>

Entries

@

パー以内の理由

P3でパー以内なのは、運が良いからであるP4でパー以内なのは、運が良いからであるP5でパー以内なのは、運が良いからである#どんなHでも、運が悪ければパー以内では上がれない。当たり前#私は運が悪いのでパー以内で上がれないのが当然#ただし、天気運は今年抜群に良い!...
@

叩く理由

P3で叩くのは・・・頭が悪いからであるP4で叩くのは・・・頭が悪いからであるP5で叩くのは・・・頭が悪いからである頭を使えば、どんなホールで叩くわけがない。...
@

飛距離や道具はもう充分。ではスコアに凝ってみよかな!?

・どこまでスコアを削減できるか?・という、当たり前に挑戦開始(笑)...
@

昨日のRで、良かった点

・天気が良い!。R終了後雨がきた。天気運ばっちり。運がいいのは大事なことだ。・Dが飛ぶ、たいていゼブラ超えちゃう。自分史上、最もコンスタントに飛んでいる。気分い~~~。・新作FWの仕上がりがバッチリ。道具がいいのも大事なことだ。・叩いても笑い飛ばせて、全然凹まなかったこと(楽しくて良い!)。・バンカーにやたら入ったが、全部うまく出せた!。・難関:中①~④を+1で通過(めったにない。これでオダったのかも)...
@

中⑤⑦の2Hだけで+7!反省・・・

中⑤592L +3 6/2 (臥龍ロング)D@@、3W@@、左下がりFWから5U:X右ラフ、SWクロトウ:X:チャックリでGST、SWクロトウ:XX:2度打ち!、2Pで+3!!#昨日クロさんに習ったばかりのSWクロトウが2回連続で失敗してしまった!・・・大ショック!!#原因は振り幅が小さい、下から入っているからであるが、ロクに練習していないので上手くいくほうがオカシイのであった・・・#原理的には、クロトウはなんら問題はないは...
@

自分を見張れ

・環境がよくても叩くのは、自分に問題があるからだ・愚かな考えをしないか、行動をしないか、常に見張るべきだ。・レバタラを、チョイスの前に行えば、必ず改善する(KKST)・それくらい、R中は愚かになりやすいのだ。そういうものだ。...
@

5つのダボをしつこく反省する

④3、198 +2 2/3 (185)5W右砂、砂@、MP排卵でダボ。#TSの右逸れは左砂警戒しすぎか#ボケ56:砂は藍ちゃんパパ方式で@。ゆったり大きくを心がけた@↑AD5Wはドロー弱めで右砂IN!。まっすぐG狙ったほうが良かったかも。⑧5、526 +2 5/2 Ag+、アゲなので、D:LBで右Fc(十分距離ゲイン出来た)。前上がりで左上がりのライから3W左ラフ(想定範囲)、5W:X:テンプラ(上から打ち込みすぎ)、r70:DWH:左ラフ、...
@

やはりOV系のミスがスコアに響くね

とくにGに近づいてからのGOVは、難しいアプを残したりして、ダボ~大叩きに直結。Gの遠くから長い物をトップしてもほとんど怪我がない。Gの遠くからの場合は、大フック・スライス・逆玉など。近くからのOV・・・・これは即ち、ショートアイアンやウエッジのトップミス!である現在、HBアイアンを使っているので、ソールが広く、地面のハジキが強い。最下点の前で地面に当たると、トップしやすい。とくに左上がりでは、TBで右にズレ...
@

そうかなあ

いやいや、バデは事故だろ~?(この漫画の趣旨は、アマのコースはセッティングがEZで、プロのバデとは異なるということだが・・・その分アマは下手だがらな~!)...
@

タラレバを役立てるには

・R後のタラレバは見苦しい・聞き苦しい限りであるが・次のRでKKST(後悔先に立てる)できれば、立派な経験値になる。・KKSTとは、危機回避能力である・危機は、自分と敵(コース・ライなど)の評価不全から生じる。・このブログもタラレバの塊みたいなものである・・・少しは未来のプレーの役にたって欲しいところだが・・・いざ、Rになると、一気に愚鈍になってしまう。・そしてあいかわらず、タラレバが増えるだけ。完全に分か...
@

スコアメークとメンタルワーク

・バデのがしのパーの連続(EPP)なら楽ちんでいいが、非現実である。・パー逃しのボギーの連続(EBP)は可能である。達成スコアは72~90のどこか。MPが1Pで入ったり、SP残しに寄ったりすることもあるので、大抵は85前後におちつく。・だから、アベレージ的には、EBPプレーで合格である。・EBPプレーをめざしていて90こえちゃうのは、ダボトリの数が増える場合。・1番多いダボは、ボギーオンで3Pしてしまう場合。いわゆ...
@

4無主義

・飛ばさない、乗せない、寄せない、入れないである。・これがゴルフの大事なんであるが、初心者には何のことか分からない(私もR中分からなくなる・W)・飛ぶ、乗る、寄る、入るなら結構である。そういう人は世界で数人にすぎない。マキロイとかね。・何が違うか?・・・要するに、ヒトは、未来を作れないということなのだ。・飛びやすいように、乗るように、寄る様に、入る様にお膳立てすることは可能だ。・それがEBPである。(...
@

①90を超えてしまう理由、②80を切れない理由

①90を超えてしまう理由 オールボギーで90なのだから、ダボ以上が多すぎるのである。ダボの数だけパーがくればいいのであるが、基本はボギーなので、なかなかそうはいかない。まれにバデもあるが事故的現象にすぎず、期待できない。ダボ回避のためにEBPがあり、EBPに徹すれば90を超えることはまずない。たまにワンパットで入ることもあるから、90から1~9打凹んで、89~81で収まる。EBPとは、EZ ボギー パットの略...
@

Y1を増やして取りこぼしを減らせば80は切れる!

残り距離基準のチョイス。F=フル、H=腕ハーフ、N=腕斜め、R=転がし(P&R)。フック転がしは被せる、ロブはシャフト立てる。お出かけセット:HBPW、HBDW、ボケ56。竹くんはキャデイが持ってくる。100:PWF(胸の目)90:DWF(胸の目)80:HBPWH(胸の目)70:HBDWH(胸の目)60:HBDWN(ボールの左ほっぺ)50:SWN(ボールの左ほっぺ)40~30:SWN+開く。オープンスタンスでTB減らす。30以下は、PWRかDWR...
@

柳の下の2匹めのどぜうを掴め!

・昨日は、終始強風で翻弄され体感温度の低い超高難度プレーだったが、粘って良いスコアが出た。・今後、本格シーズンを迎え、気候もだんだんと温暖化しプレーしやすくなるのだが・・・却って欲まみれのマミちゃんになって?あるいは浮かれて?無意味に叩く傾向を何がなんでも改善したい。・暖かろうが、晴れていようが、いささかも油断せず地道にプレーしていけば、かならず80は切れるはずだ!・だいたい、この半年の練習は有効...
@

シンプルゴルフ

○ドローでティーショットを打ち○グリーン手前またはギリギリにオン○ソコソコ寄せて○入ればパー○入らなければボギーそんなに難しいことではないのだ。 #フェード〜スライスが自由にできる人って、Rが楽だろうな〜〜って心底思う。...
@

へぼのゴルフはドライバー肝心

・なんだかんだ言っても、ドライバーがそこそこセカンド打てるとこにあれば、パーやボギーで収まりやすい。・G手前のハザードは、短いクラブのほうが確実に超えやすい。・よって、ドライバーの距離が出たほうが、安全にパーオンしやすい。当たり前だ。・ドライバーが飛ばなくても、SGきっちりやれば寄せワンパーは取れなくはない。・しかし、SPは運まかせなので、パーオンしたほうが、2パット出来るぶんだけ有利である。・どんな...
@

次の羊Rの方針

・まだウンチライだろうから、SWN、AWNは避けて、AWRや転がしを多用する。・長く残るP4の2打目も、ライが良ければLUしないでGに近づける。・LUは、KKSTや1DKJの時に行う。・すべてのショットでKKSTを励行する。・Dは飛ばそうとしないが、正しくセットアップしたら迷わずしっかり振り切る!・構えで違和感ある時は、かならず仕切り直す。・SPはスパットを通すだけに集中。...
@

今回Rで、もっとも後悔すべきレバタラ・・

⑭4、390 +3 6/1 D○(さっそくTU高めにした)、結果はドローでr178yのFWキープ。200切っており、P+P作戦にはハマらないので、2Uチョイス。結果捕まったLBでランが多く、左EP外ラフへ(寄せ苦手ゾーン!)。r30:SWN:X、GOVして敢え無くOB!。SWRもGOV、AWR○、SPは集中してねじ込んだ。4ON1パット+OBでトリプル。↑仮想ではLUの予定(PW+PW)を、2UでG狙いにいった。これはあまり後悔してない。178yから、打...
@

今回の羊Rによる、LUに関する考察

・リスクとベネフィットを天秤にかけて考えるのが前提。・つまり、KKSTの精神が先にあるべしだ。・あらかじめ機械的にこういう時はLUというものでもない・残り距離だけでは、100%判断できない。・ターゲットのスコープも大事だが、今現在のボールのライ、GONショットのライはもっと重要。・今回も、GONショットのウンチライに阻まれて、LUが失敗した。③のP3と、⑨のP4。・薄芝(ウンチライ)の季節は、変にLUしないほうが良いと...
@

正しいKKSTの作法(W)

①絶対ダメなのは何か?→想像でそのダメをやってみる→ブルブルガクガク。②絶対実現させるのは何か?→何をすればいいか?→徹底実行。マイウー。...
@

実際のRでフィードバックしていく

・感覚遮断の影響、ライ不良、気温の低さなどによって、まんべんなくミスしている。・これらを、根気よく対策していくこと。・道具や方法論を変えないこと。・体調管理に気遣うこと、故障避けること・KKST & 1DKJの精神を忘れない・EBPでアベレージプレーを確保する。#以上でスコアがよくならないはずはない!が#よくならなくても安易に諦めないこと!...
@

ダボ以上・レバタラ・雑感

⑩M(332)+2 3/3 D@FW、6U:144@EP、テキサス(12)POV+、下り(5)を3Pでダボスタート。#静かにボギースタートしたかったが・・・練習GよりもGが速く、ついテキサスを(5)OVさせてしまった。さすがに初日でいきなりMPは入らず3P。だんだん慣れて距離感をもどすしかない。データの蓄積を意味あるものとするにはホームコースに戻ってからだな!#Dは、冬場練習したようにはぴゅっと振れず。レンジならぬR画面に萎縮し...
@

結局、たよりになるのは

・即死ミスを感じ取ることと、それを大胆に回避する決断だ・自分の出来るとの把握が充分であること、出来ることだけでやりきること・自分の道具の性能を熟知していること、自分の道具の使用に習熟していること。・四無主義。飛ばさない・乗せない・寄せない・入れない。・偶然飛ぶ、偶然乗る、偶然寄る、偶然入るにすぎない。・大抵は、飛ばない、乗らない、寄らない、入らないのがゴルフ。・ゴルフは運と結果だけである。しかも運...
@

体力(なし)や技術(へぼ)でなく、セルフコントロール力で勝負する!

・体力・筋力は下り坂。故障も心配だ。・バランス能力・目の立体把握能も低下しており、傾斜対応も弱いのでレンジではありえないようなミスも多かろう。・きっとうまくいくだろうと思ったショットがミスになることも多いだろう。・そんなことで一々ショックを受けていては、まともなRなんか出来ない・爺になってだんだん鈍感になりつつあることを活用だな。鈍感力というか・・・たしかに、40年以上練習つんで来たし、今度の冬も...
@

過去5年のスタートRのスタートHの様子(笑)

28年(ブルックス)⑩332M 3/2 +1 アゲ+、Dの1打めはやっぱり1ダメだった!。しかし、そこそこ前に飛びライもよかったので、3Uチョイス・・・これがダフりでそこそこ前進しただけ。残り50をSWH@、2Pでボギースタートとなった。27年(ブルックス)①370M +1 4/1 D@、r160を5U×左砂、砂DTDK、6UR@@OKでボギースタート。26年(エミナ)⑩520L 3/2 +0 D@3U@GW90@2Pパー。25年(...
@

Rにおける突然の感情偏位

・しっかり飛ばすことが男らしいことのように感じてしまう。・どの時点でも限りなく近づけたほうが有利だと思ってしまう。・結果、難しいラインや、難しい寄せを残して後悔するも遅し。・次のHに移っても、後悔のフィードバックが掛からない(笑)・残り距離で考えがち。残り打数で考えられない。・つまり、なにか起きてから尻を拭うの連続になりがち。・何も起きないことこそ、アベレージの王道なのに夢みがち。・アベレージにと...
@

すべてミスであるという出発点から

・私のような半端者(アベレージ)は、Rすると最初から最後までミスの連続である。・プロでさえ、1Rで満足できるストロークは数打だという。ましてやアベレージにミスでないショットがあるはずがない。・ミスがしかたがないとなると、次に考えなければならないのは、ナイスミスにどう導くか?である・ナイスミスとは、ミスなんだけども、次打にあまり影響がないというのが定義。・これを説明するのに便利なのが、スコープの考え方...
@

KKSTのよって立つ根拠

・ゴルフは、己(能力・調子)を知り、敵(コース・ライ)を知るものが上手である。・ここから乗るかもしれないのに、刻むのは1打得るチャンスを放棄することでは?と思いがちであるが・・・実際は、己の能力の過剰評価、敵(ライ)の過少評価であることが多く、ミスする策を選びやすい。・これを、後々後悔することを、レバタラという。ゴルフの楽しみの1つではある(笑)・で、当たり前の結果としてミスする。しかし、今のはた...
@

やっぱり理想はEBP!

・EBP(EZボギープレー)とは、100!師匠から教わった自己制御の考え方である。・ごく、簡単に表現すると、タップインのボギーパットを沈めてホールアウトするスタイルである。・惜しくもパーならず!とも外からは見えるが、ボギーで悔しがらないところが違う。・パーパットは、全部外れるということはないだろうから、90をいくつか下回るスコアに落ち着く。・6つパーパットが”たまたま”入れば、84点で、アベレージとして...

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する