>

Entries

@

テキサス拡張としての、9RやPWRはGOOD!

・G回りを短く刈り上げて、EPのようになっている、多少JCなライから、Gの微妙な傾斜も読んでPRや9Rでサキッポ転がしは、なかなか良い!・現場では、どうしても上から叩き込みたくなるのを、レベル意識、スタンス狭め意識(軸ブレ防止)など気をつける余裕があった。・PWRではSTぎみとか、9RではOVぎみとか、経験重ねるうちに、だんだん分かってくるはず。・飛び出しは低く、けっこうスピンがかかっていて、スピードが制御されて...
@

AWRHは、60届く!

AWFは80の設定、AWH(2レバー)は、60yの設定であるが。AWRHも、レンジでは50に到達するが、G上を転がれば当然もっと転がる。で、60y以上?転がってGOVしてしまう。GOVしてはいけないシーンでは、AWRHは向かない。G奥がOBとか。今回、2回同じようなミスした。②でr40の左下りからAWRHでGOV。④で左砂超えr40でGOV。④のGOVミスは、1番やっちゃいけないことは目の前のバンカーに入れることだったので、それはクリア...
@

AWRで50

ワンレバーで腕H。不可能でない。けが少ない。ウンチライでは2レバーのAWNやSWHが危険だったりする。...
@

さきっぽ打ちのコツ

・ハンドアップのトウたらし、パターライクにワンレバーで先ッぽでトップぎみに当てるだけであるが・・・そのために、ダフってはいけないので・・・スタンスは狭く!(広いと軸が動く)・むしろ、1軸で立つ。傾斜によっては右軸もある。軸が移動しないことが大事。・左軸で立って、右足を90度ひらいてしまう手もあり(これは左1軸に維持する目的)・玉位置を右に置きすぎて、上から打ち込みすぎるのはZKの元・なるべくレベルに...
@

寄せの戦略まとめ

・パットが決まることが、究極重要なのだが、いかんせん入る入らないは運の問題なので・・・・入る入らないに固執するのではなく、出来ることをきっちりやって、結果を嘆かない。・SPのスパット通しはその代表。MPもけっこう入るほうだと思うが、目線もどしのおかげだろう。・LP~超LP~テキサスは、刷毛塗り練習で培ったタッチがすべてなので、Rの前後はしっかり練習すべし。・EP外は、テキサスまたは、AWR(ワンレバーのさきっぽ...
@

SS52Rについて

・G回りの多少の凹凸はあっても、ラフ芝もたいしたことがなく、SS52R(ワンレバーのさきっぽ打ち)で、まあまあ寄るようだ。・とにかく怪我がないのが良い。・薄芝では、30y~40yシーンでSWNはZKの可能性がなくならないが、SS52Rなら、レべルにサキッポでトップさせるだけなのでコンタクトミスも生じず、ワンレバーかつSSを外れているのでしっかり振っても大怪我はない。ただし、ライ角どおりに構えてないので方向には注...
@

WWに関しての割り切り。2レバー・1レバー

・今年採用するつもりの割り切り作戦は・・★2レバー(逆テコ入る)と1レバー(さきっぽでトップ打ち)の切り換えです。・運用方法は、50yを堺に、ソレ以下は1レバーです。・50yはHBDWNで可能、ソレ以下は1レバーで、Gに近づくほど番手を上げていきます。・実際は、お出かけセットは、SSSW、SSAW、PT、転がしの道具の4本になります。・1本だけ持ち出す時は、SSAW1本の1レバーですべてまかないます。・書くと複雑です...
@

50以下のWWはテキトー・テキトーに(W)

・ヘボが心配しなくても、どうせ寄るか寄らないかは偶然なので、緊張するのは馬鹿げている。・失敗を恐れすぎるのも馬鹿げている。失敗が普通だ。失敗を避けようとするから固まってしまう。・固まるよりは、テキトーに振って、Gのどっかに乗ればいいくらいの大らかさがヘボ向き。・テキトーに振って、寄らなくても、パターで頑張ればいいだけ。頑張っても入らないけどね(笑)・ワンレバーで、根っこを動かさないで、トップぎみに...
@

WWに恐怖感が消えている!

・・・これは良いことである。オフの間の地道なW練習が効いた?(にうまこレンジと道場だけだが)#2レバーと1レバー(サキッポでトップ打ち)の区別#2レバーはF・H・N(フル・腕ハーフ・腕斜め)の、3段階システム。#ついでに指測距の確認・・・決め打ちの出発基準#吉田Pの左軸と振り子と胸の目...
@

SGシステム(初回Rで補正)

PT:テキサス、LHKSSSW:フル70、腕H50、腕N40弱、サキッポ30以下、砂、ヘビーラフ、密林女王。SSAW:フル80、腕H60、腕N50弱、サキッポで40MAX?HBDW:フル90、腕H70、腕N50、サキッポ1:1で50MAX?HBPW~:サキッポでアナログ転がし、30以下HB6U:サキッポで35届く。#お出かけセットは、SSSW + SSAW + 転がし道具(+PT)#HBDWは、アイアンの下端と考える(Fで90、腕Hで70、腕Nで50)...
@

WW目安(これでRしてみて要すれば補正していく)

フル、腕ハーフ、腕斜めでチョン!HBBPW:100、80、60HBDW:90、70、50SS52:80、60、40SS56:70、50、30。#P・D・A・SWで、100〜30まで可能。??#それ以下は、パター式にすれば、どれも25yあたりにキャリーする??#なんか毎年同じこと考えてるみたいだけど(W)・・・Rでもけっこう通用したと思うけど。??#考え方はいいけど、くるくる道具を変えるから基準乱れて塩梅...
@

今年はG回りからはサキッポ(ワンレバー)多用するぞ!

・どの番手も、しっかり(腕ななめ程度)振っても、キャリーは30以下となりやすい・ツーレバーはPOV・GOVしやすいし、躊躇でZKもしやすい。パワースケールがマッチしてないのだ。だから違和感で固まるのだ。・ワンレバーのサキッポ打ちは、飛ばないのでしっかり振りやすい→ZKなどのミスになりにくい。振りにくいけどそこがいいのだ。・ヘッドは走らないので短距離の入出力がリニアーな関係になりやすい。・ドロー転がしは封印し...
@

サキッポ打ち

左軸&頂戴で構える。顎先で引っ掻けるようにトップさせる気持ち。全番手。腕斜めくらいだと、キャリー30行かない。...
@

SG覚え書き

フルは、PAGSで100、90、80、70。うでハーフはフルマイナス20。サキッポ打ちは、腕斜め程度でしっかりめに振っても、キャリーはどの番手も25くらいで収まる。7鉄のLBは、MJが大事。長いと高くなってしまう。遠くに飛ばす必要はないので、しならないようにMJで持つべき。SS52(AW):ワンレバーの腕ハーフは50くらい。あまり使い道ないかも?...
@

最もEZな50Y?

HBDW、ややMJでチョン。キャリーで45位?。だいたい50、のシーンはこれが簡単な気がする。フリハバは腕斜めだけど、軽くチョン!と言う感じ。振り幅に神経を使わないほうがいいと感じる。レンジでマットで着地点は雪だから、正確なことはわからないけど、長年の経験で、Rでもだいたい同じでないか?と思う。HBDWのまるいソールの滑りを活かす、...
@

当てに行かず

★あくまでも振り子であると考えれば安心感がある。★左グリップしっかりも大事。クラブを通して、何かが伝わる。...
@

おでかけセット

100!師匠はお出かけセットなんか1本で充分とおっしゃるが・・・たしかに、たとえばAWだけもってサクッとお出かけできれば爽快そうだな~(笑)そう決めちゃえばいいのかもね。でもな~。転がせばいいじゃんと思いながらWWすると絶対失敗するんだよね。で、転がしの道具持参しちゃう。最悪パターでと思うからパターも持つ。これで計3本(爆)砂だと、WはSWだけど、DSDKで転がし残ると困るから絶対転がす道具もってく。遠くか...
@

弾く感じ+チョーキング

長・中・短(右手シャフトにかかるほど短)で、50、40、30の打ちわけが可能かも中空構造を活かして、上からピンと弾く感じで打つので躊躇が入らないような気がする。左力点右支点、HF、左体重、振り幅は僅かで済む。体重で打つ感じ。...
@

WWのコツは、右肘ポケット+左グリップをしっかり

右肘ポケット+左グリップをしっかりで、脚で運ぶかんじが安定するようだ。★右手で当てにいくとNG★やはり、右手支点で、左手力点であろうこの点は、PT~Dまで、すべて同じ...
@

右肘をポケットに入れると安定

パター、寄せ。...
@

★重要★寄せの安心感の元

①右肘がポケットに入り右鍵(支点)位置が安定。②左グリップ(力点)はしっかり握る。この準備をしてから、腕は振らず、フットワークでスイングする。体と腕との相対位置が動かないので打点が安定し、弾道も再現性が出て来る。自然と、ハラ(丹田?)でリードする感じになる。この感覚は、パターはもちろん、その他の番手に至るまで共通なので、地味な道場練習が面白く感じられる。...
@

エッジまで25、エッジから5のUTR

WGD新春合併号より。花道成分が長い時の、UTRの感覚の出しかた。Dチョップですな。...
@

なぜ、WWだけしっくりこなかったのか?

・遠心力を使って振り回すだけのショット時には、違和感を感じないですんでいた。・遠心力まかせにすれば、安定するのだ。・WWでは、ショットのように遠心力を使えなかった。・だからWWでは軌道や強度が不安定でばらつき、ミスを量産した。・パターでは、遠心力を使わなくても、転がすだけという方便で、なんとかなった。・寄せも転がしなら、なんとかなっていた。これはパターのアナログだからである。・本当は、Dからパター...
@

手の、体に対する相対位置(左腿前など)を動かさない

・道場で、毎日、パットと寄せの地味練を続けているわけだが・・・・吉田Pのブランコ理論を寄せにも応用することで、WW苦手の、ブレークスルーが得られるかもしれない!。・すなわち、(例として)左腿前からグリップ位置を動かさないで、足腰の作用で寄せる。・・・・想像よりも、ずっと簡単である。なにより、手の振りで狙うより、ばらつきが少ないし、なんというか、マッタリ感がある。・ヘソ回しよりも、観念的じゃなく、感...
@

もしかして、振り幅方式がダメなんでないか??

・ショットや、パットでは、振り幅はまったく意識してない。・アプローチでは、振り幅を意識している。★どっちがうまくいくか?・・・・いうまでもない。・・・ショットやパットではZKなんてしない・・・★アプローチでも、振り幅を考えるプロセスを排除したほうがいいんでないか?害しかないような??・番手、フェースの開き具合、ボールの位置、スタンスの幅、スタンスの向き、グリップの長さなどで十分に対応できるはずだ。・...
@

SGで緩まないためには

クロさんの、自分だましの術が大事なんだな。...
@

すっと横に動かす

パットや、6URはそういうものだと思ってやっている(のでうまくいくとすると・・・)。WWもそういう感じでやったらどうか。横にすっと動かすだけだけど、ロフトがあるので勝手に上がるという・・・・そ〜っと動かしたり、叩きこんだり、弾いたりしようとするからダメなんでは(スケールがマッチしないので違和感が生じる。Gまわりからなら、『すっ』というHSがマッチしているように思う)横にすっと動かすG周りで草の抵抗...
@

ひょっとして・・・寄せって大したことねえんじゃないか??

・自分の(実は優れた)アナログ感覚を否定しすぎだっただけかも。・近くに運ぶんだから、巨大なエネルギーはいらない。・正確なインパクトとか、シャチコバルからダメなんでないの?・爺でも子供でも出来るような、もっとずっと気楽なもんでは?・セットでちょっとだけダウンブローに入るようにするだけ気をつけたら、あと一切悩まず、ただ好きなように狙えばよろしいのでは?・幸か不幸か、WWは苦手なだけに、ハッキリ言って、莫...
@

WWがダメなのは

・いくらでもメカニズムを説明できるが、それでも私がダメなのは確かだ!・要するに、口だけ野郎なのだ!・いくら、道具を変えても、ZKをカバーしてくれるものなんてない。・ZKしても、いくらか前にすすめるくらいのもんだ。・それよりも、正確に打ち抜けるように、1から練習し直すか・あるいは、転がしだけ!で勝負する、のいずれかしかない。・WWの必要な状況を作らないようにゲームをすすめるのはゆうまでもないが・・・どうし...
@

一晩たって

PONで2パット(=POP)でいけるとなんでもないが、TSやセコンドがミスって、60以下〜花道外くらいが残った時、WWでZKミスで叩くパターンになりやすい。この傾向は、だいたい毎回同様だ。今回、ZKの残念シーンで感じたことは、①ZKしたくない、という気持ちでWWに臨んでいる(深層心理学的には、そのまま実現してしまう)②テウチ(手先でちょん!)である。③草スリの素振りを遠慮してしまう。④振り幅のことに、...

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する