>

Entries

@

GまわりUWもお先にがいい

HF左体重DBより、右体重お先にのほうが抜けがいいし、距離感も出しやすい。弾道イメージしながら、草スリ素振りで最適のシャフト角度を決めるとよい。これくらいと決めたら、大胆に実行すべき。...
@

傾斜のまとめ WW編

・きつめ左上り:斜面に逆らって立ち右体重のまま、ボール右、打ち込んで終わり。ボールを左に置くと手前ダフる。・きつめ左下り:斜面に逆らって立ち左体重のまま、ボール位置は草摺で決める。エスカレーター式に肘曲げでTBし、斜面にそって振り下げる(フェース面が変わりないままバンスですべり降ろす感じ)、斜面の下に向かって低く抜く。(クロさんのエスカレーターTB)。大根切りのごとし。斜面でまっすぐはTB出来ないから。...
@

テキサスは(QPプロ)

QPプロは、2m以内をお薦め、振り方を変えるとパターストロークに影響でるから、グリップ圧を上げるだけにする由。...
@

蹴飛ばす気分で(シモンP)

考えない→止まらない→ミスしない。ふうん。なるほど。...
@

ゲゲゲ

そんなん勝手だべ・・・まあ、でも、パターで転がすのは、スコア乞食に属するかも??だなあ・・・余計なお世話!!・・・竹君はマイナスロフトなので、テキサスで跳ねちゃう怖れあり、もうテキサスやめちゃってもいいかもな。つって持ち、パター式でストロークする技も、打面に草の介入ない場合はもっと多用してもいいかも。...
@

SW UW 寄せ

・昨日の羊Rより・・・・SWのお先には、ハッキリバンスダフる気持ちが大事。自分でインパクトを調節しない。バンスに任せる。変えられるのはシャフト角度、フェース角度、振り幅。LWは要らないかも。・草が介入しない場合、UWで、だいたい半分あたりにODさせて、まあまあ寄る。あまり難しくない。これで充分では?・だから、お出かけセットは、SWと、UWの2本でいいような・・・...
@

ハウチが失敗しない理由

歯で球体に当てると思うと難しい気がするが、実際は簡単で、片手でぽんぽんテキトーでもまったくといっていいほど失敗しない。あおり打てば空振りとオオダフリ以外は前に順回転で転がせる。無茶ぶりさえしなければそこそこうまくいく。STするかOVするくらいしかバリエーションがない。クリーンに当たると、パター以上に距離感が合う。方向性も抜群にいい。理由は不明。草を挟んでもパターほどは影響うけない。すこし減速するだけ。...
@

ロフトのあるクラブ(SWとか)をロフトたててもSTする理由

・ロフトを立てるために、右に置いてHFで構えるので、上からダウンブロー軌道で入る。・よって低く出るが、スピンが強くかかり、同じロフトのクラブよりランが少なくなり、STする。・木村政信Pの9鉄のすすめ記事でも、左下りではPWで玉右といっているのはこの辺の事情によるのだろう。...
@

木村政信プロは9鉄を推奨!

・<木村政信プロ>:9鉄によるP&Rは、ミート、スピン量、弾道ともに再現性が高く怪我が少ない。玉は真ん中で、落としどころも中間点を狙う。クラブ・左腕・左肩を一体化させ、一緒に動かす。左上がりは8鉄で玉左、左下がりはPWで玉右。...
@

過去記事より:PWのP&Rでいけてた??

・PWのP&Rといえば、アプローチの基本中の基本・・・・・これしかやらないプロもいるらしい・・・・・花道10数Y、ピンまで10数Yの良くある易しいアプシーン。・これまで、これが苦手だった!(@_@)・易しいから失敗できない→絶対失敗しないためにはパターで転がしだ→手前の草に食われてGに届かない→もう一度パターで転がして寄せる・・・・あるいは・転がしがダメなら上げるしかない→ダフりトップは許されない→緊張して...
@

SWの転がし・・・

・ふ〜〜と息を吐きながらストロークするとパチン入らない。・ただし、SWをHFにしてロフト立てるとスピンが強くかかってSTしやすい(ターゲットが遠いと届かない)・G成分が多くて20〜30とかあり、草が介入しない場合、5Wなどで転がしたほうがベターなようだ。・G回り、SWだけでだいたいなんでもできるが、例外もあるのだ。...
@

バンスダフり

PINGSW・LWで、お先にポーズで、バンスダフリの練習を200球以上行った。バンスのある道具で、クリーンに打つのはむしろ特殊ケースだ!!。...
@

転がし

HB6UもいいがRでコンタクトミスがある、黒オノフ5Wでバンスダフるのが失敗がないのでは。...
@

PINGSW・LW、お先にポーズでバンスダフリ。

PINGSW、お先にのポーズで、実際お先に、と口ずさみながら(W)、腕ハーフで50。ひょいとバンスダフるだけ。昨日の空沼、今日のワツで有効確認できた。...
@

お先に〜は、やはり有効@ほあで確認できた

分かりにくいが、左踵を浮かせて、しっかり右足で体重ささえているのだ右に置いて、右体重で、バンスダフる。これが、SPのお先に〜ポーズでできる!PINGLW:腕Hで約30到達、腕Nで20前後。PINGSW:腕Hで約40到達、腕Nで30前後であるが、G至近のわずかな砲台超えてPIN近いなども自在。ころがし上げるとドテにぶつかってSTしがちであるがそういうことがない。結果として、G面に柔らかくバウンドしてするする近づく、憧れ?の...
@

お先に~スタイル@ほんまこレンジ

これで右右バンスダフりになるんでは?#体重は右足に全部のっており、左かかとは浮いている!。お先〜以外の何者でもない!べさ。...
@

パンタグラフNG

パンタグラフ(上図)とは、クラブヘッドを地面に平行に動かそうとして腕だけでなんとかしようとすること。高度に器用な動作で、Rでは、まず失敗する。ゴルフスイングは、振り子が基本(下図)。振り子が再現性の担保となっているのだ。純粋にヘッドが地面と平行に動くことはありえない。だから、ボール位置については振り子軌道の観点から慎重に考える必要はある。しかしパンタグラフと違って、運動は単純で再現性も高いので失敗...
@

鍬引き

こないだの羊②の4打めの状況。D@→6鉄左砂(硬め)→砂はHRぎみ→反対側の砂手前ギリギリのラフ。普通にアドレスとると、自分の右足が砂に入ってしまう。両足揃えて立つと不安定だが、そのままPWでクロトウチョイスして、リキミからパンタグラフになりチャックりして大PST、3P招いてトリとしたのだが・・・黒い足跡のように、カップに背を向けて、フェースを被せて、鍬のようにひっかき戻す技を思いつかなかった!残念。頭が硬い...
@

転がしの時にパチン入れたくなる・・・

・パターのつもりになる(D-chopの時のように)・フ~~と長く息を吐きながらストロークする・草の影響なんか無視できると唱える(笑)...
@

PING WW R中の勘違い

@ほあPING LW: 右に置いて右体重のNで25〜30弱PING SW: 右に置いて右体重のNで35〜40弱・・・・らしい。HFでバンス殺してSWでP&Rすると、25以下も可能。PWの転がしより、距離感が合うような・・・なのだが。HFでP&Rで25以下を忘れていた。また、SW↑(右右バンスダフリ)の存在も忘れていた。まあ、次第にR中に思い出せるようになるだろう。#つまり・・つまり、25~40は、右に置いて右体重のバンスダフリ。...
@

島松Rで感じたBSボールと寄せの問題について

・BSボールは、SWRでスピンが強くかかり、RXのイメージではSTしてしまう。UWRでもまだスピンがかかりすぎてSTする。・BSボールで転がす時は、PW以上が必要。しかし、SWRで突っ込んでもスピンで寄せられる?のかもしれない。・あるいは、BS*SWRは、下りGでの転がしに向く?・左上がりの傾斜からのSWは、玉右で打ち込んで終わりが安全。・左上がりの傾斜からのSWで地面に平行に立ち、ボールが左だと、トップしやすい。・LWの右玉右...
@

SWで転がす時に左膝に違和感

SWRはクローズドスタンスのほうが弛まない...
@

アプ研究

@ほあPING LW: 右に置いて右体重のNで25〜30弱PING SW: 右に置いて右体重のNで35〜40弱・・・・らしい。HFでバンス殺してSWでP&Rすると、25以下も可能。PWの転がしより、距離感が合うような・・・ここでクロさんと遭遇クロトウの細かい部分を確認。道具はPWが良い。ボール近く立つ。手首を使って、おもいきりカツン!と打ってもSSはずしているので大OVしない。なぜか寄る。手首を使うが、手首の位置自体は動かさ...
@

ほあにおける、PING SW LWの弾道

・HFにすると、地面への当たりが強くなって、低く出る。G面ではわりとランがある・シャフトを立てると、抜けがよくなり、上がって飛距離が落ちる。G上でラン少ない。・左に置いて、左体重で上から鋭角に入れるとZKする。・右に置いて、右体重だと抜けが良い、上がりやすい(STしやすい)・左上がり斜面では、地面に平行だと真上に上がる感じでST傾向、地面に逆らって立つ場合はボールを右に置いて地面に打ち込んで終わりが良い(低...
@

PING SW LW でホア実験

・SW1本でもいけそうだが、LWは同じフィーリングで距離を10y落とせる。・FWから打った場合でも、RXボールは低く出すとスピンで止まるのは期待できない。けっこう足があってGOVしやすい。・FWからでも上がる玉は簡単に打てる。こちらは落下角度で止まる。・FWから:HFでなければ、10cm手前からでもソールが滑ってきれいに拾える。・FWから:玉が右で体重も右のほうが抜けが良い。・FWから:HFでクリーンショットも当然打て...
@

芝からNは何歩くらいか?

PING SW(56): 腕N〜Hで、35〜45くらい(レンジでは50くらい)PING LW(60): 腕N〜Hで、25〜35くらい(レンジでは40くらい)やはり、マットでは反発が強いので余計に飛ぶ?G面にバウンドでは、レンジと同じくらい届くかも。インパクトロフト次第で、大幅に到達距離が変わる。とくにLWは、シャフト立てると思い切り上に上がって、前進しないので飛距離落ちる。SW1本でもなんとかなるが、LWあったほうが、...
@

WWの恐怖感の正体!

・歯からきれいに入れようとするからだ!・ボールから見ればウエッジヘッドはカミソリのように薄い!・これを、草が介入する状況で、歯先からきれいに入れるんだ!と思うと一気に難しくなる・上から見てウエッジは投影面積が大きいが、この真中らへんにバンスがあって・・・・バンスと地面の助けでテキトーにボールの傍に落とせばOK(勝手にボールがフェースに乗る)なのだから・難しいことは何もない!のだ。・これで一気に肩の荷...
@

ウエッジは、バンスを意識して使う

ESソールの場合、リーディングエッジから入ってもなんとかなる可能性があるが、ウエッジを歯から入れるのはNGである。歯から入るのは、フェースを意識するからである。フェースでなくて、バンスを意識するのだ。バンスは、砂や草を下に押しのける作用と、地面から跳ね上げられる力を受け取る作用がある。バンスは、スコアラインでいうと、真中あたりの高い位置に存在する鉄の固まりである。バンスで砂や草を押しつぶし、バンスで跳...
@

PING SW・LW

SWF=80、SWH=60、SWN=50。LWF=70、LWH=50、LWN=40。(レンジでの推定)。ほあでは、中持ってバンス滑らせる感じのLWN~Hで25~30くらいの様子。Gのどこかに乗せるくらいは、ぜんぜん難しくない。バカバカしいほどに簡単だ。ZKとダルマ落としだけ注意いるけど、バンスで手前に入れれば、よほどHFにしてない限りは失敗しない。(裸地とデボはさすがに無理だが)チョーキングで0→(−10)→(−20)可能。シャフ...
@

LWでPOVのメカニズム

GB超えなどのシーンで、PING・LWを筆卸ししてみたわけだが・・・A(赤線)のように、Gにはキャリーしたが、するする転がってPOVしてしまってMP~LPを残した。まあ、アベレージなので寄せ2で充分といえば充分であるがB(黒線)のように高く上げて落とせば、ラフからでスピンがかかってなくてもPINの手前に止められるかも?しれない。その場合、キャリー(C)をしっかり把握できてないといけないし、ダルマ落としで大STしてバンカー...

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する