>

Latest Entries

@

業界大コンペの感想

・いかにHBアイアンが安定しているか分かった。
・皆がHBアイアンになったらやだな~。それはないか!(笑)
・いかにG25Dが飛ぶか分かった・・・
・いかにチッパーが頼りになるか分かった。
・いかに三觜Pの言ってることが正しいか分かった。
・いかにKKSTが欠かせないか身にしみて分かった。
・いかにワッツが高いか分かった・・・
@

うん、うん。

ちょっとした見栄が、ゲームを台無しにする。
アーノルド・パーマー


ゴルフでは次のショットが一番大事である
ベン・ホーガン


堂々巡りしているだけである
syoball
@

R230~280くらいの時のチョイス

・FWなどライが良いとして、無風の時、あまり左右やG手前のハザードの心配がなければ・・・
・思い切って4Wチョイス(200yゲイン)がいいかも。
・4WがそこそこNSで200ゲインすると、30~80の寄せが残る。
あとは晋呉君にお任せ!でいいんでないか?・・・晋呉君で30~80を乗るか若干G外れるかの結果を得て、さらに晋呉君かテキサスで転がし寄せる。LP~MPを狙いにいく。
●D→4W→晋呉→晋呉→MP→タップイン:これでEBP。晋呉1回でMPに寄れば、MP→タップインでパー。
●幸い、晋呉君にショットミスは無い!ので、ロングのセカンドでLUという不自然さを味合わなくて済む。
@

次の工作は・・・・

・グリップの入れ替えだ!
・使用頻度の高いのから、順次新品と交換していく。
@

3トリを振り返り反省する

⑫496L 5/3 +3 D○左ラフ、r270なので、4UのLUしたが、これがXで右林へ!、6I脱○、しかし(50)SW:X:ZK!!、晋呉(30)を大POV、3Pのおまけ付きでトリ!
#4Uのチョイスは間違ってない。エイミングの間違い、右向きすぎ。6I脱は、1DKJの精神で成功@。しかし(50)はBPで取り返そう!として敢え無くZK、この(50)を晋呉HでGに載せておけば、1Pでパー、2Pでボギーで収まったはず。
#緊張シーンではやはりウエッジのコンタクトミスは皆無に出来ない!
#緊張シーンでも晋呉ならコンタクトミスは生じにくい。
#今後(80)以下の緊張シーンでは晋呉を優先することにしたほうがベター。
#さっそくR後、G5のレンジで晋呉のQQQ=<80、70当たりにODを確認した。この練習結果は別にまとめる。
#大叩きで載せたあと、3Pのおまけ付きになる理由は、焦っていて歩測などを省くからである。遠慮せず、何もなかったかのように平然といつものPPRをやったほうが良い。2Pで収まれば、ダボで済むのだ。
#やってしまったことはしょうがない、と切り替えた@
#しか〜し!このあとさらに2回トリが来るとはこの時点では夢にも思ってないのであった・・・

##(50)SW:X:ZK!!、晋呉(30)を大POV、3Pのおまけ付き:このシーンで、SW50でやっていけないのは、ZK・TP・SKなどのコンタクトミスである。技術的な回避策はあるが、おいつめられたシーンでミスする可能性は高く、その代償は大きいとKKSTすべき。お出かけセットに晋呉君持参していたので、もし晋呉君の50yを採用すれば、寄らなくてもGの傍には寄せられたはず。次に晋呉で大POVであるが、これは問題がない。結果は大POVだったが、さらなるウエッジミスを起こさないためにとった本能的なチョイスである。追い詰められてから晋呉君を選ぶのはなんとか生き残ろうとするチョイス。晋呉君の安全効果は、早くチョイスするほど有効。3Pのおまけ付きは、これ以上迷惑をかけるまいとして、歩測や傾斜や芝目などをどうでもいい的なキレタ仕業になってしまっているから2Pで納められないのだ。どんな時も雑なプレーをしてはいけない。ストロークプレーなので、+3と+2の違いは、バデとパーの違いと何ら変わらないのだ。出来ないことはやらず、やるべきことはキチンとやるべき。

⑭323M 5/2 +3 DXスライスして奥の池へ。打ち直し:6IX:葉っぱを抜けようと甘い考えが通じず、枝に当たってポトリ。PWX:GST、花道(30)晋呉PSTでNTDK、2Pでまたトリ!
#たぶん靴紐の緩み?で右足が踏ん張れず?スライスして池。6Iは、1DKJ精神の欠如!。たしかにいかにも葉っぱを抜けそうに見えたが、こういう時はおうおうにして枝に当たるものだという、KKSTが出来なかったのが残念。KKSTできていれば、超LBで運んでいただろうに。4打で転がり載せて、1Pでボギー、2Pでもダボで済んだはず。
#HBPWFは100届かないのか?・・・平地で95担当だから、登り坂では当然か・・?
#花道30で、コンタクトミスの心配の要らない晋呉を上から打ち込んでPSTさせてしまった・・・
#2つめのトリでかなりショックを受けたが、さらにもう1回トリが来るとは予想もしていなかった・・・

##TSで、左奥のFWBばかり気にして、右奥の池はまったくKKSTしていなかった!。もう、この時点で大叩きは半分約束されたようなものである。KKSTが不十分なのは、左右見ないで車を発進させるのと変わりない。6Iで葉っぱ通しは無謀。たしかに、おそらく葉っぱを縫って通過できそうだったけど、枝に当たるリスクのあるのだ。そういうKKSTしないと。葉っぱを通して見事3ONさせて・・・と目論んでいたわけだが、ラフからであってボールのコントロールも正確ではない。どうぶれるか分からないのだ。あのシーンでは、キャデイにGBまでの距離を聞いて、そこにとどかないようにLBで脱出すべきだった。KKSTZ。PWFがGに届かないのは、まあ許せる。大OVよりマシ。HBPWF=95である。左上がりでは90しか飛ばないこともある。データを活かせ。花道から晋呉のチョイスはOK。STしたのは、左上がり花道から、追い詰められた心境により、無意味に慎重になって上から打ち込みすぎ。チッパーを使っているので、コンタクトミスのことは考える必要はなく、ひたすら距離感に集中したほうが得。2Pはまあしかたがない・・・

⑮383M 5/2 +3 DX:スラLBになり右ラフ、4W木の枝に当たり、少し前進したラフ、6IXして左GB、砂X:HR!、晋呉でJCを戻して、LP@で2Pのトリ!
#本日3つめのトリ。しかも⑭⑮と連続トリ。
#今日は終わったな・・・と正直思ったが、馬鹿高いワツの料金を思うとここで投げ出すのも損だと思って残り12ホールズをじっくり楽しむことにした@・・・この切り替えがよかったかもしれない・・・
#⑬の結果を⑭のページに書き間違い、⑭の結果を⑮のページに書き間違いなど、アンチョコメモつけも混乱していた。
#逆にアンチョコメモの混乱が結果に悪影響を及ぼしたのかもしれない。

##TSはヨレたようなフィニッシュになって、ちゃんと打ち抜けてない。シューズの紐あやしいと思う。セカンドの4Wチョイスは、1DKJ精神の欠如。ラフから4Wで右から迫る木の枝に触るリスクはあった。KKSTの欠如。6IのフックでGB入は、まあフックも予測していたのであまりショック受けなかった。問題はGBである。昨日の大雨で砂は固く締まっていた。ここでHRをKKSTすべきだったのに、なにげなくSW振り回してHR!。Gの奥の木のすぐ左に玉があり、TBとりにくい。お出かけセットに晋呉君もっていたおかげでなんとかGに乗せられた。
@

KKST(後悔先に立てる)は、危機察知能力

・しばしば調子がよかったり、池池気分だとKKSTを忘れがち。
・KKSTなしにエラーすると、次もKKSTしないパターンに陥りがち。
・どのショットも、やってはいけないエラーをKKSTしてから、どうしたいのか考える。この順番が大事。
・KKSTは、人間の弱さからは不自然な思考スタイルである。
・しかし、ゴルフは本能だけではダメである。自然の力と、コースの設計者の罠は本能の甘さをついてくる。
・あたかも右傾きの左軸でセットアップするように、メンタルも正しくセットアップしなければならない。
・何はなくとも、まずはKKSTでとりかかる。
・KKSTから入れば、マミちゃんのせいで困難な1DKJも、納得ずくでできる。
・18H、全ストローク、いちいちKKSTしてから始めよう。
・要は、無事故で無事帰宅できる、自動車の安全運転と同じである。
・ゴルフで無事故(ノーダボ〜ノートリ)は確実に好成績でハウスに戻ってこられる。
@

シューズの緩み

・一昨日滝ので雨ゴルフのため、エルニーニョ・ソフトスパイクはお休み乾燥中。
・そこで昨日は、TZOIDソフトスパイクを使用。こちらもキャタピランなのだが、緩く巻いてあった。
・昨日のワツR、前半46、後半シューレースを締めなおして39だったのだが、関連性はあるかも。
・キャタピランといえども、しっかり締めて置くほうがベター。
@

晋呉君の出玉観察

・ワツの寄せ練習Gでは、シャフトNでだいたい30くらいいく。シャフトHで50くらいいく。
・弾道は低め。割とスピンが効いて転がりすぎない印象
・ヘビーラフからも平気。強振する必要なし

・ワツのRでは、左上がり傾斜の花道で、HFで打ち込んでSTして損したので、地面にレベルのほうが簡単確実。

・G5のレンジでは、QQQでは平均的に70手前くらいにキャリー。MJで減らせる。まんぶりで90くらいODするが止めたほうが良い。振り回すには重すぎる。シャフトHで50弱OD、シャフトNで30弱OD

・グリップはがっしりにぎったほうがグラグラするよりベター。
@

業界コンペにチッパーを持っていく図々しさ

・バッグに晋呉を入れるかどうか迷ったが、HBだらけでアイアンがないので、いまさらかっこつけてもしょうがないべと思って、晋呉をバッグに入れて、業界コンペに出場。
・出てみると、どうということなく、注目されることもなく(痛々しいので誰も触れなかった?)、普通に頼りになった。
・要するに、チッパーの問題は、汎用性のなさが本数ルールで辛くなることと、自意識過剰に集約される。
・晋呉君は、Fで70 OD可能で、50、30、それ以下の決め打ちも可能で、汎用性の問題はクリア。
・かっこ悪い思いは、単なる自意識過剰で、ずらりHBアイアンでラウンドする恥ずかしさと大差ないのであった(笑)
・KP師匠は以前、ニブリック(クリブのチッパー)をバッグに入れて公式試合に出ておられたので、この道でも先駆者である。
・なんでもマネッコのおいらとしては、晋呉を使わないほうが損である!という結論だな。
#チッパーはライ角が立っていて、アイアンのスイングに悪影響の心配があるかに思ったが、そもそもテキサスの延長だし、
#三觜P式は直線的にTBするべきなので、かえってドリルになって良かったりして?
@

銀君の評価

・設計意図どおりに、チョーキングによる距離調節の範囲が増えた。
・今まで困難だった、11歩~13歩が、10歩設定からスタンス幅広げずに可能。
・SSが広く、ブレも少ない
・重いのでSSも安定してはいりやすい。

#以上より、OKを取りに行くには最適だと思う。
#36インチと長いし、長グリップ、特殊FFシャフトも相まって、絶対に他人と被る心配がない
@

晋呉君研究

・G周りでトランキライザーとして働く
・構造的に、ウエッジよりコンタクトミスが起こりにくい!
・ラフや裸地など、悪ライも平気である

<これまでのレンジらRにおける観察だと>
・まんぶりで100
・QQQで70、OD
・Hで50
・Nで30

<アプGの観察では>
・CR比は、1:2くらいである。

#以上より、PWと同等で、
#PWで同じことを出来なくはないが、
#ラフ性能を考えると、PWより晋呉のほうが頼りになる。
#かなりのヘビーラフでも開かずにいける。

#HFにして打ち込むのは損だと思う。
#とくに、花道で緩やかな左上がり斜面で、HFに打ち込むとスチープになって距離が出ず、損する。
@

鉄板マイスタイルの確立を!

<技術>スピンアウトの撲滅
<道具>自分にとってEZなものを使い続けてデータを洗練させていく
<ゲームプラン>手前手前→転がし→1~2Pの繰り返し
<打つ前>KKST
<ミス処理>1DKJ
@

途中で叩いても粘ればそこそこプレーになる

・頭で叩いて残りHでじわじわ挽回するパターンが多いのだが、今回はパーパーで景気よく始まって、そのあとドカンドカンドカンとトリが来る珍しいパターンで挫けそうになった・・・がなんとか粘って堪えられた!。
・こらえた理由は、ワツの料金がもったいないというのも勿論だが、スピンアウトや、KKST出来てないことや、1DKJの精神欠如、など、いつも気をつけようとすていることで連鎖したミスで、油断なくやりきれば回復する!と確信があったからである。
・ワツのハーフで30台もだしうるんだということも分かったのでお土産になった。
@

h300716 ワツ、イン/アウト46/39 前半3トリ!

業界大コンペ。18〜21度、小雨交じり曇り〜晴れ、北風微風、肌寒いが爽やか。ランニング、半袖ポロ、腕カバー、ガテンズボン、T-ZOIDソフトスパイク、青帽子。以上で快適だが、前半シューズの紐が緩かった(ショット突然ミスの原因かも)。G25のD、4W、7W、HB3U〜5U、HB6I〜PW、晋呉君、PINGSW、銀君、RXボール。Iさわさんと同組。いやな奴はいなかった。アンチョコが満杯で書きづらく、ページ間違いがあり、注意力を浪費したかもしれない?。アンチョコは書き換え要する。

⑩407M 3/1 +0 D@FW左、3U左手前、晋呉(25)@、MPねじ込んでY1Pスタート。
#G手前にナガモノでG手前に近づけ、転がし系で寄せるマイスタイルにはまってくれた@。

⑪188S 2/1 +0 3U手前EP、テキサス(16)PST、(3)@ねじ込んでY1P。
#やはりG手前に近づけるのはP3でも有効。
#予想外にパーパーで始まり、マミちゃんにやられたか?・・・

⑫496L 5/3 +3 D○左ラフ、r270なので、4UのLUしたが、これがXで右林へ!、6I脱○、しかし(50)SW:X:ZK!!、晋呉(30)を大POV、3Pのおまけ付きでトリ!
#4Uのチョイスは間違ってない。エイミングの間違い、右向きすぎ。6I脱は、1DKJの精神で成功@。しかし(50)はBPで取り返そう!として敢え無くZK、この(50)を晋呉HでGに載せておけば、1Pでパー、2Pでボギーで収まったはず。
#緊張シーンではやはりウエッジのコンタクトミスは皆無に出来ない!
#緊張シーンでも晋呉ならコンタクトミスは生じにくい。
#今後(80)以下の緊張シーンでは晋呉を優先することにしたほうがベター。
#さっそくR後、G5のレンジで晋呉のQQQ=<80、70当たりにODを確認した。この練習結果は別にまとめる。
#大叩きで載せたあと、3Pのおまけ付きになる理由は、焦っていて歩測などを省くからである。遠慮せず、何もなかったかのように平然といつものPPRをやったほうが良い。2Pで収まれば、ダボで済むのだ。
#やってしまったことはしょうがない、と切り替えた@
#しか〜し!このあとさらに2回トリが来るとはこの時点では夢にも思ってないのであった・・・

⑬379M 2/2 +0 池越え@、7鉄@、POP
#⑫のトリを払拭できたように見えたが・・・
#7IF=130(普通のNSの場合)

⑭323M 5/2 +3 DXスライスして奥の池へ。打ち直し:6IX:葉っぱを抜けようと甘い考えが通じず、枝に当たってポトリ。PWX:GST、花道(30)晋呉PSTでNTDK、2Pでまたトリ!
#たぶん靴紐の緩み?で右足が踏ん張れず?スライスして池。6Iは、1DKJ精神の欠如!。たしかにいかにも葉っぱを抜けそうに見えたが、こういう時はおうおうにして枝に当たるものだという、KKSTが出来なかったのが残念。KKSTできていれば、超LBで運んでいただろうに。4打で転がり載せて、1Pでボギー、2Pでもダボで済んだはず。
#HBPWFは100届かないのか?・・・平地で95担当だから、登り坂では当然か・・?
#花道30で、コンタクトミスの心配の要らない晋呉を上から打ち込んでPSTさせてしまった・・・
#2つめのトリでかなりショックを受けたが、さらにもう1回トリが来るとは予想もしていなかった・・・

⑮383M 5/2 +3 DX:スラLBになり右ラフ、4W木の枝に当たり、少し前進したラフ、6IXして左GB、砂X:HR!、晋呉でJCを戻して、LP@で2Pのトリ!
#本日3つめのトリ。しかも⑭⑮と連続トリ。
#今日は終わったな・・・と正直思ったが、馬鹿高いワツの料金を思うとここで投げ出すのも損だと思って残り12ホールズをじっくり楽しむことにした@・・・この切り替えがよかったかもしれない・・・
#⑬の結果を⑭のページに書き間違い、⑭の結果を⑮のページに書き間違いなど、アンチョコメモつけも混乱していた。
#逆にアンチョコメモの混乱が結果に悪影響を及ぼしたのかもしれない。

⑯147S 1/2 +0 (135)7I@、POV:7IF=140?(マンブリの場合)
⑰529L 3/2 +0 D@左FW、4U@、(126)7I@、POP。
⑱376M 3/2 +1 D@センター、5U砂、砂DTDK、LP惜しくも外れてボギー止まり。
#5Uが、運悪く排水口の傾斜にかかっておりバランスとりにくかった。そこまで考えてKKSTすべきだったな。
#砂は固く、HRだけは避ける!とKKSTした@

#IN 46(17)
#トリ*3で46はいいほうだろう。トリの原因は根掘り葉掘り分析して明日につなげるべきだ!
#⑯から立て直しがうまくいったので、後半はパープレーを目指すぞ!と決意。実際は39で終わってしまったが・・

①411M 3/2 +1 DX左FW砂!、砂5UまたGB!、砂◯、MP排卵でボギー
#Dの左行きは、スピンアウト。
#FW砂からの5Uはライも良く、判断ミスとは言えない。最悪でもGB入りだと思って覚悟してやったのでショックなし。
#GBでは、砂固く、HRだけは避ける!とKKSTした@

②380M 3/2 +1 D右FW、3U@、EP、テキサスPST、MP@でボギー
#後半36希望だが、ボギーボギーときて最良38まで後退。しかし気にせず最後まで粘ることにした!@

③131S 2/1 +0 7I@EP、テキサス(11)@、SPねじ込んでY1P
#やはり手前から転がし系で寄せていくマイ・スタイルがパー取りやすい。

④340M 2/2 +0 D@FW右、7I@、POP
#7I=130(普通のNSの場合)

⑤475L 3/2 +0 D◯左ラフ、4U@、9I@、POP

⑥422M 3/2 +1 D@FW右、4W花道、晋呉(30)NTDK、(12)@、ボギー・・・
#最良39に後退!・・・あと残り全部パーでいくべく、粘るぞ!と決意。

⑦354M 2/2 +0 D@5U@、POP

⑧199S 1/2 +0 (180)3U@、MP惜しい!POP
#TSはスピンアウトにならないように、セットアップ気をつけた@ので思い切り振り切りやすかった。

⑨507L 3/2 +0 D◯右ラフ、7W◯、(100)PWF:POV、MP惜しくも排卵でPOP
#PWF=105?(マンブリの場合)・・・普通のNSでは95以下のことが多いと思う

#OUT 39(17)
#36は成らなかったが、そrでもなんとか後半39達成!

##計85(34)・・・しょぼいが、ワッツでアウエイだし、試合だし、実力的にこんなものだろう。
##HO後、成績発表まで時間があり、アプ練習とパター練習した。
##会食し、G5のレンジで1カード全部打った。(晋呉君のQQQチェックなど目的)
##家でシャワー浴びて、奥さん&娘とビュッフェへ。
@

R中に感じた、スピンアウトの前兆と対策

・構えの段階で、右肩が前につっこんだ突撃体勢になっているとスピンアウトする。
・気がついたら、右傾きの左軸をしっかり作りなおすと良い。(前傾のまま左バンプでOK)
@

羊アプ場メモ

・晋呉君のCR比は、約1:2〜2.5くらい。傾斜や、Gの速さで当然前後する。ほぼ、HBPWと同等。
・PINGSWのCR比は、約1:1.5。つまり2:3で、約4割の場所にODする。1:1ではない。
@

滝の西東、4041(33)、ノーダボならず。

穏やかな曇り予報だったが、実際はほぼ17H連続の雨と強風で体感気温も低い(半袖不可)、過酷環境ゴルフ。ランニング、半袖ポロ、アームカバー、青WB。下はガテンズボン。エルニーニョ・ソフトスパイク。青帽子。以上で快適。G25のD、4W、7W。HB3U〜5U、HB6I〜PW、晋呉君、銀君、RXボール。ほんまこで5コイン、滝のでパター練習、寄せ練習。晋呉君(45度チッパー)は、Fで100↑、ハーフで50、斜めで30〜40?といった予測をした(Rでもほぼ合っていた)

西①362M 3/2 +1 Ag+++D@FWセンター、7WXLB、PW@、(11)ST、(3)@ねじ込んでボギー。

西②393M 3/2 +1 D@4Uドロップ?晋呉△NTDK、(11)@、タップインボギー。
#4Uのドロップはフェース面の水幕のせいだろう、

西③131S 1/2 +0 (140)6I@、(9)@@、POP。

西④510L 3/2 +0 D@右ラフ、4U@FW、PW@、(3)ねじ込んでPOP。

西⑤365M 3/2 +1 Ag+++DX左ラフ、4WXチョロで左ラフ、(140)前下がり:6I@、LP排卵でボギー。
#Dの左はスピンアウト、4Wはライ悪を無理してチョロ。6Iは膝送りの技@
DXの時点で、KKSTして1DKJすべきだった。すぐに反省してメンタルセットした@

西⑥138S 1/2 +0 (140)6I@、LPはPSTしたが、(3)ねじ込んでPOP。

西⑦362M 3/1 +0 Ag+++DX左ラフ、3U@花道、(40)晋呉@、(4)ねじ込んでY1P。
#晋呉40は長めに持ってN@

西⑧498L 3/1 -1 D@4W○左ラフ、(70)SWF@、(16)奇跡的に入ってバデ!
#銀君で16歩の刷毛塗りがバッチリきまった。銀君はチョーキング自在で安心感あり@

西⑨391M 4/2 +2 D@FW左、6IでLU△左ラフ、(50)SWH:Xだるま落としでGST、(40)晋呉@、SP排卵でダボ!
#セカンドで190y残り、前下がりでスライスして池を回避するため、6IのLUをチョイス。これ自体エラーではない。SWのだるま落としはライの観察不足。ラフに玉は浮いており、十分予測しえた。(40)晋呉は⑦同様@

#計40(16)
#⑧までノーダボだったのだが・・・⑧のバデで心理的にオダったのだろうか?

東①354M 2/3 +1 fo D@しかしデボ!、9鉄デボからうまく打てたがPOV、下りの早いライン残し敢え無く3Pボギー。

東②345M 2/2 +0 fo D@@8I@、POP

東③475L 4/2 +1 Ag+++D@4U○6I○花道、晋呉(30)@、MP排卵でボギー
#晋呉君、花道から(30)がバッチリ。コンタクトミスが起こらなそうな形状が安堵感あり→集中できて良い@

東④198S 3/1 +1 (195)7W:TOPして左GB、砂は濡れていてHRだけは回避しよう!とKKSTしてSW○でEP、(10)テキサス@、SPねじ込んでボギー。
#ボギーだが、確実にKKST出来た!@

東⑤373M 3/2 +1 Ag++D△左ラフ、3U右ラフ、(50)晋呉ハーフ@、MP排卵でボギー。
#晋呉君は、(50)も行けるのだ@

東⑥353M 2/2 +0 Ag+ D@4W@、(3)ねじ込んでPOP

東⑦127S 1/3 +1 (140)6I@、手前ON、重い登りに負けてSTし、3Pボギー。
#ここは手前から超重い。+2歩に匹敵する重さ。

東⑧496L 4/1 +0 fo D○左ラフ、4U○、fo(120):8鉄GOVして奥のラフ、晋呉君で返してPOVしたが、(3)をねじ込んでパー!

東⑨410M 3/1 +0 foD@FW(170):4U@右Ep、テキサス@でY1P

#計41(17)
#後半はダボないがバデもなし。

##雨と強い風でしんどくて、マミチャンの出る幕がないせいか成績よかった。
##西⑤と西⑨でわずかにメンタル乱れたが、そのほかの16ホールはKKSTもしたし、落ち着いてプレー出来た!
##会食して(SYた氏の昨日釣ったというヒラメの刺し身を頂いた)、羊に行ってSGの練習して入浴して帰宅。
##本日Rデビューの銀君と晋呉君が大活躍。
##明日のワツのコンペも今日のバッグシステムのままで出陣してみる。チッパーの見栄はどうする?・・・しょせんHBアイアンシステムだから、今更見栄を張っても意味がないので、今日のバッグのままでいく。

#今日は娘が来ないので夕食の準備なし。
@

明日のシステム

G25D・4W・7W
HB3U・4U・5U
HB6I~PW
晋呉君(45度チッパー)
PINGSW(56度)
銀君

RXボール

#赤字はお出かけセット!
@

晋吾君(45度ウッド型チッパー)が来た



45度なのに、なかなか顔がいいチッパーだ。


チッパーで45度もロフトがあると、刺さる感じになりがちなのであるが、リーディングエッジが面取りしてありそれを避けている。
リーディングエッジの面取りのおかげで、HFに構えることもできる。また、舟型ソールで抜けも良さそうだ。

さっそく道場で転がしてみたが、ロフトほど上がらない。??
パターでは無理なシーンで使えそう。
晋呉君でも無理なら、SWの出番だ。

#お出かけセットとして、銀君、晋呉君、SWの3本であらゆるライに対応出来そう。

グリップがヌメヌメタイプで苦手なので交換必要。


#晋呉君を使うと何が有利か?
・テキサスやPWR等で転がしたいが、前後の草の介入が気になりパチン入りそうな時
・テキサスでいくには、花道が長すぎる場合(順目で5歩以上?)
低い顎のバンカー(転がせばGに乗りそうだが、テキサスでは段差を越えられない場合)。
空間が狭くて十分なTBが取れない時に、短いシャフト&ヘッドの重さで強打できる
ライ不良時(裸地、粘土質、ヘビーラフ等)のコントロールショット(Fがいくらか確認必要!)
@

銀君完成

工作byHK


↑左が角君(つのくん)、右が銀君。ベースはPRGRのシルバーブレードHB、これにUSTのFFシャフトを入れ、36インチ仕上げとし、長いグリップ入れてチョーキングの自由度を上げてみた。さすがに、絶対誰ともカブらないと思う(W)。FFシャフトは、インパクト感触が非常にソフトになった。ダイレクト感がむしろ低下したような??。ま、いっか!個性的だから。



↑角君のアイキャッチは飛球線と平行、銀君のアイキャッチはシルバーブレード。SPの安心感は角君のほうがあるようだ。打感も角君のほうがダイレクト。銀君はしかし、チョーキング強化設計なので、丁寧タッチで13歩〜5歩を打ち分けられる性能がある。刷毛塗りも当然20歩より上のほうでも調整できる可能性がある。



↑角君のスパストは、購入時装着されていたもの。 前面の平面が広いタイプ。銀君のトライフィットは、G5謹製の長尺カウンターバランスタイプの特殊グリップ。こちらはピストルグリップタイプ。

#OKとりにいくには、銀君。SPねじ込むには角君が有利。
#普段のRはOKとりにいくので、銀君かな(爆)
#テキサス性能は、どっこいだな。5歩くらいの花道はどちらも平気。
@

手前から攻める、真ん中にONさせる

・言い尽くされているが、重要。
・R中は、GOVしやすかったり、難しいサイドに外したりしてスコアをいたずらに増やしてしまうことが多い
・分かっているが出来ない・・・いや、分かってないから出来ない!?
・これがダメだから、TS、セカンドとNSでも無駄に叩いてしまう・・・
・個々の技術は、42年もやってればソコソコあるのだが、台無しにしかねない。
・ソコソコの技術でもRTからパーをとるのは別に難しくはない。
・自分で勝手に難しくしているのだ。
・とにかく、次の1打がEZになるようにしろ!
@

HB9I PW DWの目安R距離改定(RXボール時)

HB9鉄:110
HBPW:100
HBDW:90

・・・ではなく!!

HB9鉄:110
HBPW:95
HBDW:80


・・・・でないか?

#HBPWFで100狙いでGST、HBDWFで90届かず、75狙いだとOVする。SWFで70狙いはSTする。
#PINGSWFは、70でなくて、65でないか?
#つまり、HB9I~SWは15yの階段でないか?
#しばらく、この基準でRしてみる。
#HB6鉄=140、7鉄=130、8鉄=120でほぼOKだと思う。
@

G25_7WのR後評価

・良い!
・直線的スイングできちんと振れれば、横殴りのスピンアウトにならなければ・・・・190yを楽に狙える。
・TUでも地べたでも同様。
・HB3Uや4Uより飛ぶのに、これらよりラフに強い!
・4W=200、7W=190、HB3U=180、HB4U=170という階段が出来る。実際190yの出番多い。
@

銀君(PRGRシルバーブレード)

silverblade.jpg

・道場で転がしただけであるが、
・MPのカップイン率が高い!。SPの安心感もある。
・打感が抜群に心地よい!(アルミのブレードであるがヤワすぎずカタすぎず)
・藤田君の打感もいいが、それ以上に好み。
・藤田君より構えやすいし藤田君よりど真ん中から入りやすい。
・左ハンドルでまっすぐTBするかんじでOK(ショットと同じ!)

#藤田君は売却だな!
#銀君は、FFシャフトにリシャフトしてさらに打感が伝わるようにして(35インチしあげ)、長めグリップ装着してチョーキングに備える予定。
#昨日ごいっしょした、初心者さんのお二人がピンタイプパターで、MPをぽこぽこ入れるので、ピンタイプを見直した!!(笑)
@

角君のR評価

ode72.jpg

・3Rほどやったが・・・悪くない。
・MPが決まりまくるというほどでないが、セミマレットなのに距離感がある
・SPの安心感がある。
・インパクトの感触も良い。やわらか過ぎずカタすぎず。
・若干上からいれるとテキサスも出来る。

#銀君の改造が終わったら、どっちがよりMP入るか?でエースを決める
@

黒田君(25度チッパー):初回R後評価

moblog_98cbf0c8.jpg

・写真ではロフトあるように見えるが、実際は25度(4~5鉄なみ)である。しかし、アイアンで転がす時のようにHFでは構えないので、ほんまこの練習GにおけるCR比は、1:3くらいと、9鉄なみである。
・本日のRでは、CR比は、平で1:4というところだった(8鉄なみ)。(練習Gでは1:3.5くらいだった)
・羊の練習Gのほうが、ほんまこの練習Gより転がりがいいのだ
・昨日の羊Rで、黒田君を筆下ろししてみた。実際のRでは、土手の傾斜やら、Gの傾斜やらがあって、距離感の調節はなかなか難しい。結果、POVやPSTが多く、続いてMPが排卵でバデやパーを取りこぼすという結果が多かった。
・しかし、ピンパター形状のせいで、さすがにコンタクトミスは生じない。寄せでダボやトリになるのを未然に防げたとも言える。

#このまま使い続けるとしだいに距離感がよくなっていくのかもしれない
#一方で、8鉄~PWを使いわけるほうがJCやG傾斜に応じた距離感出しにベターなのかもしれない。
#少なくとも、チッパーを入れなければ1本余裕が生じるのは確実(笑)
#黒田君は、パターなみに方向優秀で、コンタクトミスが皆無なのはたしか、しかしラフはNGである。そうなると、花道やセミラフ程度で玉が浮いていないと使えず、だとすると。8R~PRのほうが有利かも。
#チッパー類がメジャーにならない理由が分かる気がする(笑)
@

羊、アウトイン、4042(36):ノーダボ

放課後G、24~19度、2.6~5m北風、曇。半袖ポロ、ガテンズボン、エルニーニョ(ソフトスパイク)、青帽子。以上で快適。初心者さん2名との3サム。キャデイつき歩き。打球練習なし、黒田君の寄せ練習:C:R=1:3以上転がる。本番Gはもっと転がる?

①4、385 3/2 +1 Ag DX左砂、砂3U@@花道左上がり:黒田君XPST、MP排卵でボギー
#Dはアドレスで違和感あってスピンアウト。
#黒田君は方向バッチリだが距離感難しい。土手に当たって大ショート。慣れが必要。

②4、338 2/2 +0 Ag D@6I@、POP
#Dは左ハンドル意識してまっすぐ。6Iは左上がりFW:左ハンドル→下に出し切るイメージで@

③4、405 2/1 -1 D△左ラフ:距離は十分。左上がりラフ:(190相当)7W@@、POP
#7W決まった!

④3、198 1/3 +1 (188)7W@、しかし敢え無く3Pでボギー。
#TUの7Wも@、右の大木の上からドローでピンの上についた(下りで早い)のでビビってSTして3P
#やはりきっちり左ハンドルでTBするとスライスしない

⑤4、SG 3/2 +1 D@@FW左、5U右Ep外花道、黒田君:POV、MP排卵でボギー
#チッパーの黒田くん、ややラン多めでPOV。黒田君の距離感は、慣れの問題だろう。

⑥5、504 5/1 +1 Ag D△右ラフ山裾で前上がり、7W@左ラフ、(70)SWF:GSTしてグラスバンカー(ヘビーラフ)、SW↑X:GOVして奥EP:黒田君@、SPタップインでボギー。
#やはりSWF<70の様子。
#G至近のグラスバンカーから、近いPINでちょっとピンチ。ここはクロブ必要だったが、普通のSWCでGOVした。
#PWHの80で奥に乗せてもよかったかも。
#ロングでパー取れないのは痛い・・

⑦3、141 1/2 +0 (143)6I@(ピンに向かってまっすぐ!)、MP排卵でバデ逃しのPOP。

⑧5、526 4/2 +1 DX右ラフ:つま先上がり:8I脱○左ラフ、4WF○、(50)SWH@、MP惜しくも排卵でボギー。
#SWHは、しっかり下に出し切るようにした@
#MPは決まってくれない・・・ラインは合ってるのだが、ちょっとタッチ弱い。角君に慣れればそのうちバコバコだろう

⑨4、SG 2/2 +0 D@4U@、MP排卵でバデのがしのPOP

#OUT計:40(17)
#全体にショットのキレは良い。ノーダボ。
#SWFのGSTや、黒田君のPOVなどは経験の蓄積必要
#角君はライン出しやすいが、今日は遅めGでPSTしがちだった。

⑩5、514 4/2 +1 D@左ラフ、4U@、(100相当)PWF:X:GST、土手傾斜からPWR:POV。MP排卵でボギー
#HBPWF<100かも
#ロングでパー取れないのは痛い・・・

⑪3、172 1/3 +1 (170)3U@、敢え無く3Pでボギー
#3UはPOVしたのだが、まっすぐ!だった。(左ハンドル+下に出しきる)

⑫4、SG  2/2 +0 D@(220)左Fc、(130)7I@@、POP
#7Iはまっすぐ!だった。左ハンドル+下に出し切る!

⑬4、343 3/2 +1 D△砂脇ラフ、前上がり9I@花道、黒田君X:POV、MP排卵でボギー。

⑭4、390 3/2 +1 D@、(185)7W左Ep、黒田君:POV、MP排卵でボギー。

⑮4、SG 3/2 +1 DX左ラフ前下がり、(168)4U@花道JCぎみ、黒田君△POV、MP排卵でボギー。
#MPが入らないのが問題なのか、黒田君がいまいち寄らないのが問題なのか。
#4Uの前下がり傾斜での膝送り打法は毎回うまくいく@(まさに直線スイング?)

⑯3、163 1/2 +0 (159)3U:TPぎみのLBミスだがナイスオン!、MP排卵で、バデ逃しのPOP。
#1発くらいMPが入って欲しいのだが・・タップインどまり・・そのうち入りだすといいのだが・・・

⑰5、475 3/2 +0 D@@5U@、MP排卵でPOP

⑱4、367 3/2 +1 D@7W◯左Ep外花道JC、黒田君:PST、MP排卵でボギー
#黒田君、コンタクトミスはさすがにないのだが、距離感がまだピッタリこない。慣れの問題か。なんせ本日Rデビューなのでしかたがないが、チッパーなのでG周りからは過大な期待(ぴったり~ガコン!)をしてしまう。
#初心者さんお二人は、なかなかGに乗らないが、MPをぽんぽん入れてくる・・・おいら慎重すぎるのかな?

#IN計:42(19)
#後半もノーダボ
#ショットはほぼOKだが、黒田君がぴったり寄らず、MPが入らないというパターン・・・

##トータル:82(36)
##Hせさんに1打負けた!。KP師匠に1打勝った!・・・まあ頑張ってるほうかな。
@

PRGR シルバーブレードHB 到着

silverblade.jpg

36インチにリシャフトされている、
さっそく、道場で転がしてみたが・・・構えやすい!・・・・MPがバコバコ入る!
感触もカタすぎずやわらかすぎず好ましい。
#なあんだ、普通にピンタイプでいいじゃん!?

#FFシャフトに変更して、長いグリップ(トブンダ)を入れる(感度UPと、チョーキング対応)
@

最近よくやるミスと対策

・草スリ欠如で、チョロ。とくに左下がり斜面など。下に出し切れてないからだが、草スリ素振りさえすれば回避出来る
・LWの決め打ちでZK:躊躇による・・・・勇気の要らない、SWフック転がしのほうが安全。
・LPやMPの大ST→3P:撫で打ちによる。しっかり刷毛入れる、とくに迷うSPはパチンと打つべしだ。

#これ以外は、あまりミスがない!同じミスを繰り返している!
#好発ミスを撲滅すれば、必然的にスコアが減るものと思われる。
@

本日のシステム

G25D・4W・7W
HB3U・4U・5U
HB6I~PW
PINGSW(56度)
黒田君(25度チッパー):本日R筆降ろし
角君(セミマレット)
RXボール

#HBDW(=AW)と、PINGLW(60度)を外し、G25_7Wと黒田君を導入した
#7Wの目的は、190yを上から狙うシーン
#黒田君の目的は、テキサス+αと、ピンチ脱出
#LWはSWのフック転がしでカバー、DWはPWHでカバー出来る
@

G25 7W にうまこ練習結果

・G25_7W
・TU、地べたともに、三觜P式の直線的スイングでうまくいく
・回転スイングでなければ、とくにひっかけたりドフックになったりはしない。
・180~キャリーして190くらいか
・クラシック弾道で、G上で転がりすぎずに止まりそう。
#十分、190y担当のHB2Uの代わりになると思う。(現在2Uは入れてない)
#MJで3Uの代わりになるか実験したが、若干捉まりすぎる印象
#7Wウッドなので、HB3Uや4Uよりもラフに強いと思われる
@

Swで30弱簡単=フック転がし

右手にSWを持ち、つったって、ターゲット方向を向く、

右手片手打ちに構えて、左手そえてしっかりさせるだけ!

実際、右手だけでもそこそこうまくいく、左手は安定サポートだけ。

つったった姿勢で、しゃがみこんでない、むしろ寄せを舐めきったような体勢。
子供ならこうするんでないか?って感じの構え。よくいう、ボールを下手で放るような動きになり、単純で本能的に距離感だしやすい。

体が開いた構えなのであるが、構えた時の右手の平の向きに振っていくだけなのでひっかかることもないしスライスもしない。

ボールに対しては上から入り、進行方向に向かって直線的に接している時間が長いのでスピンもかかるのでないか?

フック回転だと思うのだが、そこそこ止まるのが不思議。

コツはレベルに当てる感じ、フォローはTBよりずっと大きい。

#これがあれば、LWも上げるチッパーも要らないかんじ。

@

SWのフック転がし

・左体重
・ボールは右足より右
・フックグリップ
・なるべく低くレベルに当てる

#PGAの中継でプロがやった技。解説によるとダフりにくく、アマはあまりやらないという
#さっそくやってみたが、なかなか具合が良さそう。にうまこ2階から30以下到達。もっと近距離でもいけそう
#弾道低い、勢いやランは制御されている、コンタクトミスなさそう。上げるチッパー要らないんでないか?(笑)
#G至近のJCライで、ピン近いとか、下りG面に向かうシーンで、のせてそんなに離れないでOKならこれでいいんでないか?
@

にうまこ330発

<目的>:LWやDWを抜いてもRできるか?という実験:・・・・結論:十分可能である!!

・羊仮想R

・羊プレッシャー場面仮想反復

・4WやHB3UのTU練習

・PINGSWFで70練習
・PINGSWHで50練習:胸の目
・PINGSW右置き転がしで30以下の練習:右に置いて左体重でレベルに当てるとミスしない

・HBPWHによる80練習:胸の目でひっかけない(体が起きないので前傾が崩れない)。
↑不用意にターゲット方向に胸をむけて振ると、肩の方向に飛んでしまう(ひっかける)。インパクトで胸が開くとNGなのはフルショットと同じ!。ダウンの開始ではむしろ左背中でボールを上から見て飛球線後方に振り下ろすような感じがちょうど良い。

・HB3UのLB練習。フェース開いてホッケーのように打つ方法(伸びがある)と、右に置いてロフト立ててまっすぐ当てる方法(距離が出にくい)との比較。

#レンジ練習でも、かならず発見はあるな・・・Nの氏のおしゃるとおりだ。
@

着実に置いていく楽しみ

・ショットの精度が上がり、コースレイアウトに合わせて、置いていく楽しみが味わえるようになった。
・体調、傾斜、ライ、天候などでによって、狙いからすこしづつブレるのを対応していくのがラウンド。
・これに、SGとパットが決まれば好成績になる。
・一昨日の島松は、88(35)としょぼかったけれども、上記の楽しみはそこそこ感じられた。
@

のびのび振れる喜び

・何10年もかかって、ついにドライバーをTGから思い切り振り切れるようになった。
・スイング理論(自作も含む)も紆余曲折、現在、三觜Pの直線スイング(のつもり)で好調
・なんといっても、AGでもTU高くしても平気なのが安心感。
・先日のコンペでも若者上級者と回ったが、飛距離はともかく、TSの安定度はこちらに分があった。
・若者上級者は、アドレスで軸が左傾(右軸)で、玉が近すぎると思った。出玉は右にそれるか左にひっかけるかが多かった。

・最近は、PSRもほぼ固まってきて、違和感さえなければ、マンブリでもほぼ狙ったところに飛んでいくようだ。
・ただし、思い切り下に向かって出しきらないとボールに届かないので、油断できないし、練習も欠かせない。
・Dは高いTUなので失敗がないが、地べたのショットは、、ボールに届かせるために、必ず草スリ素振りを要するのだが、これを面倒で省きやすい。かならず、1Rに1~数回はこのミスが残る。結果はトップか頭叩きのチョロになる。

@

クラブ入れ替え予定(ワツの後で)

●LW、DW抜く → 黒田君、7W入れる、
●黒田君は特殊シーン、7Wは190yを上から止めるため

●LWは”SW開く”でカバー出来る!
●DWは”PWH”でカバー出来る!

<暫定システム>LW→7W
G25D
G25/4W 7W
HB3U 4U 5U
HB6I 7I 8I 9I PW DW
PINGSW
角君 
RXボール

<ワツ以後のシステム>DW→黒田君
G25D
G25/4W 7W
HB3U 4U 5U
HB6I 7I 8I 9I PW
黒田君
PINGSW
角君 
RXボール
@

h300708 島松AB 4543(35)

業界大コンペ。晴れ、17〜22度、南風0.9〜4、半袖、雨ズボンで快適。G25D、同4W、HB3U〜5U、HB6鉄〜DW、PINGSW、同LW、角君、RXボール。 ナビもアンチョコも使用、アンチョコは前日書き換えた。前日ほんまこ練習、当日3コインレンジ、アプ練習すこし。パターGでは、10.5歩とマイタッチと同じで、特別速くなかったが。。。いやな奴はいない。2番打者。

A①392M 3/2 +1 D◯フック左ラフ3Uスラ右ラフLW(50)POV、MP排卵でボギー
#スタートH、D振り切れず、しかしまっすぐTBしているせいで大怪我なし。

A②348M 2/3 +1 D◯左の木の近くのラフ、(178)3U@PON、あえなく3Pでボギー。
#ホームコースや朝の練習Gより、Gの転がりがいい。タッチをあわせないと・・・・

A③531L 4/1 +0 D@木の左のFW、4W@、6鉄花道、9R@@、Y1P!
#ビビりがとれ、Dが振り切れるようになった。
#4Wは左上がりだったが@
#6鉄はKKSTでGOV回避したチョイス@@
#9Rのチョイス@@

A④354M 3/2 +1 D@木の右FW、6鉄右ラフ、PWR@、MP排卵でボギー
#6鉄はKKSTでGOV回避したチョイス@@

A⑤192S 2/3 +2 3U:左の山!・・・NKで花道。PWR:PSTで3Pおまけ付きでダボ。
#3Uはスライスさせないために、左ハンドル強く意識した◯
#PWR撫で打ちX
#MPも撫で打ちX

A⑥367M 3/1 +0 D@センター、6鉄EP、(12)テキサス@、Y1P
#6鉄はGOV回避したチョイス@@

A⑦364M 5/2 +3 D@:左下がりFWから6鉄TOPしてG右のラフでJCライ、r20:途中ラフあるのでLWで上げにいったら、TPして大GOVして奥砂へ、砂はDTDK、PWT:PST、2Pでトリ!
#⑥までまあまあ順調だったが・・・ついに大イベントを起こしてしまった・・・
#6鉄トップは草スリ素振りの欠如。
#LWののTPはKKSTの欠如。今やってはいけないことはなにか?を、今どうしたいか?よりも優先させないとダメ
#20yのJCの間にラフで抵抗はあったけども、とにかくPWRで大PSTでも無事BONさせるべきだった。

A⑧190S 2/1 +0 4U花道、PWR@、SPねじ込んでPOP
#KKSTでGOV回避した4Uチョイス@

A⑨544L 4/2 +1 D@4W@8I左EP、テキサスPOV(25→28)MP排卵でボギー。
#Dが絶好調。キャデイ推奨の狙い目にまっすぐ飛んでいく。レンジのように思い切り振っても曲がらない!

#前半 45(17)
#アウエイとはいえ、この好天で45は情けない・・・
#⑦のG至近からのLWトップミス!・・・魔が差したというか・・・上げることしか考えてなかった・・・KKST出来てない!
#⑤のダボは、LPが撫でうちで大STして3P招いた。
#しかし、GOVを回避した番手チョイスや、ショットの好調など、見るべきものもあった。
#パット数は17とさえないが、Gの転がりがホームコースよりもずっとよく、角君の感触もよくパッティングは楽しめた。

B①393M 3/2 +1 D@FW、5U@EP、テキサス△PST、MP排卵でボギー。
#テキサス前に【パター事件】発覚・・・内容は秘密。

B②194S 2/1 +0 3U:GST、LWCX:POV、(9)@@ねじ込んでY1P。

B③368M 4/2 +2 D@@FW、4U:GSTでラフ、LW:X:ZK!、PWR左垂れ、MP排卵でダボ。
#パター事件の犠牲者(上級者)がショットも寄せも乱れて+5の太田滝・・・
#LWはそんな難しいライでなかった・・・ピッタリマミちゃん?・・LWは危険な道具なのか?
#PWRでGの傾斜を見抜けず左垂れてしまった。

B④351M 2/2 +0 D@@FW左、7I@、POP

B⑤340M 3/2 +1 D◯左ラフ、9I右ラフ、PWR△左垂れ、MP排卵でボギー。
#PWRでGの傾斜を見抜けず左垂れてしまった。
#しかしPWRにコンタクトミスは起きにくいのでボギーで済んでいる。ここがPWRのいいところ。
#コンタクトミスは、LWやSWで起きやすい、チッパーでは起こらない。チッパー導入も考えてしまう。

B⑥555L 3/2 +0 D@FW右、左上がり4W△(ドロップ)右深めラフ、(178)3U@@でPOVだがPON、2PでPOP

B⑦136S 2/2 +1 7鉄◯(MG-SG間の花道)、PWR◯、MP排卵でボギー

B⑧305M 2/3 +1 D@@FWセンター、PW@、しかしSP排卵で3Pボギー。
#パター事件の犠牲者(上級)は、TS:OBで+3の大叩き・・・構えが右軸になっているのが観察出来た。

B⑨471L 4/2 +1 D△FW左に飛び、木の右のFWで木が少し邪魔。r215:4W△左ラフで2オン出来ず。r78くらいをDWFでGOV、LW30キツイ左上がり砲台G狙いがPOVしてボギーオン、2Pでボギー。
#DWFは、KKST出来てない!。使ってみたいはダメ!の法則

#後半 43(18)
#③のダボは、LWのZKによる。LWクビか?(笑)

##計88(35):かろうじて大台は避けられた・・・
##外野問題(仕事)と、B①のパター事件で、快晴なのに胸のつまるような気分のRだった
##かえりにニンニクラーメンを食い、羊練習にいき、打ち上げパーティーに出て、久しぶりに飲んだ。
##仲間のSYた君が79のBG優勝だった。かたっぽ36だって・・・メンバーとはいえ凄いですな~!
@

放課後練習

ほあ:

黒田君:
  G周りからの転がしは、さすがにコンタクトミスは起きない。
  エプロンからはパターの距離感に劣る感じ。ラフはNG。
  G周りの裸地やデポ:超EZで怪我なし
moblog_ff0bb5ed.jpg
  イッチョカミ:簡単
  10cm程度のバンカーの土手:これは簡単。5cmくらいの土手でパターによる砂を諦めていたケースで使えそう。
moblog_d7044e35.jpg

  総じて、超LBで、方向性確実。距離感は、比率使えばまあまあ。直感的にはパターが上。
  C:R=1:3程度=9R相当(HFにしないせいか?)

丸君:
  こちらも、コンタクトミスは起きない。
  黒田君よりラフに強い。
  バンカーの土手は20cmくらいまでは超えそう。
  C:R=1:2程度=PWR相当(HFにしないせいか?)

#どちらも、なくても困らない感じ(W)。黒田君は8R〜9R、丸君はPWRで十分なような・・・・
#黒田君より丸君のほうが汎用性が高いが、丸君は別にPWでいけちゃう気がする。
#黒田君は方向性の良さと、確実にLBなので林からの脱出にも使える。そういう点では、チッパーを1本入れるなら黒田君か。
#明日の業界コンペには、あとでガタガタ言われないために黒田君も丸君もバッグには入れないでおく(W)


PINGSW:
リーディングエッジをターゲットに直角に置く→シャフト倒してバンス出す→自分が回リこむ→胸を飛球線に並行にする:これで左リードとなり、方向性抜群、ソールもきれいに抜ける。ターゲット見てオープンに構えるだけだと、右手で掴まえにいくかんじになり、コンタクトミスしやすく、方向もばらつく。
  上記をキチンとすれば、LWはいらないかもしれない。

  SWの悪用:垂らしてさきっぽで振る。実に飛ばない(死に玉)。弾道は上記より低くなる。これもLWいらずか。

PINGLW:
  最MJで躊躇なく振れば、ダフるかんじできっちり30y高い玉。ランわずかで止まる。
  SWのオープン(前述)でカバーで代用できないことはないが、上げるのがとにかく簡単。
  1番MJの時は、しっかり右に置いて、胸を飛球線と平行にしないと振りぬきにくい。
@

チッパー類の使い方

・黒田君: ピンパターとまったく同様に構えられ、振れる。25度のロフトがあり、1mくらいのラフは簡単に越えられる。また、4~5鉄相当の立ったロフトなので、LBを打ちやすい。しかも方向性が正確。以上より、EP外ラフからの転がし、JCシーン、いっちょ噛み狙い、林からの脱出(下抜き)、裸地、濡れて硬い砂でHR厳禁シーンなど、チャンス&ピンチシーンからの切り抜けに有効と思う。

・丸君: 37度と8鉄なみロフトなのであるが、ウッド形状でHFしない・シャフトの効果?なのか、8鉄より上がりやすく感じる。50以下、とくになにげない30yくらいの寄せ!(頻度が多く、かえって緊張する)。G至近で草半分以上ボールにかかるや、ボールの背中に草。花道で芝が薄い~脆弱。

#要するに、技術的・メンタル的に、チャンス&ピンチのシーンを切り抜けるために使えそう。
#当然、パターやウエッジやアイアンなどで出来ることばかりだが(笑)・・・・上手い人は!
@

道場にて気づき

・MPは体を起こしたほうが(長くもつことになる)ライン見えやすい、スムーズに振り子しやすい。若干入りやすい。
・丸君、短い転がしは、1番長くもつとシャフトがヤワでヘナヘナする。通常に持つえらくしっくりする、しかも入る。
@

45度チッパー

45degtp3.jpg

ウッドタイプで45度だと、相当フェースは上向いてるべな~~
#好奇心には勝てん!(笑)
@

丸君と黒田君完成!


断面が円の長いグリップを装着してみた。これでルール上も問題なし!
カーマ Karma 19インチ ベリーロング パターグリップ (ブラック・ホワイト) ・・・・・なんと1本298円!!
丸君は、ディープフェースでラフに強そう。黒田君は、方向を出しやすく、LBで正確に狙いやすい。ほぼパターなので当然といえば当然。


丸君のロフトは37度(=8鉄)。Fで110(フェース面がヤワなのでよしたほうがいいW)、中もってハーフで50くらいに到達、自然な長さに持って、気持よく振れば30yくらいに到達。それ以下はOD設定だろうか。SWやLWに比べるとランが長め、当たり前。たぶん簡単な予感。黒田君もQQQで70くらい到達するようだが、パター形状でFに振るのは無理がある。方向も悪化するのでFはよくない。


丸君を構えると、こういう感じに見える。非常に安心感がある。

#丸君のほうが使いみちが広そうだが、黒田君の方向性の正確さや、上がらなさは脱出シーンでは強力だろう。
@

37度ウッド型チッパー感想

・道場で転がしただけだが・・・
・シャフトがホイッピー、シャフト色が派手(オレンジ)。
・グリップが細い
・想像以上にヘッドがでかい。ディープフェースである。
・黒田君より上がる。同ロフトの8鉄より上がりやすい。見た目ロフトも鉄より寝てるように感じる
・HBPWと同じくらい上がるように感じる。
・インパクトでちょっとソールが擦れる感じ
・黒田君のほうが方向が正確(当たりまえ)

<処置>
・グリップを太くて長いのに変える
・シャフトをEI70かスチールに変える

#黒田君より、Ep外のラフに強そう。
#丸っとしてるので丸君と命名
@

雨ゴルフのメリット

・罰を受けてる感じで、なんとなく罪悪感が少ない(笑)
・ウキウキしないので、落ち着くかんじ。
・忙しいので、雑念が湧きにくい
・FWや浅めラフはかえって抜けが良くなる
・ダフるとアウトなのでスイングの実践練習になる
・見失うと探すのが辛いので飛ばそうとしなくなる→飛ばし関連ミスがなくなる
・Gが止まりやすい
・砂が簡単

#スコアの観点からは、よいことずくめである!
(ほんとは晴れた日にラウンドしてみたい・・(T_T))
#7/5 今日は楽しい雨Rの予定だったが、長雨豪雨が続きGがダメそうなので昨日時点でキャンセルした!
@

とにかく体を開くのがダメ

・ゴルフは横に打っていくので、どうしてもターゲットの方を見たい。
・それでどうしてもインパクト通過時に、目、頭、肩が開いてしまう。
・肩が開くと、アウトインに上からカットに入ってしまう
・結果、ZK、SK、ひっかけ、スライス、なんでも出てしまう。

#ではどうすれば?

・尺骨軸使えるグリップ
・頂戴
・飛球線後方に左ハンドル(錯覚でアウトサイドに感じる@)
・ウネリ動作で切り返す(と、自然に後ろに開いて倒れる)
・下に向かって思い切り出し切る!
#これでインサイド→ダウンの軌道になり、フェースも返って裏拳になる。
(背中でターゲットを見ながら右下に振り下ろすような感じでちょうど良い)

##こういうことを、日常的に行い、レンジにおいても意識し、Rで活用する。
##昨年中頃から開始して、だんだん効果が現れつつあるところ。
@

チッパー類が流行らない理由(笑)

・要らないから(爆)
・14本ルールあるので、もしチッパー入れると他のクラブを抜かなかればならず、それだけの価値があるか疑わしい
かっこ悪い(これがたぶん最大の理由。普通の感覚のゴルファーは見栄張りだからな~)
キャデイさんが迷惑する
●真面目に書くと、チッパーははまるシーンでは便利だが、汎用性がない!のが困る。

#しかし、好奇心は抑えられない。還暦すぎても精神年齢は子供??
#あるいは、ボケで過去に失敗した歴史を忘れてしまっている?(笑)

よってチッパーを便利に使うには・・・

①他人の目を気にしない、またはダサかっこいいと思える性格が必要。
②番手がガラガラで本数に余裕があること(無理)
③お出かけセットは全部チッパー!など、キャデイさんにわかりやすくする
④2つ以上の使いみちを考えておく(笑)
@

25度チッパー(黒田君)





・1mくらいはラフを飛び越えるようだ。構えもスイングもパターそのもので振りやすい。
・ルールに適合させるため、断面が円いグリップに交換要する。
・関係ないけど、ピンタイプって構えやすい気がする・・(笑)
@

Gの”外しどころ”を考えるのは有効!

・今回、R寸前にトイレの個室で、各Hの落とし所を考えたのだが、確実にPON出来ないHでは、意味があると思った。
・ようするに寄せやすい場所なんであるが、これを考えることにより、実はその前のショットが決断しやすいのだ。
・この発想を、MPやLPでの1stパットでもするべきだな~と思った(無駄な3Pを回避するため)
@

HB3U→G25・7W?

・HB3Uは22度である。HS40未満の貧打者としては、ギリギリ。
・G25の4Wの好調(190~200)から、G25の7W(180~190)もイケるかもしれない。
・ラフがきつめだと、HB3Uを諦めてHB4U以下にしているが、7Wなら3Uよりラフに強いので180↑のラフでもイケルかもしれない。
・にうまこレンジでは、HB3Uのほうが絶対的に安定している。それで現状バッグには3Uが入っているのだが・・
@

HBDWの使い勝手

・HBDW(50)のポジションは、PWFの下の番手という設定である。
・狙いとしては、PWが100、DWが90であってほしいのだが、実際はDWは80くらいしか飛ばない
80は、PWH(胸の目)でカバー出来るが、体が起きるとひっかけてしまうので注意が必要。
・大変苦労して入手したDWではあるが、絶対必要というほどでもない。実際Rでは1R1回も出番がないことが多い。
・現在、お出かけセットは、PW、SW、LW、+PTである。以前はPWの代わりにDWを使っていたが、転がしの距離感が合わずミスが多く、お出かけセットには持ち出さなくなっている。
・登場場面は、残り100前後残すショットシーンの後で、誤差への対応に、DWを持ち出すくらいである。

#DWは絶対に必要か?というとそうでもない。よって、
#チッパーをバッグに入れる場合、ベンチ入りの筆頭はDWだろう。

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
Mr.Abedeath gave me syoball picture

"Dreaming syoball"

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する