball)

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する