>

Entries

@

コブ7Wや、HB3Uのつかまり過ぎ防止

・MJで持つ。TU低め。・力まないで、なるべくレベルにさらっと振る。MJは、HB3Uで特に有効。なるべくレベルにさらっと振ってもコブ7Wしっかり捕まって十分飛ぶ。...
@

藤田P:ウッドのコツ

藤田本によると、ヘッドは傾斜の低いほうから入れる由(ダフらない)。左上りや前上りだと、インサイドから入れて、フック弾道になる左下りや前下りだと、アウトサイドから入れて、スライス弾道になる・・てことかな。逆玉が怖いだすな~~。前上がりからどんどん山に登っていっちゃう・・左下りから、ひっかけて谷底・・・傾斜では、テウチになるからかなあ。やっぱ、前上がりはショートアイアンでFWに戻す!左下りは、ひたすらLB...
@

P3のTSはTUを高めにする

その上でレベルスイングを心がける。TU低いと上から叩きこんでしまいやすい。...
@

3Wチョロ実験

最下点よりボールを左に置き、右体重でしゃくり上げてみたら、チョロを再現できた。フェースに当たった触感がなく、カラぶりのような弱い玉。ためしに、ボールをスタンスの中央より右に寄せて、上から打ち込んだほうがまだマシな玉が出た(たぶんテンプラだろうが)。#結局、実スイング時のアークの最下点にボール置けば良い。やはり草スリの本気すぶりが必要なのだろう。...
@

トップ実験、HBDW

右体重のまま、ボールを最下点より左においてシャクリ上げると、トップボールが出る(大OVする)ことを確認した!ボールを最下点より右に置いて上から打ち込むほうがまだマシな玉になる。少なくともトップはない。ただし方向がばらつくし距離もばらつく。#やはり、左上がり傾斜でトップを避けるには、右体重のまま、ボールを最実スイングの最下点に置けば良いのだ。本気の草すりの素振りが欠かせない。...
@

左上がりで、AD4WがNSでも左行きやすい理由

同じ図です(笑)クリーンにミートするために、右体重のまま振り切るので、右に置いてあおり打ちになるため。#そういうものだと思ってエイミングすればOK。距離は出る。例:空沼②⑱、羊③など...
@

前上がりラフから長物で無理すると・・・・

ゴルフ侍より。中山Pが、前上がりラフに打ち込み、距離が残っていて、4U持って振るも、逆玉でさらに右へ!そこから林の間を通してPWでG狙うも、G手前の池。このH、ギブアップになった。#プロといえども、前上がりラフで、距離が残っていると、打ち損じて逆玉になることがある!#2年前の恵庭CCの1番Hを思い出すなあ・・・Dが右、前上がりラフからさらに右でロスト!・・・#前上がりラフで距離残っている場合は、そこに来た時...
@

ミスショット対応

・最近ショット好調で、アイアンやUTのミスショットは減っているが、皆無ではない・とくに、傾斜地では油断できない。HBでは、基本的に傾斜に逆らわず、傾斜なりに影響されるのがベスト。・HB2Uや、FWは、それ以下にくらべると明らかにミスしやすい。なるべく避けるべしだ。・どうしても使う場合、FWはMJのほうが絶対的にミスが少ない。...
@

石渡プロの傾斜の構え(ゴルフレッスンコミックより・・・)

↑まず、左上がり。さっき、ホアでやってみたが、ものすごくしっくりくる。漫画によると実はフォーワードスイングで重心が【左】に動いてしまうのがミスの原因で、(この左かかと上げをすると)アドレスで右にかかった重心がスイング中左に動かないようになるからだという。左上がりでは、右脚に多くのったウエイト配分のままスイングできたほうがいい由。ただし、大ぶりはNGと。なんでも左体重のほうがベターかなと思っていたが、...
@

傾斜やライや風に関する対応

・過去のミスから学ぶ。・アップヒル傾斜は、とくにWWでGSTしやすい。手前GBに捉まるとメンタルショックから砂失敗したり3Pしたりして叩きやすい。・アップヒル(左上がり)では、Wのロフトが傾斜分だけ増えて高くあがり、距離が落ちてしまうのだ(当たり前)・アップヒルで長物のチョロが時々ある。たぶんしゃくり打ちでボールに届いてないんでないか。・ダウンヒル傾斜は、ひっかけて左に大ミスすることがあり、それを右にエイ...
@

傾斜とトップミス

左上がりも左下がりも、手前からのダフりが原因。HBの場合は、ボール位置を動かすより傾斜に沿って振るほうが良いが、傾斜による自分の安定は確保する必要あり、フルショットは避けるべきだ。#ともっちさんによると、左下がりからのトップは、早く結果を見たいがためのHUかも・・・...
@

コブ3Wのチョロ

あの、かすったようなインパクト感のなさから言って・・・図のような、尻もち現象でないかな?原因としては・・・・左に置きすぎで、素チョロ。・左上がりなどで、TBの時に軸が右下に動いてしまってインパクトまでに戻ってこれない・・・・しゃくり上げのチョロ。#これも、W類の腕斜めの、ボールの左ほっぺを打つ!と同じ原理で回避できるんでないかな・#あるいは、ボール寸前の地面にソールで叩き入れるとか??...
@

左上がりでトップするミス

Aのつもりで構えても、TBで微妙に右に落ちて(スエーして)しまい、最下点がボールより手前になってしまうんでないかな?これはどう防いだらいいのだろうか??・・・・教えてください。右下に体がブレることを想定してボールを少し右に入れる??まあ、草すりの素振りを省かなければいいだけかも??...
@

ダメだった原因・・・・・対処法が分からず戸惑う

●アゲで頑張って左に巻く(G30のMJバントで180進める)、●砲台Gまわりのラフで左上がりでZK(SWのフック転がしで簡単に寄る)●WWRのスコープが過少評価でGOV・POVする(SWN=50、DWN=60である)#この3つは大きい。#対処法がアヤフヤで不安な気分のままスイングするので確実にミスする#すべてこのブログで問題視して、解決してきた。#フック転がしは最近のヒット!茸師・YSPZ師に感謝。...
@

過酷条件のラウンド

・昨日は、台風なみの突風が吹き荒れ、体感気温も低く、ワヤだったわけだが・・・・どういう訳か、今季最小スコアで上がってこれた。・風呂場で、同年代の爺さんの会話を聞いて、ハーフで上がる!という技があることを知った(W)・そっか〜、常識ある爺は、あまり風つよくて寒いとハーフでやめちゃうんだな〜と分かった。・私は馬鹿なせいか、雷か雪でクローズでない限り、もったいなくて途中でやめたりできない。・私のようなタ...
@

ユソ(指測距)確認

右示指。上から歩数で60、50、40、30、25、20指毛は25歩#ユソで、ピンまでの距離はわかる。EPまでの距離はナビでわかる。この2つで、EPからピンまでの距離を現場で測定できる。#それを参考に、手前のハザードやラフなどの存在を考えて寄せる方法を選ぶ。...
@

強いフォロー風でSKもあり

・昨日の強風Rであった。・空沼⑬のセカンド。あまりに背後からの風で背中を押され、スイング出来ずSKした!...
@

左下りは右行きやすい。

・逆玉怖れすぎて右向きすぎでそのまま右ミスすることあり。(空沼③のセカンドなど)...
@

びっくりするようなミス・ラッキーアンラッキー

・意外で驚くようなミスが必ずR中にあるが、これは、観察不十分だったり、準備不十分だったり、一球入魂でなかったり、無知だったりすることから起きる。・びっくりするようなミスは、R後にじっくり解明したら良い。R中は気に病まないほうが得。とくに無知はどうにもならない。・デボなどのアンラッキーや、木に当ってFWに戻ってくるなどのラッキーもRのつきものである。・アンラッキーは受け入れ忘れ、ラッキーも受け入れてその後...
@

今回のRのようなプレーを再現したい

・まず、自然条件を受け入れること。風や雨や傾斜やライの影響を受けて、結果があると考える。柳に風だ。(茸師)・これらの影響に逆らわず観察・予測して、安全を確保すべきだ(サーチライトの向きの調整など)・力んで飛ばそうとしない。クラブの性能でそれなりのスコープに飛ぶのだ。性能を活かせば良い。・Ag風は、TUは通常高さ(35)で、MJで持ち、ハーフで充分180yセンターに運べる。その際、MT5R1シャフトのしなり...
@

P3でドラ使った例・・・・ナイスパー!

おとついの滝のRより。東④198S +0 2/2 強烈な打ちおろし、立ってられないほどのAg++++(196)、高くでるとどこに行くかわからないほどだったので、少しでも上がらないようにドライバーをチョイス@。5mmのTUとしてLBを打つつもりだったが、ゴロになった。しかし下り坂のおかげでr70まで近づき、花道正面で打ちやすく、DWH@@、MPねじ込んでY1P達成!#P3でドラチョイスする時は勇気?が要ったが、結果的にパー取れたのは私...
@

ドラのアゲ風対策

①ゆっくりスイング(スピン減らす)②MJ(シャフト固くしてしなり減らしスピン減らす)③いつもより右に置く(弾道低くする)④TU低め(弾道低くする)#むしろTU高くして、レベルに振るだけという説もある。※私のイメージとしては、アゲ風で飛距離が落ちるよりも、煽って?左に巻くほうが問題だ。※つまり風のボールに対してというより、自分への影響のほうが問題な気がする。※アゲ風には敵わない、負けるようにするほうがかえってい...
@

(過去記事)セーフ領域を拡大する

この図は、なぜドラが220、9鉄が110でなければならないかの根拠である。SQ2Uが210y飛ぶので、ドラは2U+10yで十分である。↑この図から、G中央を狙う場合の限度は140y(6鉄)ということになるが・・・↑手前のフランジ付近は、転がしが効くので、ほとんどGONと考えられる。この図では、G中央まで190yの場合でも、手前170y地点を狙ってショットしても転がりあがってピンローにナイスオンする仕...
@

風の強い日のR

・Agはしんどいが、Foも同じ数?だけある。ラッキー・アンラッキーと似ている。・Agの注意は、のけぞって(笑)煽り打ちが助長される(フックがひどくなる)ことである。だから、AgではTUを低めにして強振しないほうが良い。上から叩き込むのも良くない。吹き上がると大スライスもありうるし、上から被ってひっかけもある。・Foでは、飛距離が伸びてありがたい反面、大GOVもあるし、背中から突風で押されるのも不安なものである。...
@

1ダメの研究

<発生状況>①アドレスで違和感←しきりなおせ!たぶん3D玉位置エラー。②重く感じる←そのままではふりきれない。MJでもて!③軽く感じる←上体のリキミだ。ジャンプせよ。...
@

玉位置微調整

左に行かせたければ左め、右に行かせたければ右めにすこし寄せる。*全クラブ共通。...
@

TSで萎縮する呪縛を解く!

・景色でびびって、バントになる→かえって引っ掛けたり、当っても全然飛ばない(200行かず)。・いつもバントなので、それなりに安定する→たまに飛ばそうとしてオオダフリしたりする・レンジではRのように、Rではレンジのようにスイングすれば良い。・つまり、TGでは、レンジを仮想して、のびのびスイングしたほうが良い。・アドレスで違和感ある時は、遠慮なくしきりなおす。・つまり、それくらいたっぷりレンジで打ち込んであ...
@

ウンチライの問題

・ゴルフ場オープンまもなくは、芝が死んで表面は乾いているが、すぐ下は湿って軟弱で、ずるっと剥けるウンチライがある。・ウエッジやショートアイアンが影響うけやすい。全然エネルギーが伝わらずにショートする。まるで水膜のごとし。・ボールだけをクリーンに拾えばいいのだが、最近レベルに振っているので、そうしてもウンチライに掠ってしまう(バンスがかする)・LUで、せっかくチャンスを作っても、ウンチライでぶち壊しだ。...
@

P3のTSで、HB6UのTUは1cmでは高すぎか

・今回のブルックスRで、TSでHB6Uが右にそれて右GBにはまり、大たたきになったことが、2回もあった。・冬場の、レンジにおけるショット練習でも、HB6Uは、捕まりそうなイメージとは異なり、右に行く傾向があった。・自分の中で、HB6Uは、UTのウエッジ的な感覚がある。つまり、打ち込む感じだ。・HBUTでは、そのデザインから、上から打ち込むようには出来ていない。・あくまでも、低重心で広いソールを生かして、レベルに近い軌道...
@

ゴルフのやっかいなところ

・敵は、コースやライ、天候などで充分なのに、それに体調や外野や、欲や恐怖との戦いも加わる。<体調>飲み過ぎ、太りすぎ、練習しすぎによる障害を回避すれば、あとは突発の病気や、老化の問題だけ。痛みがある時のRは、逆テコの活用や、KKSTや1DKJで大差なく乗り切れることを確認する。もっとも健常時でも同じ。<外野>悔いを残さないように日常気をつける(きっちりケジメをつける)。今気にしてもしかたがないことは、今は...

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する