>

Entries

@

残り距離と方向の判断

・GOVやPOVより手前GSTがベター。・手前ハザードの場合、ギリギリ手前に乗る番手+1を考える。・GBなどのハザードは、方向で避けることも可能。・左下りは右ミス、左上がりは左ミスしやすい傾向は普通にある...
@

ゆっくりした所作

・スイングミスのほとんどは、急ぐから起こる。・全体的に上手な方は、優雅である。・私は、せかせかしている傾向があるので・意識的にゆっくり優雅な動きにするほうがいいだろう。・目線の使い方も粘るようにゆっくり使うとラインイメージが消えにくい。・モデルは、ずばり、ダースベイダー卿だろう(笑)...
@

やはり、正確な残り距離の判断が大事

・今回は、太陽フレアの影響か?ナビの数字が信頼できず・アップダウンがきつく、ブラインドHも多く、距離杭もなんとなく信用できず・頼みのキャデイさんの言う、残り距離の数字も、20yくらい少なめ。・以前このコースでついたキャデイさんと違う(短めの)ジャッジなのが印象的。・アウェイで自分の距離感も自信がなく、結局キャデイさん案を採用し、結果GSTが多かった。・GSTが多いのは害が少ない。それでキャデイさんは短め...
@

林からの脱出

駒丘⑧410M 6/2 +4 D:X左谷、(暫定はナイスだった)、木の根っ子の上で前方に太い木の根っこ!、8鉄LBがDZ!、根っこで上に跳ね返ってバックしてしまい、TB取れない木にぴったりついてしまったので、アンプレ、8鉄LB@、4W左ラフ、SW40:○、MP排卵でダブルパー!!となり万事窮す。グリーン方向に向かって打つと、8鉄LBが当ってしまいそうだと思いながら強行して、やっぱり当って後退・・・横出ししなかったのは、頭に血が...
@

打ってはいけない方をまず考える。その上でどこを狙うかを考える

駒丘⑧410M 6/2 +4 D:X左谷、(暫定はナイスだった)、木の根っ子の上で前方に太い木の根っこ!、8鉄LBがDZ!、根っこで上に跳ね返ってバックしてしまい、TB取れない木にぴったりついてしまったので、アンプレ、8鉄LB@、4W左ラフ、SW40:○、MP排卵でダブルパー!!となり万事窮す。・ひさびさのダブルパー。・そもそもの始まりは、ただTSを飛ばそうとしたことに起因する・FW左が切れて谷に向かっており、左警戒してしっかり...
@

(自分への応援!)ダメRにも、よかったことはあるのだ。

・よかったことだけを覚えるという上達法は、かなりメジャーな方法論である。・さて今日のRでよかったのは・・・①前半ノーダボ。普通に素晴らしい。真面目にやってる証拠。②20y〜40yのSWC(普通のP&R)がそこそこ上手くいったこと。道場練習が効いていると思う。③駒丘のGの正しい目のデータをキャデイから教わったこと→アンチョコに記載した。(キ)④R前のレンジで、G30の7鉄、HFに構えると右に逸れないことの確認ができた...
@

にうまこの仮想Rみたいな感覚

・今回、たまたま無風晴れ、カートラウンドで最後まで足腰の疲れなしだったせいで・・・まるで、にうまこの仮想R(ほぼパープレー前後W)みたいなEZラウンドだった・・・・この感じを毎回のRで出来れば、超気楽だし、にうまこの仮想Rのほうもリアリティーが湧いていいな(笑)・・・よく言われる、・練習は本番のように、本番は練習のようにを地で行ける!・天候、ライ傾斜、疲労などがバイアスとしてかかるのを微調整してやれば、...
@

Rでミスする理由

・今日こそ~を切るぞ的な、無根拠の希望的観測。・レンジで完璧でも、Rではミスが当然と思いきれない。・このため、ミスを、何故だ~?と思いがち。・前のショットが上手くいくと、次のショットの危機回避が甘くなる・ミスを次打で一気に取り返そうとする・前のHの大叩きを一気にとりもどそうとする・飛ばせるだけ飛ばそうとする・過度にOVめにチョイスしてGOVして難しい寄せを残す・ボギーONして、3Pする#まとめると、増長と油...
@

ショットミスはアドレスで違和感がある!

・構えて違和感がある時は、傾斜などの様々な影響で、自分とボールとの位置関係がよろしくない。・そのまま強行すれば必ずミスショットになる。・構えて違和感が少しでもあれば、躊躇なく仕切り直すべしだ。1度や2度の仕切り直しは別にマナー違反ではない。・仕切り直さす、不用意に変なところに打ち込んで、同伴者の時間や労力を奪う結果になるよりずっと良い。...
@

同伴者に影響されないためには

・打つ前の間が長すぎたり、素振りが多すぎたりする人対策↑スイングを見ない。インパクト音がしたら行方を確認する。心の中でタイミングを待たない。影響うけるだけ。・ミスの自己解説する人対策↑無視する。コメントしない、教えない。無関係なバカ話をしたほうがいい。・玉に触る人対策↑無視する。注意しない、困難ライに強くなれないが自業自得。・飛球線に後ろ延長線上に立つ人↑無視する。注意しない、こういうのを気にしていて...
@

今回のRで感じたこと

・三觜Pの直線スイング@、ドリルでマチマチを有意義に潰せる(笑)。・GSTめは怪我が少ないだけでなく、沈などの幸甚もありうる・8鉄とテキサスはやはり鉄板である。8鉄やテキサスで済むGSTは乗ったも同然。・MP・SPはラインに迷いあると入らない。・G回りのラフは荒れている、ホアのラフよりハード。SWCかUWCをもっと上達必要。・砂はゆっくり大きく加速しないとDTDKになってしまう。減速は禁!#全体に、日常練習の内容は間違...
@

こんなにMJ

宮里P...
@

最近のミスの傾向

・最初のパットがPSTしやすい・GONショットでOVめの番手チョイスしやすい・・・これくらいかな~(笑)。すごい自信!・POV怖れて?パターヘッドが振れてない。ST傾向を練習Gで把握しておくべきだ。・GONでOVチョイスは、風や傾斜で、届かない心配しすぎ。届かなくてもEZな寄せがあり怪我少ない。...
@

さっさと打て

・なにごとも、スイート・タイミングというのがある。・ゴルフはその典型でないか・モタモタしてると寄せで地蔵化するし・無意味に躊躇してるとTSでミスする(違和感あったらさっと仕切り直すのが良い)・待チョロも有名だ。あれは動かないことが原因。サッカー練習有効。・流れるようなPSRは、むやみに直前素振り繰り返すより有効。ただし草摺確認まで省略しないほうが良い。・観察→考える→決断→スイング!→受け入れる→次の観察へ...
@

ものすごくぶきっちょという真実から目を離さない

・正確に当てることに、神経を使うのは馬鹿げている。・当てるのはだいたいでいい、という感覚が大事。・それよりも、結果想像すること、考えてできることを実行することが大事・その上で、結果はどうあれ全て受け入れ、即座に次のことを考える。この繰り返しが有効。・大体の距離感、大体のイメージ、厳しい評価のスコープデータの活用。・普段やらないことがRでいきなりできるわけはない・普段コツコツやっていることだけで、ゲ...
@

打ち出し方向について

・G25D: 軽いドローのハイボールが出やすい。フックひどくない。あまり右にエイミングする必要なし。過度に右をむくと右にすっぽぬける~大スライスの事故の元。・AD4W・5W: 打ち込みすぎは天ぷらを招く。5Wは掴まりやすい。・HBUT: 胸の目しっかりでストレート。6Uは右ミス注意。・G30アイアン: 7鉄:MJで持って、頭残すと右にすっぽぬけない。          ・PINGSW: インサイドにきつく引かないように...
@

羊⑫のPWRミスのシーンで1番ダメだったポイント!

羊⑫4、SG 4/2 +2 D@、r120:GB超え@、右EP外、PWRがチャックリ!。EPからPWRリベンジ!するもPOVで、2Pの素ダボ!↑↑1打めのPWRは、技術的ミスでまだ許せる。ミスだがEPまでは進んだのだ。しかし、冷静をかいて、PWRリベンジせねば!と変な決意をし、PWRPOVでMP残し排卵でダボ招いた。ここが許せない。寄せのシーンでショート側のミスをした時は、だいたいおかしな精神状態にあるのだから、緊急対応で、絶対安全なテキサス...
@

待チョロ研究

・ロングショットでG狙う場合など、よくマチマチになって、結局ちょろったりするんだが・・・・あれは、イライラするとかもあるが、メインの原因は動かなくなるからだそうだ。・動いていれば、固まらないですむらしい。・また、クラブを持ったままだと、クラブを取り出してエイミングしてPSRしてスイングするという一連の流れが滅茶苦茶になることが問題で、クラブを保たずにすごし、打てるようになったらおもむろにクラブをグリッ...
@

スタート前に必ず確認するべきこと

①ラフ~FW条件から至近距離でのSWのバンスのハネ具合の確認②花道条件から、PWのパター式で2度打ちにならない条件の確認③練習Gでマイタッチの確認。15歩の刷毛塗りの具合。...
@

横殴りが曲がる理由

・ヘッドのターンが、横殴りプレーンなほど左右にばらつくから。・1打めとか、つなぎのFWショットで飛ばそうとすると起こる・緊張時や飛ばしたい時は、構えてみて、ちょっと近いかな?と思うくらいで丁度いい。・まあ、面倒がらずにフルサイズの素振りすれば分かるんだが(笑)...
@

2度打ち研究

・私の経験では、2度打ちは、打ち出されて空中にある玉に、ヘッドが追いついてしまうために起きる・よって、Fのように、強振するような状況では、起こらない。・近距離のアプローチで、不用意にフォローを高く出すと起こる。・よって近距離のアプローチではフォローを出さないか、地面に向かって低く出すべしだ。・これは、左下り傾斜でも同様で、必ず地面にそって下方にフォロー出すこと!・左上がり斜面からは、右に置いて打ち...
@

P3のTU、高めのほうがベターの実例

西③(谷池超え)131S +0 1/2 (130)HB7鉄@、2PでPOP。 #手前からは、傾斜でパットがSTしやすい。#TUは高めとして、キレイに振りやすくした@西⑥138S +0 1/2 (145)HB6鉄@、POP#TUは高めにして、キレイに振り切りやすくした@...
@

(過去記事再掲)P3のTSはTUを高めにする

その上でレベルスイングを心がける。TU低いと上から叩きこんでしまいやすい。#ん、HB6UのTS右ソレはこれか?#HBUTはレベルブローが良い・・・...
@

もうちょっとなんとかならんものか?

島松AB 90(4248、パット数不明)阻害要素①暑い!:瞬間冷却スプレーはなかなか良かったが、9~10Hしか保たないので2本必要!(笑)。耳の日焼け防止にために、耳当てのついた漁師帽をかぶっているのだが、風通しが悪く、CPUが冷えない!。風通しが良くて耳当てのついた帽子を開発すべき!②PINGWWとBSボールの相性: スピンが効くのは良いが、RXボール感覚ではPSTしやすい。これは慣れか。また、砲台GではもっとLWを大...
@

R中の相談相手

インナーキャデイとか、SM(スーパーミー)とか、理性を外在化させて、客観性を持たせることで、マミちゃんや意識障害の影響を回避する。一々、相談して、判断ミスがないか、感情に流されてないか、思考停止になっていないか確認し、是正する。...
@

待チョロについて

・昨日のRにて・前の組が止まってしまっていて、なかなかロングショットが打てない状況では、かなりの確率でチョロになる。・いわゆる待ちチョロ現象だが、これはどうして発生するのだろうか?・対策は?>どなたか教えて下さい。...
@

なんでもないところから、7Wのチョロ・・???

羊⑫4、SG +1 3/2 D△右ラフ、7Wチョロ!。P7@、2Pでボギー。#P7キレキレ。担当は、140弱。GB超えで、リキミがあったことは確か。ラフは深くはなく、7Wなら充分行けそうだった。羊⑭4、390 +1 3/2 D○手前ラフ、7W:チョロ!、P7@、2Pでボギー。#どういうわけか、FW右のラフから長モノでチョロしやすいH#P7はキレキレ@。ここはFW右ラフで長物持つとチョロりやすい。200y先の左右のプレッシャーがあるH。#⑫⑭とも...
@

<過去記事再掲>左上がりで斜面に逆らって立つと

ボールは右足寄りになるのだ。#こういう理屈を知らなくても、草すりの素振りを省かなければ、ちゃんと正しいボール位置はわかるのだが(笑)#左あがり斜面から、地面に逆らって(地軸に沿って)立つ場合、クラブヘッドは地面にめり込んで終わりで良い。フォロー取れないのが自然。#もし、ボール位置が正しい位置より左ならば、ダウンスイングで微妙に肘をまげて当てにいかねばならず、そんなことは不可能なので、チョロになるのだ...
@

傾斜の影響

・最近、逆玉が減って、普通にライの傾斜の影響を受けることが多い(乗るべきショットが外れるとか)。・逆玉でないので、それほど悪くないが、影響ぶん調節できるなら、なんらかの対応策があっても良い。...
@

入るかどうかギリギリの時の念力

・眉間に力を入れて、えいっ!と強く念じると、入りますね。・物理的にありえない方向に転んで入ることもある。なんども経験あり。・ただ、この念力をかけるタイミングが大事で・早すぎても、遅すぎてもだめ。ボールが動いていて、迷ってる?時だけです。・効いた時は、ぐったり疲れてかるく頭痛がします。・練習では絶対に効かないですね。念の集中が足りないのかな。...

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する