>

Entries

@

G25_7Wについて HBのスライス対策

・過去記事を見ると、左に行きにくくて良いとあるし、こないだの羊レンジでは左に行きやすくて採用を取りやめたのだった。・スピンアウトによる左行きは、道具でごまかしてもよくない。スピンアウトは排除するべきだ。・7Wは190yを楽に運べるが、3UでSTめのほうがトータルでスコアに貢献する。・気温が上がってくるので、3Uのままとし、スライス傾向を対策すたほうがクレバーだろう・HB3Uは、羊⑩のような左下がりでスライス...
@

PINGLW(ES)、2本めポチ

・道場に常備するために。・バッグから抜いて道場に持ち込むと、次のRでバッグに戻し忘れるリスクがあるからだ(笑)・もったいないようだが、スコア貢献度を考えると有効な投資だと思う。...
@

竹君 (Q-Roll Golf Mr Two Radius Face 35" Putter)の構造

SSがピンポイントで、そこだけブレードの厚みがあり、全体的には軽い。フェース面はシャフトより出たデッバ。逆ロフトで、ハンドファーストにする必要ない。シャフトはまっずぐで、ヘッドのセンターより少しヒール寄りに刺さっている。アドレスで上から見る時、シャフトそのものがラインに直角になるように構えやすく、巨大なサイトラインになる。シャフトは35インチと長めで、細身で長いグリップがついており、チョーキングしや...
@

MTH3コースに合わせたセッティング

・MTH3コースは林間コースで、アップダウンがけっこうある。・横風は、あまり吹かないような印象。Agかfoかが多いような??・ロフト21度くらいは、3鉄=3U=7Wらしい。・最近、3Uが右逸れミスが目立ってきた。レンジでも散見する。4Uはそうでもない。・かつて3鉄→3Uとしたように、打力の低下からいよいよ3U→7Wの時期が来ているのかもしれない・高い位置にあるGを余裕をもって乗せに行くには、UTよりもFWのほうが一般...
@

スタ1、R感想

・最近購入した、中古のマスダ・スタジオワン:(スタ1)であるが、昨日たきのでRデビューしたので感想を書く。・インパクトフィールが気持ち良い。初めてコースで使うのに、距離感もなぜか出る。・重いかんじ。バシ!と打てない。お出かけセットをキャデイに持たせる時に申し訳ない気分が増す。・34インチでグリップも短めで、竹君(34.5インチ)で容易なチョーキング操作が難しい(チョーキングが邪道といえばそれまでだ...
@

スタ1到着!

・・・・このオーラは、まさに本物・・・・グリップが太めなので、細めのに交換するほうがいいかも。竹君と異なり、ややHFのインパクトで方向がしっくりする。インパクトは、現在エースのRXボールで官能的な快感があり音も良い。シャフトは竹君(35?)より若干短い(34)。竹君よりチョーキングはやりにくいかも?というか、あまりチョーキングという雰囲気でない。いかにもアナログ仕様!ってオーラがある。ヘッドは軟鉄なの...
@

飛ばないという性能

・飛ばないというのは、転がしの性能(上がらない)とは意味が異なる(転がしに距離の制限はない)。・飛ばないことは、性能として使う時、大きな武器になる。・ゴルフはいかに飛ばすか?ではなく、いかに止めるか?が大事・もちろん届かないと入らないが、OVするより届かないほうが安全有利なことが多い、・パターは入る可能性があるが、寄せはその可能性低いので、文字通り寄ることが大事・寄るためには、ブレ幅が少ないことが重要...
@

打数削減に対する貢献度

・D: うんと飛んでも、かならずしも減らない。大ミスすると確実に増える。よってDは安定性がなにより重要。・長もの: GOVすると確実に増える。STはさほど増えない。STめにチョイスすることが重要。・アイアン類: 同上。まれに1打減らせることがあるが、ほぼ期待できない。・ウエッジ類: 同上。:LWの決め打ちが成功すれば1打減らせる可能性あり!。テウチ避ければ危険なし。 #LWCの確実な打ち分け練習が、手っ取り早く...
@

HB3UかG25の7Wか

・TSでHB3Uが右に逸れる傾向がある。3Uだけでないが・・・・(190~200)が残るシーンが多い。4Wは200以上で、3Uが180なので190前後が空いている。・7Wも入れたいところであるが、(50)以下自在なLWのほうがスコアに貢献するファクターが大きいのでLWを抜くわけにもいかない。・3Uを抜いて7Wにするとどうだろうか。寒い時期は3Uより7Wベターかもしれない。・これから気温が上がるので、3Uのままでいいと...
@

エルニーニョ(ソフトスパイク)到着+初回R感想

エルニーニョ(スパイクレス)が26cmだと大きかったので、25.5cmで注文(アマゾン)したのだが、ジャストサイズでキチキチ。これでいいのかな?。シューレースをキャタピランにかえたらはき心地が少し変わるかも。さっそくスパイクを締め直して、本日午後Rでデビュー!#いかにも安物(4K弱)!という質感(笑)。まあ、1シーズン持てば上等!!#ラウンドデビュー感想:(ノーマルシューレース状態)べつに狭くない。文句な...
@

masda studio 1

出品者のハンドルをネットで検索すると、わりと有名なゴルフブロガーさんらしい。へっぽこリーマンゴルファー上達への道。????過去記事にもこのネーム(M.FUJITA)のパターが登場するので、まず偽物ではなかろうと判断してポチ。カーボンシャフト入りの新品だと75Kくらいするものだが、送料込みで35K。私のゴルフセット一式買えちゃう?(笑)。さっそくG30アイアンを売り飛ばさねば。#ハンドル(dive_black_rabbit)で、...
@

竹君はシビア・・・

・SSがめちゃくちゃ狭いが、SSの金属の厚みは2cm以上ある!・重いのはSSだけであとはすべてがスリムで軽量なパターである。↑左が竹くん。・普通のパターに比べると、SSで打てた時の伸びが非常によろしい。・SS狭いので、雑に使うと方向も乱れるし、大STする。・お助け要素は、まったくのゼロ!!・自分の感覚が100%伝わり、竹君からの情報が100%戻ってくる感じ。・逆ロフトなのだが、この意味は不明。出っ歯でもあり、H...
@

ギアの入れ替え!・・・・と言っても・・・・

・メインのR用シューズをソフトスパイクにする。・グリップを13本とっかえ。・・・以上を敢行する予定。予算もさほどかからない(笑)・・・効果は絶大!目的:地面と自分の接点をしっかりさせる。自分とクラブの接点をしっかりさせる。・激安グローブも1~2枚新調するかな(笑)...
@

私はシューレースのスニーカータイプが好き

・BOAなどのシステムのついたシューズが今やメジャー?だが、私も持ってるが、どうにもしっくりしない。足の甲の趾の上が遊んでしまい、趾が痙攣しやすい!のだ。・たしかに、BOAタイプは、R中脱ぎはきするのは便利だが、もう下半身にカッパ着ないことにした(最初から撥水ズボンを履く)のでカッパのために靴を脱ぐこともなく、脱ぎはきは別に靴べらがあればスニーカーなら可能なのだ。北海道でワンウエーなのでインターバルで脱...
@

ソフトスパイクかスパイクレスか

SK45でスパイクレスに目覚め、今はエルニーニョを使っているが、軽く柔らかく歩きやすい、雨でも別にすべらない、レンジでもそのまま使える、家からコースに履いていけるなど、なかなか使い勝手が良いが、試しにソフトスパイク履いてみると、さすがにスイングが安定する感じがする。昔のハードスパイクのような突き上げ感もない。別にあるきにくいということもない。ということで、この2Rはナイキエアーのスパイクレスを履いて...
@

D(G25)の右傾向について

・三觜P式を実行しているつもりだが、たしかに左ミスは影を潜めて、羊は回りやすくなったのは事実。・安全で安心感あるが、もうちょっと捕まったほうがモアベター。・出し切ってないかんじがするのでそのせいか?・TUもっと高いほうがいいか?(にうまこでは45mm)・羊レンジでは、左ミスはないが少し右に出る傾向はあった。・ボール位置が中に入りすぎ?#G25(捕まりにくいクラブ)で、ひっかけない三觜P式なので若干右に出る...
@

シューズについて

・昨日Rで、ナイキエアー(ソフトスパイク)の底が剥がれる!という事故があった。・ハーフでたまたまトランクにあったエルニーニョ(スパイクレス)に履き替えてことなきを得たが・・・・このナイキは、たしかヤフオクで購入したものだと思う。偽物をつかまされたかも。・右足のソールが剥がれ、ソフトスパイクは左右とも全部ボロボロ。・グリップもよかったし、前半41だったから、そんなに性能に問題あるとも感じなかったが・...
@

PINGSWやLWのF(QQQ)でミスしないために

・ミスは要するに、スピンアウトで起きるので・SW、LWといえども、三觜P式でちゃんとスイングすれば大丈夫・あわてて叩き込んだり力んだり、逆に脱力したりする必要なし・まっすぐTBして胸の目(体幹の魚の動き)で、ボールと目の距離を一定にする、スピンアウト(肩の開き)を無くする。・多少の誤差は、ESソールがカバーしてくれる。F(QQQ)は、PINGSW=70、PINGLW=60 と考えてOK。STは上等と考える。傾斜、砲台、風向な...
@

ボールに求める性能

・カタすぎずやわらかすぎず。・ミートで快感・風に影響受けにくい・こすり玉でも堪えてくれる・グリーンでそこそこ止まりそこそこ転がる・傷つきにくい・黄色の発色が良い・他人とカブらない・入手容易で安価...
@

長ものやアイアンにもとめるもの

・デジタルな階段を実現してくれること。・どれも同じスイングでいけること。・悪ライに強いこと。・風に強いこと。・他人とカブらないこと(笑)...
@

ウエッジにもとめるもの

・砂から出しやすいこと(笑)・・・当たり前...
@

Dに求めるもの

・方向性がよく、距離がでるほうがいいのは当然だが・・・・・自分のやったことが反映される性能はもっと大事に感じる・重さや硬さやしなりや捻り特性は、自分が最もミートしやすいのが良い。・ヘッドは大きいほうがアドレスで力みが取れやすく感じる・ぽんと置いた時、スクエアより開いて見えるヘッドのほうが好き・シャフトを伸ばしたほうが距離が伸びるとは思うが・他の番手が同じ様なスイングで振れなくなるのが嫌なので長尺化...
@

パターの距離感と構造の関係

・SSが狭いほど距離感が出やすいと思う。・ワイドスポットのパターの場合は、方向の打ち損じは少ないが、自分の感覚をボールに伝えにくい。・MPやLPでは、打ち出し方向に関してはそんなに大きく間違わないもの。問題は自分の距離感である。・SPはワイドスポットのほうが有利かもしれないが、SS狭いパターでも大差ない。・総じてワイドスポット安定型のパターは、鈍さが性能であって、超高速Gでは意味あるが、我々のラウンドするコ...
@

距離のあるバンカー

PINGSWのMAXは(ランがあれば)70弱である。QQQは60。普通のGBから、Yで藍ちゃんパパ方式でだいたい15~18くらいの結果。遠目Gでも、30~15くらいは、フェースオープンの度合いを減らせば可能。(最近のRで確認済み)それ以上は、PWとかに持ち替えるという方法が薦められているがまあ、フェースの開きが少なければ30yは運べると考えたほうがシンプルでいいだろう40でも、30で十分。STする分には怪我がない。...
@

PINGSWは、60簡単に届いてしまうが・・

・普通に力まずにQQQでスムーズに振れば、60yは届く。バチーンといそいで叩く必要まったくなし。・平なラフから70狙いでもSWFでOK。たとえSTしてもOVよりマシ。乗っても手前EPでも大差なし。・ただし、登りライや砲台Gでは100%ショートしてしまうので、+10なり+20なり大きめのチョイスにすべき。・もしユソで40でも登り+砲台Gでは、SWFで大きすぎるということもない。ちょうどいい。・もしゆそで60で、登り+...
@

HBDWFは80でないか?

ほぼ垂直落下でランがないので、DWF=80と考える。90ではない。...
@

PINGSWのFは70か?

・56度のSWであるが、バンスが結構あり、ソール基準ではわりと立っている。・わずかにHFに普通に構えてF(重いのでQQQとなる)では、キャリーは60くらい、ランがどの程度か分からないが、ラフからはランが加わって70弱といったところでないか。・平なFWから平なGでは、ほぼランなしと考えて60+αくらいの塩梅か。・空沼②など、セカンドが右ラフに行くと、ユソで60だとSWFはラフからでランがあるので60狙いだとPOVする...
@

HBUTやHBアイアンはパキーンと打つ!

HBUTや、HBアイアンは、、しっかりフルショットのほうが結果が良い。小細工は効かないと考えたほうがすっきりするハーフショットもミスの元。パキーンとナイスサウンドを響かせればOK...
@

竹君の逆ロフト

・竹君のロフトは、マイナスロフトである。・で、わずかに出っ歯である。・このためか、まっすぐ垂らして構えやすい。・他のパターに比べて、明らかに転がりが良い。・出だしのタッチが同伴者に弱く見えてもOKまで届くことが多い。・なぜ竹君の転がりがいいのか不明。砂Gにも負けない。・マイナスロフトのせいか、出っ歯のせいか、SSが狭いせいか??・曲がったラインに対して、直角に構えやすい。・テキサスもやりやすい。ロフト...
@

EPから距離があって転がしにくい、20~40シーン(よくある!)

・ライは花道だったり、セミラフだったりで良好なことが多い・転がすには花道成分長過ぎる、P&Rもラン部分が花道にかかってしまうなど。・そういう時、PINGLWの、最MJかつオープンフェースで腕H~腕NのLWCが便利(30以下~50)・弾道は高く、G面かEP付近にバウンドして、ランは最小限度で止まる。・打感は、ソールがダフった感じするがそれでOK。ESソールが自動調整してくれる。・振り幅で微調整するより、フェース開いてしっ...

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
Mr.Abedeath gave me syoball picture

"Dreaming syoball"

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する