>

Latest Entries

@

HB以外のクラブにはアナログ性を求める

・HBはデジタルに飛距離を決め打ちする道具だが、
・ドライバー、FW、ウエッジ、パターはアナログな柔軟性が必要。
・とくにパターは、アナログ作業の極みで、機械的ストロークではうまくいかない。
・それで、SSがごく狭い超敏感な竹君を採用している。
・以前、蜘蛛使っていたが、MP~LPで感性活かせないので廃止した。
・SPは蜘蛛が1番だと思うが、MP~LPの楽しみのほうが大事だと思う。
@

ビバ!・ハイボアシステム

・私のゴルフの安心感は、ハイボア・システムから来るものである。
・HB3U~HB6U、HB6鉄~HBDWの10本で、180~90の10段階を機械的に正確に打ち分けられる。
・しかも、それぞれにほとんど難易度のちがいはなく、単に担当距離が違うだけという感じ。これはほぼ同様システムのKP師匠もおっしゃっている。(KP師匠はHB3アイアンで3番~PW採用されている)
・弾道も高く、Gでしっかり止まる。弾道高いが、風にも強い。
・中空なので、SSが広く、かつワイドソールでダフリやラフに強い。
・フェースが薄いので、インパクト音はパキーンという薄っぺらいものだが、慣れればかえって気持ち良い。
・プロモデルアイアンのような操作性はないが、結果の安定性で十分にカバー出来る。
・欠点は、バッグの景色が初心者丸出しになることだが、そこは開きなおればどうてことはない。
・HBUTやアイアンを使ってると、ちょっとズルしてるように感じるほど有利である!
@

右ま下に叩き込んでも絶対ダフらない!理由

・まっすぐ飛球線後方にTBした時、右脚に体重が乗るがそのまま振り下ろすと右に倒れてしまうので、
・自動的に下半身は左に体重を移す
・すると左肩は上昇するのでグリップエンドも上昇する
・よって、いくらダフらせようとしても絶対にダフることはない!

・もし、インサイドにTBすると、右体重のまま振り下ろせるのでダフりやすい。

・上から入るからダフリにくい、下から入るからダフリやすいと考えがちだがそれは間違い。
・下から入ればダフるのは当たり前だが、上から入ればダフらないわけではない!むしろザックリしやすい。

#インパクト前に左体重であって、軌道はなるべく低く入り低く抜ける(レベル)ほうが合理的。
#要するに、大きくまっすぐTBして、右真下に向けてひっぱたけば全てうまくいく!
@

簡単なP&Rをちゃんとしたい!

①★三觜P式アプ★:普通のP&RでダフリもZKもしないために
②・ショットグリップする(パター式でなく)
③・HFでなく、シャフトをまっすぐ立てて構える
④・TBがGが先に動きヘッドは遅れてついていく
⑤・ダウンでもGが先に動くため、インパクトはHFになる
⑥・このため重力あってもダフらない
⑦・全体的にゆったりに見える(切り返しで遊びがあるから)
⑧・(恐怖がないため)ボールから目を離さないということができる。
⑨・結果、ヘッドアップもせず、うまくいく。
⑩●以上は、フルショットでも、ハーフショットでも同じ。


#昨日の羊Rで、DWT(DWによるP&R)はだいたい上手くいったが、1回EZシーンでSKしてダボ招いた
③④⑤は大事だが、肝心なインパクトで目を離すのはダメだと思った。
⑧は、目を離さないから恐怖がない→ちゃんとコントロール出来る、というべき。恐怖で目を離すのはあるが。

帰りがけの羊アプ場で復習すこしやってみた結果、DW(50度)で目を離さず③④⑤すると、低く飛び出してそこそこスピンがかかって転がりすぎが制御されるかんじがした。

本日朝の道場の実験では、TBを手で始めず、脚で上体を揺らしてきっかけを掴めば、自然とグリップにクラブヘッドが遅れた動きになり、インパクトでちゃんとHFになるようだ。つまり、フルショットと同じである。振り幅が小さいのでどいうしてもひょいと腕でTB開始してしまいやすいが、あえて下半身できっかけ作りをしたほうが、いいフィーリングになる!
@

基本的技術の安定が大事

・昨日、羊INで37だったが・・・
・ショット、寄せ、パットともにそこそこ安定していた。
・まずDは、三觜P式を遵守しているせいか、大きく左にミスすることがない安心感。しかも弾道高く飛ぶ。
・4Wも、三觜P式だと、しっかり打ち抜けてミート感が高く200y運べる。
・HB3U~6U、HB6鉄~DWでしっかりハシゴが出来ていてG狙いやすい。
・PINGのSWは、砂は藍ちゃんパパ方式で砂から出すのは簡単で安心感あり
・竹君は距離感そこそこ良く、OK取りやすい、SPも結構入る。
・DWによるP&Wも、1回SKした他は、三觜P式(前述)でだいたいうまくいった。
@

たんたんとなすべきことをして騒がない

昨日前半37だったが、特に高揚感もなく、落胆もなく、当たり前という感じだった。普通に冗談をいいながら、いつものようにRしただけ。ハーフターンの最初のHでダボになったが、EZな寄せをSK→転がしでPOV→2Pというもの。次のHはパーで、落ち着きをとりもどした。しかし後半ハーフは43といつもの凡庸なプレーに終わってしまい、80切れなかった。最後までスコアを計算しないように努めた。最終Hは、羊⑨でマイパー5なので、ボギーをしっかり確保して80だった。セカンドで冒険してもよかったかもしれない。しかし、80を切るのが問題ではなく、静かな心境でプレーするほうを選んだ。パーボギー半々だと81なので、81を切れれば十分。
@

DWTのSKを考える

・現場での反省では、”目を離した”と思う。
・ちゃんと、グリップにクラブヘッドが遅れて追従するようにしたのだが・・・
・肝心の目を離してしまった!
・グリップにヘッドが遅れて動く(インパクトでhHFになる)ミツハシPおすすめの方法はやったつもりだが・・・
・かえりのアプ場での実験では、この振り方で、ボールから目を離さないと、HFでロフトが立ってるため、DWでも低く出る。
・スピンも効いているようだ。最初から、この低い弾道をイメージするのがいいかも?
@

羊、INOUT 37→43(30)

羊、INOUT 37→43(30)、おしい!つか、前半良すぎ。
1バデ、1ダボ。あとはパーとボギー。

バデは(10)が入ってくれた、ダボはやさしい寄せでSK!(ToT)

#貴重品ロッカー番号は74をチョイス!。前半まさかの”37”でマミちゃん出現?(爆)
@

★三觜P式アプ★:普通のP&RでダフリもZKもしないために

・ショットグリップする(パター式でなく)
・HFでなく、シャフトをまっすぐ立てて構える
・TBがGが先に動きヘッドは遅れてついていく
・ダウンでもGが先に動くため、インパクトはHFになる
・このため重力あってもダフらない
・全体的にゆったりに見える(切り返しで遊びがあるから)
・(恐怖がないため)ボールから目を離さないということができる。
・結果、ヘッドアップもせず、うまくいく。

●以上は、フルショットでも、ハーフショットでも同じ。
@

SGの整理(分類・考え方)

1)パター系:パターグリップ:横にごく短距離スライドするだけなのでダフリにくい
  A)パターによる
  B)パター以外による転がし

2)ショット系:ショットグリップ:重力の影響受けるのでダフリやすいが、切り返しでGが先行してHFになるのでダフらない!
  C)ロング・ショット
    i)L→I(出しきるリリース)
  D)寄せ・・・小さいスイングになるが、パター式はNG。重力の影響があるため。
    i) L→I(出しきるリリース):
   ii) L→L(フリップ動作):バンカー&ロブ

#ゴルフショットの基本は、出しきるリリース。フルでも小さいP&Rでも同じ!
@

SGでも体幹の動きを使うべし

目から鱗。
アドレスでガチガチにしても、実際は重力が関わるのでダフってしまうのだ!

三觜P動画
@

Gの取りこぼしをパーにできればなあ・・・

・HB軍団で、PON狙えるが、取りこぼしのカバーが若干問題。
・転がし系は自信があるが、簡単なP&Wがイマダシの感あり。
・PON取りこぼしても、P&WでY1Pとれれば簡単にパープレーできそう。
・DWの徹底訓練だな!
@

HB8鉄

<<HB8鉄>>

・8R:まだ、脚の長さに慣れていないのでOVしやすいが、オペレーション自体は不安感なし。たぶん室内反復練習のたまものだろう。
・8F:120でOK。無問題。
@

SWとDW

<<SW>>

・30~50のハーフショットがSKぎみに右にそれるミスが目立った。
・インパクトで減速したような感触。びびっている?
・HFがキツイのかも。
・また、ボールの左ほっぺを打ち抜くイメージが必要。
・砂は藍ちゃんパパ方式で問題なし(はっきりハンドレイト)

<<DW>>

・KP師匠がおっしゃるように、身体ごと押し込むような打ち方がいいかも
(腕ふりだけだと、不安定)
・メカニカルには、HFがきつすぎるかも。TGなどの実験では、まっすぐシャフトのほうが良いインパクト感触。
・左ほっぺを打ちぬくほうが確実だろう
・DWRの成績は良い。これは反復室内練習が効いていると思われる。
・P&Rの室内練習メニューを昨晩から導入した。
@

ユソ(指測距)確認

右示指。


上から歩数で
60、50、40、30、25、20

指毛は25歩

#ユソで、ピンまでの距離はわかる。EPまでの距離はナビでわかる。この2つで、EPからピンまでの距離を現場で測定できる。
#それを参考に、手前のハザードやラフなどの存在を考えて寄せる方法を選ぶ。
@

HBUT右傾向?

・左に行くよりはずっとマシだが・・・
・ドラよりはアークが立つので、まっすぐ引く意識はいらず、丸く振るでOK?
・あるいは、スイング一定で、玉位置をもう少し外に置く?
@

なんだか気楽な気分

・昨日の羊Rにおける、ダボ・トリは、実にバカバカしいミス(やみくもに飛ばしすぎ、パター忘れなど)によるものであって、普通に真面目にやれば当然回避できた類。
・その他の16ホールズは、ショットが安定していて、実に簡単な感じがした。
・SWの寄せがSKしたりは、もともとそんなもんでしかたがない。
・転がし・パターの距離感は残っている。
・欲張らず、たんたんとプレーすれば、今年はすいすいいけちゃうような気がする!
●肝は、道具を変えないことだな!!(笑)
@

ねじり戻し

・ゴムじゃあるまいし、ねじった分、パワーが溜まってダウンスイングで放出される・・・ワケないじゃん!
・・・と思っていたが・・・どうも、武術的身体操作の本を読むと、捻りの意味はちゃんとあって・・
・捻ったポジションから、ねじれにそって正しく捻り戻していくことで、末梢に大きな力が伝わる・・・らしい。??
・別に捻ったゴムみたいな意味じゃなくて、捻った位置から(中心から末梢に)正しく戻していくことで、身体中の筋肉の力を総動員させることになるらしい??
・こういうメカニズムというか原理が、小柄な達人が大男を投げ飛ばすことに関係しているらしい??
●ゴルフに使えないか?と、スケベ根性をもってしまう(笑)
@

今シーズンはこれかな?

1W: G25
4W: G25
3U~6U: ハイボアハイブリッド
6鉄~GW: ハイボアアイアン
SW: PING
PT: 竹君
BALL: B330S

#って、去年とおんなじじゃん(笑)
@

TGで不安感が少ないのは快適!

・これまで、いろいろ姑息な工夫をしてきたが、どれもTGで一抹の不安感があった。
・FW近辺に運ぶために、バントしてみたり、へそから生えてみたり(笑)。クラブを長くしてみたり、飛ぶと噂のクラブをとっかえひっかえしたり、リシャフトしたり・・・どれもソコソコ意味があるのかもしれないが、万が一の大ミスの予感から、正直、完全に思い切り振れるということはなかったのだ。
・思い切り振って、結果が安全なら、安心してひっぱたけるので好循環である。
・具体的には、右下1/4の勝負である。重力としなりもどりのパワーを100%引き出す!感じ。
vlcsnap-error561.pngレンジでのフィーリングそのままである!(インパクトの時に景色は意識になく、右下1/4に集中している、つまりいかに下に向かってひっぱたくか?である。方向はアドレスのエイミングで決まってしまう!)

・右に少しふけることはあるが大スライスにはならず、思い切りさばいても左にきつく曲がるミスは出ない。
・インパクト音は硬質で、弾道が高い!(逆しなりのインパクトでロフト↑?)。距離も十分出る。飛ばし屋のHせさんをしばしば凌駕!しなり
・三觜ドリル(くねくねと真下空手パンチと素振り)が効いていると思う。この冬、朝晩欠かさずやっていた。
@

道具別感想

昨日の羊、
ドライバーを重力としなりでひっぱたける、しかも左ミスしにくい、安心感がたまらない。

三觜式。

HBUT達は、丸く振ってレベルのほうが簡単かも。グリーンを狙う安心感がたまらない。

ピンSW: 砂は藍ちゃんパパ方式で脱出は無問題。G回りからの簡単なP&RでSKぎみのミス出やすい。テウチ?
HBDW: SWよりはP&Rマシ。HFすぎるとダメか。
HB8R: ランの長さをイメージ出来るようになれば使えるはず。
竹君: ダボオンでもなんとかボギーにできそうな信頼感がある。1回蜘蛛を借りたが懲りた。蜘蛛だと、構造上ワイプ感が出せない→私スタイルの距離感を活かせない。
@

H30/04/19 羊アウトイン4540(32)

放課後、Hせさんとセルフで2サム。16〜11度と温かいシーズンスタート。
アウト45(17)、イン40(15)
G25(1W・4W)、HB3U〜6U、HB6鉄〜DW、ピンSW、竹くん、B330S、エルニーニョ。

⑥でダボ、⑨でトリ、⑬でバデ、あとはパーとボギーが半々くらい。

⑥のダボは、D@@で4Wが飛びすぎて右砂の大木が邪魔&砂超えのDW寄せでGOV。返しの8RもGOV。SP排卵でダボ。
#つまり、無意味にD→4Wで飛ばし過ぎが原因!

⑨(SG)のトリは、r170の4Uがスライス、SW50がSKぎみ、パター運び忘れで、Hせさんの蜘蛛を使ってみた(大OV!)
#4Uが想像以上にスライスして、前の組に当たりそうだった!・・・・もちろん⑩〜⑪でお詫びに行った。

⑬のバデは、Dが右ふけたが、前上がりライから6U@@で、下り(10)を沈めて今シーズン初バデ!となった。

#飛球線後方に投げ捨てるようなドライバースイングは、左に大きくミスしにくく、むしろややフェードの大玉になりやすく、安心感があった。つまり、冬場、道場でやっていた素振りが生きている!と感じた。シャフトの逆しなりのせいか?弾道が非常に高く飛ぶ。右フケはあるが、しっかり振れば振るほどまっすぐ行きやすいのは、左にひやひやしながらバントするよりも遥かに安心感があり、かつよく飛ぶ。
#HBUT、HBアイアンは実に簡単で楽しかった。
#お出かけセットは、HB8鉄、HBDW、PINGのSWとしたが、特にSWのミスが目立った。SWはガツンと使うシーンのほうがマッチ。砂は2回(⑯右砂と⑱右砂)入ったが、藍ちゃんパパ方式で出すのは簡単だった。
#10〜15歩の距離感は1冬経過してもなんとなく残っていた!。18歩もOKまで寄った!

##やはり冬季は、外レンジ練習は不必要!とわかった。室内で素振りしてれば十分
@

思い切り打ち抜くことの中身

・重力は”落ちる”ことで引き出す(自分、腕、クラブ)
・腕力は、重力の向かう方向(つまり下)に使う
・逆テコ、逆しなり、フェースローテーションなどの構造的加速恩恵はもれなく活用
・低く、長いインパクト
#少ない筋力・努力で、最大限の運動エネルギーをボールに伝える。
@

冬の打球練習は無駄?

これは昨年開幕前の動画である。プレーンをなぞっているだけで、全然振れていない!。上腕~上体のリキミ感が強い!


こちらは、今年の開幕前の動画である。弱々しいくねくねした動きだが、あきらかに昨年同じことよりもヘッドは振れている。


一昨年~昨年のオフは、週3回外で打球練習した!(月4500発!)。昨年~今のオフはほぼ全く外練習していない。昨年末から次々病気が発症したからだが、かえってスイングは良くなっている。冬場の外練習はつらいだけで意味がない!と判明した。
@

いい具合に弱ってきたので(笑)・・・

・老化と病気、筋力の低下などで、すっかり弱まってきた。
・これは、むしろスイングを磨くチャンスといえるだろう。
・2日おきにトレッドミルで歩いているがこれは続けたほうが健康の観点から望ましい。
・しかし、スクワットなどは膝を痛めるのでやらない。
・スイングに関して、昔から憧れているのは、思い切り振れば振ってもミスしないという点である。思い切り打ち抜く!その思い切り!が悪影響しないスイングでありたい。
・筋力でなくて、重力をフル活用したい。
@

インパクト時のフォーム

vlcsnap-error561.png

身体の開きはほぼ無い。BTBもOK。逆しなりOK。
一冬、ほとんど打球練習していない。道場におけるバット&コアスイング素振りだけ。
素振りは、毎日朝晩実行。
素振り練習で気をつけていたのは、まっすぐ~ややアウトサイドにTBして、後ろに落として捌く動作。
全体にくねくねした動き。
単純な回転運動では、エネルギーが逃げてしまい、身体が開いてしまうのだ。
@

2018開幕前スイング



@

にうまこ、420発練習メモ

・たしかに、アウトサイドにTBするほうがひっかけにくい。
・90分打ち続けると、さすがに飽きる(笑)
@

インサイドにテークバックすると左に行くのはフックするからでなくて引っ掛け。

・インサイドにTBすると、インサイドアウトのインパクトになるからフックする・・・と思いがちだが、実際はそんな結構なものじゃなくて・・・・・

・インサイドにTBすると、反作用でアウトサイドイン軌道になって引っかけるのだ!(~_~)。症状としては、左に低く飛ぶ玉が多くなる。右肩が上から突っ込んでいく形になる・・・・私だ!(笑)

・TBは、の字のように、まっすぐよりアウトサイドに動いていくほうがベター。の字はダメよ。
@

三觜Pの説得力の源

重力の影響を必ず受ける
・ゴルフは、作用反作用が必ず起こる

#このため、上からまっすぐ当てようと思えば思うほど失敗する。
例:高いトップからクラブを立てて降ろせ!的な俗説が流布しがち。
@

右肩のつっこみはパターで分かる!

・目線もどしの練習を道場で朝晩やってるわけだが・・
・設定したラインにきれいに乗せるには・・・
・フォローで狙うと左に逸れやすい(ひっかける)
・インパクトでラインに直角に当たればきれいに乗りやすい。わずかに右に逸れることもある(右フケ)
・これは、ショットにも応用できるのでは?と思っていたが、昨日のにうまこにおける打球練習では確からしい!
・スライスや右フケを嫌がって捕まえにいくのが最悪。伸びがないし左に曲がる。
・フォローサイドで捕まえにいかなくても、トップをぐっと押し込むだけで右フケや大スライスはコントロールされてフェードになる。レンジボールなので、ややフェードというのはむしろ好ましい。
・三觜Pの直線的スイングになってない(回転スイングのままだ)から、TBの押し込みが必要なのかもしれないが・・・??
・レンジのショットでNSのフィーリングは、道場のナイスパットとなんら変わりがない!
#以上より、道場における、MPの目線もどし練習と、三觜Pダンスは有効と思われる。
@

ひさしぶりの打球練習@にうまこ

1時間うちほ、約210発。

・ミツハシ式は有効。TOPでさらに押し込むほうが良い。
・全体にスライスしやすいが、このほうが良い。

・まったくひと冬打ってないわりには、飛距離はおちていない。
・むしろ、PWなどはキャリーで100飛ぶので伸びている??

・羊の仮想Rをした。
・6鉄のLB
・SGの練習

#冬場は無理して外レンジで頑張る必要はない!と証明されたような気がする。
#Rしてみないと実際のところはわからないが・・・
@

BPPV

2W前発症のBPPVがまだ完治していない。
@

googleの漢字手書き入力は糞である

一方、MS-IMEの漢字手書き入力はすぱっと決まる。
なんでもgoogleがいいと思ったらおおまちがいだな!
@

WIN10 消えたIME言語バーを表示させる方法

スタートボタンをクリック
Wの項目にある「windows システム ツール」をクリック
コントロールパネルをクリック
「時計、言語、および地域」を左クリックする。
「言語」を左クリックする。
★★左にある「詳細設定」を左クリックする。
「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェックを入れる。
「保存」を左クリックする。
★★保存がグレーになっている場合は、一旦チェックを外して再度チェック入れると良い!
@

オフ入り前の記事再掲

そろそろオフ入りだが、大体の方向は見えた
・まず、道具を変えない!。このことで道具別の習熟度が上がり、安定し、スコープが小さくなる。
・現在のセット:G25D、G25の4W、HB3U~6U、HB6鉄~DW、PINGSW、竹君、BSボール。
・前日や当日、R前に過度に打ちすぎない。自覚しない筋疲労でスピードが下がる。打球はR後が良い。
・スタート数Hは、身体が固く、フックしやすい(とくに寒冷期)。MJなど対策を要する。
・日常の隙間練習は続ける(道場練習、素振りなど)。
・お出かけセットは、PINGSW、HBDW、HB8鉄とする。日々の室内練習でも、パターも含め、同じものを使う。


#今、開幕前だが、ほぼ、上記の気持ちでオフを過ごした。まったく打球練習していないが、ほぼ毎日、道場でSGの練習と素振り(バット+コアスイング)はやっている。
#オフ中、ぎっくり首、喘息、不整脈、高血圧、バネ指手術、目眩と病気が次々襲ってきたが、それぞれ対処してそこそこ安定している。もう、以前のようには、無理・無茶は出来ないのだ。
#今後は、本格的にUGG路線に向かうのがベターだろう。
@

読み返してみると

・あまりに濃密で驚いてしまう(笑)
・私のようなウンチとしては、十分な成績を出していたように思う。
・3月以上ゴルフと離れていたので、なにかゴルフが他人事のような感じがする。
・たかがゴルフである。そんなに汲々とする必要はないのだ。
・今年期待してるのは、欲が削げてかえって上手くいくんでないか?ということ。
・喘息や目眩など、身体も病気で弱まり、無理もできない。
・道具もいじらなければ、余計な調整もいらない。
・案外、よかったりして?・・・・ダメでもともと。
@

トップで伸び上がる理由

・スイングモデルが回転イメージのため、インサイドにTBするから。
・こうすると、きりかえし前に十分なヘッドの位置エネルギーが貯まらないので、本能的に腕を持ち上がる。
・その結果、アウトサイドインの袈裟斬りになり、インパクトでひっかけるかスライスする。

・むしろ、まっすぐ直線的にTBしてやれば(アウトサイドに上げるような感覚)・・・早期に腕とからだは離れ、切り返し前には十分なヘッド高さがあり、
・TBでは身体から離れるので、切り返しでは背中の方に落ちやすい。よってインサイドアウト軌道になり、ひっかけることがなくなる。
@

ゴルフの楽しみ

・うまくいきそうでうまくいかない。このことにつきる。
・いろいろ工夫すると、ちょっとよくなることがあって、大げさに嬉しがる。
・確実にダメだなという方法を廃止することで、ちょっとよくなることもあって、こちらも微妙に嬉しい。
・同じ様なゴルファーがいることが嬉しい。
@

道具を変えないということ

・そろそろ、道具を変えなくてもいいんでないか?
・スコアを考えると道具は固定のほうが良い(スコープが固定するので)。
・しかし、もうちょっとなんとかなるんでは?と淡い期待で道具を変えるのもワクワクする楽しみである
・その楽しみも充分味わってきたしな~

・HBアイアンに至っては、3度目の本妻採用?だ。(HBアイアンは計4セット購入、2セット売却)
・SWは、果てしない遍歴の末、PINGSW(56ES)が完璧!だと思う(2本あり)
・PTは、竹くんが最高に感覚出せると思う(2本あり)
・DやFWは、G25のオリジナルシャフトで文句なしだ。(Dは、G25は3本目。先の2本売却。G30も使ったが売却)(FWは、過去さんざんいろんなFWをとっかえひっかえしたが、G25が最高だと思う)
・UTは、HB3U~6Uを愛用中、アイアンのようにG狙える。文句なし。
・ボールは、BSの330Sを採用中。風に強い!。(ところが敢え無く製造終了!ぷんすか!)

#PINGSW、HB8鉄、HBDW、パター(竹君)、ボールは、バッグと道場にまったく同じものを置いてある!(笑)。これは、リアルで練習効果を増大させるためだが、道具を変えないほうが有利という考え方と通じると思う。
@

デカヘッドDとハイボアで作るゴルフ簡単セット!

・デカヘッドDがドライバーを簡単にしてから大分経過した。Dは紆余曲折したが、結局・・・
・深低重心、長重心距離のPING G25D(9.5度)を愛用中(女子P向けでランも出る)。これで捉まりすぎを回避している。
・3Wは打力不足で使えない。G25の4Wを採用。これもD同様、EZかつ捉まりすぎない安心感がある。
・G25の7Wも良いクラブだが、HB3Uで足りるので現在バッグから抜いている・
・G25の4Wの下は、HBが10本である。HB3U~6U、HB6鉄~DW。180~80を10yごとの階段可能。
・HBは、上4本がUT・下6本がアイアンであるが、デザインは共通で見た目はまさに全部UTである。
・つまり、1W、4W、UT*10、SW、PTという構成である。アイアン0本!とも言える(笑)
・大昔、PRGRが赤たらこを出したころからUTが好きで、だんだんUT番手が増えてしまった。
・かつて、あらゆるUT(ハイブリッド)を試したが、結局、出っ歯のHBUTがベスト・オブ・UTとだと思う。(最近のは知らん)
・30度以上のUTはなかなか入手しがたく、形状がUTのHBアイアンを採用した。HBUTとの相性は当然完璧。
・HBアイアンを3番から採用しているKP師匠は、私よりさらに徹底しているな。私はHBの5鉄以上はグースが強くて苦手。
・普通のかっこいいアイアンに何度も浮気しては、HBアイアンに戻ってきてしまう・・・HBUTは浮気してない・・・。
・HBUTやHBアイアンに慣れると、ダウンブローに打てなくなってくる。
・HBをダウンブローに打つとミスしか出ない、しだいにレベルブローなスイングしか出来なくなっていく。
・HBはラフや風には強いが、デボや傾斜には弱い。簡単な道具だが、使いこなしと慣れが必要。
・それ以上に、バッグの景色が初心者丸出しし風?になるのを面白がれる諧謔精神が必要。
mybag.jpg写真はKB師匠HPより拝借
・アイアンは本来、グリーンを狙う道具である。老化で打力が減ってくると、ミドルアイアン~長い番手で玉を上げられなくなり、アイアンの本来の目的であるグリーンONがままならなくなってしまう。HS40切ると、30度ロフトのアイアンでは上がらなくなると言われている。30度といえば、6~7番あたりだ。つまり、普通のオジサンがまともに使えるアイアンは7番が限度ということになる。
・HBUTやHBアイアンは、そこ(30度ロフト以下のミドル~ロングアイアン領域)を実用に足るようにカバーしてくれる。HSわずかに38しかないのに、180y先のグリーンにON出来る。
・PINGSWは、真ん中が凹んだダブルソールで、とにかく砂が簡単。硬い砂でもOK。
・竹君は、例外で簡単とは言えないが、敏感で距離の調節しやすい。

#ただし、HBUTやHBアイアンは、自分このみのカーボンシャフトにリシャフトしてある。
@

がああん!

ファイターズが札幌南区に来ないことが決定されてしまった!
これで、札幌南区の衰退は決まったようなものだな(T_T)
ファイターズが来るのを反対した南区住民の責任は重いと思うぞ!
@

直線TBといっても

ひょいと上げるとテアゲになってパワーが貯まらないので、ゆっくりめに低く長く引くといいような。つか、低く長く引くと、手アゲでひょい!とアゲられないのでそれなりにゆっくりになるというか。
三觜Pは左ハンドルと表現するが、インサイドに引く(×)と左ハンドルにならない、まっすぐ低く引くと左腕が曲がらず左ハンドルと同じになるはず。みつはしPは、高くTBしろとは言ってない。ちゃんとTBするとキツイ!と言っている。まっすぐTBしろとは言ってるが、ひょい!とかつぎ上げろとは言ってない。TBですぐキツクなるほうが、たぶん正しいに違いない。

ひょい!と高く上げると、左肘が曲がり、クラブは高く上がるが体にパワーが蓄えられず、胸の目を使う時間的余裕がなくなってしまう。よって、ひょい!と上げると、アウトサイドインの大根切りしかできなくなり、ひっかけてしまうのだ!

低く長くまっすぐ引くと、クラブは高くは上がらないが左肘も曲がらず、体にパワーが蓄えられ、胸の目を使う時間的余裕が出来る。胸の目を使うということは、インパクトでアウトサイドインにならないので、ドローやフックにはなっても、ひっかけにはならないのだ。
@

卓球やってみたが

やはり、フォローで不必要に右肩が突っ込むのは、私のゴルフスイングと共通だった。
@

TBが浅い時にひっかかるのは、回転スイングだからだ!

・直線的に振れていれば、TBが浅いからひっかかるということは起きないはずだ。
・なぜなら、直線的スイングでは、背中の方に振っていくので、腰や肩が開かないからだ
・TBが浅いとひっかかるのは、回転イメージのスイングだからである。
・回転イメージのスイングでは、TBが浅いと、本能的にエネルギー不足を感じて、右上体でぶんなぐりにいく。だから腰や肩が開いてひっかける。
・あるいは、回転イメージのスイングでは、インサイドにTBしやすく、トップが低くてエネルギーの蓄積がないのを本能的に感じて、腕で持ち上げる。この為、インパクトはアウトサイドインになってひっかける。あるいは、インサイドに引きすぎるから反作用でアウトサイド軌道になるとも言える。
・直線的スイングでは、まっすぐTBするのであるが、自分との関係ではややアウトサイドに上がり、反作用で背中側に落ち、フォワードスイングはさらにその反作用でインサイドアウトの軌道になる。三觜Pの言葉でいうと、左ハンドル、右ハンドル、左ハンドルだ。
・回転系スイングでは、TBで右ハンドル、フォワードスイングでで左ハンドルになるわけだ。どうしても左に行きやすいのだ。
@

Information about this BLOG

Would you visit to "Hello Talk"?
It is smart-phone APP.
My nickname is "syoball" in there.
I have changed my show up stage from here to there.


#GOOD BYE !#
@

family conversation

I have taken mistake to cook rolled egg.
My daughter said yo me,'You should go to cooking scholl to learn basic menu', and my wife said,'Why don't you cook as same as I do? '
My daughter has learned cooking in shool, My wife has started cooking from long long time ago.
They are good at cooking, but I am learning it for fun.
@

running machine

I use running machine every other day. It takes 40 minutes. It is very boaring time, so I decided to listen English audio source.
Why I don't watch TV?
TV is not just front of running machine, so I can't run safely on the belt.
I am old enough.(ToT)
@

More and more extensive reading

Why my English is poor?
Input amount of English is too poor.
I am living in Japan, and I am busy old man.
I use Japanese for 365days a year,every day!
From morning to night,English is no need actually.
I should increase input amount of English.
What is the way?
More and more extensive reading must be necessary.
@

Used book

Used book would have some hand-writed-words and underlines.
They always annoy me.
Thay disuturb a natural flow of meaninngs, I think.
@

no language

If no language exist in the world, what happen?

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
Mr.Abedeath gave me syoball picture

"Dreaming syoball"

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する