>

Entries

@

あっこれ

このブログでは、”クロトウ”だよね。こないだのホアのクロさんの手つきがこんな感じだったぞ!(黄色)中井学のクラブは友達、第32回、悪いライからのアプローチ より。ゴルフレッスンコミック 2017 5月号、P149-164...
@

Nの目安

SWN<50(F-30)DWN<60(F-30)らしいので・・PWN<70(F-30)9鉄N<80(F-30)8鉄N<90(F-30)7鉄N<100(F-30)・・・が成り立たないかな?#風が強い時のLBや、林からの脱出などのアバウト目安になるはず。...
@

DWRは30に届かないらしい

50度のDWRは30以下、これが1つの目安にならないかな。...
@

腕Nについて(SWN・DWN)

・平らだと、SWN=50未満。DWN=60未満というのはほぼ合ってそうだ。・傾斜に沿って打てば、上り坂ではSTしやすいだろうし、傾斜に逆らって打ち込めば登り坂の影響を受けずOVしやすいかもしれない。・バウンド地点やランの傾斜によっては、OVしたりSTしたりもするだろう。当たり前のことだ。・目安として、SWN50、DWN60はまあまあだと思う。・打ち方としては、ボールの左ターフでコンタクトミスはなくなる。慌ててバチン!...
@

EP外からの転がしで使う番手

登り:9鉄↑平ら:PW↓下り:DW・・・がいいかも。下り面にPWはPOVしやすい。なんとなく形状的にPWが転がしやすい気がするので登りでは9鉄をPWと思い、下りではDWをPWと思って持つとか。...
@

クロトウとフェースの仮想ライン

この仮想ラインと飛球線は直交する。...
@

クロトウと、フック転がしの違い

どちらも、使用クラブは、ボケ56(SW)クロトウは、まっすぐ上にTBして上から出っ歯で打ち込む。スライス系・ハンドアップ系フック転がしはインサイドにTBして、卓球のドライブのようにサキッポでフックかける。フック系・ハンドダウン系クロトウは上から入るので、どんなライでもいける。しゃくり上げるとチャックリ~2度打ちになる。あくまでも上から出っ歯で当てる。フック転がしは、登り坂のほうがやりやすい。しゃくりあげ...
@

花道からのP&Rも安心感

花道から、PWR(P&R)は、なんとなく安心感がある。(我ながら進化が遅い!!)ODをアバウト決めることで、慌てずレベルブローなストロークができる(パチンが入らない)。PWだと、ちょっとSTぎみなので、9鉄がいいかもしれない。LPのように、大雑把なラインをイメージしてやったほうがモアベター。...
@

SWNは安定感

・ボケ56、腕斜めで50未満(腕ハーフ以下なので)というデータが安心感の元になってる・技術的には、ボールの左ターフ取るだけで簡単。・小さくても重いSWを使った”スイング”であってデリケートな手作業ではないので再現性がある。・きっちり何ヤードではなく、腕斜めで50未満でアバウトである。・40以下に減らすには、開いたりロフト立てたりする必要がある、という割り切り。・それでも35くらいは行ってしまう。ソレ以...
@

クロトウはMJで持つ

ウエッジの重さでどうしても下から入りやすい。下から入るとチャックリや2度打ちしやすい!。そもそも私はフッカーで下から入りやすい。フック転がしはトウ側から入る似た技であるがこちらはあおり打ちOKで失敗しない。ふむふむ。クロトウはピンチシーンに備えて普段練習必要。(上から入れる練習!)#クロトウでは、要するにトウで先にボールに触ればいいだけ、思い切って閉じて構える。...
@

クロトウ・・・何故失敗する?

練習アプ場では、デボだろうが、傾斜だろうが、糞ラフだろうが、まったく失敗しない!!??しかも、不気味なほど距離感が合う。すすす・・・・ところがって1P圏内〜OKにつく!!...
@

クロトウの紹介

ほあに行ったらクロさんと遭遇したので寄せの必殺技を伝授していただいた。(^-^)vラフでもデボでも左上がりでも下がりでも、高く上げるも低く出すのもなんでもこれで行ける。道具はボケ56。①基本↑シャフト線より打点が出っ歯。②高く出す↑シャフトを右に倒す③低く出す↑シャフトを左に倒すコツは十分上からしっかりコツン!と当てる。絶対にトップもダフリもないから、遠慮しない。弱いとGに届かない、下から入るとトップやZKする...
@

腕Hと腕Nは程度の差

・7時30分と、明示的に斜めを定めてなくて、ただ”斜め”だと、その斜めの程度は6時半~8時半とブレ幅が出てきて、当然到達距離も変わってくる。・だから、腕Nが最大で腕Hに使い距離くらいに届いても不思議でない。・7時30分に振り幅を固定する練習をすれば問題ないのかもしれないが、どうもこの振り幅というのが苦手。・そういえば、パターの距離感も、振り幅ではやってない。10歩以下の微調整は、チョーキングを採用して...
@

PWN

70かも?。同様に、PWN=80かも、HB9N=90かもだ。そうすると、F-20=H>=Nってことかな?。...
@

左下がり傾斜のプレッシャー

上り傾斜と違いTBを上げ難く、玉上げたいのに低く振り抜かねばならず、体勢も左脚に負担かかるなどミスしやすさ満載。#傾斜に逆らって立つと、後ろの草に、TBで当たるし、ダウンでも当たるので、腕に緊張が入り、当然引っ込めてしまう。もしかすると、現場でWWで【飛び上がる】癖はヘッドが後ろの草に当たらないようにする正しい反射なのかもしれない!? そこで、左脚はしんどいし、体勢を維持するのも困難だが、正確に傾斜に...
@

に69で確認、やはりSWN=50、DWN=60だね。

・フェース開くとたしかに距離縮まるが、SKもあり!・ハンドレイトやMJは確実に飛距離減らせる。・Nといっても、9時に近かったり、7時だったりばらつく。一定速度で振る条件下で、7時30分に安定させるべきだ。...
@

(過去記事より)SWNで30・・・・MJする案

・花道【40】:これは、30寄りなのか、50寄りなのかを判断して、どっちかで決め打ちする。グリップ長さで微調整する。振り幅で調整するのは、花道から40の場合、難しいから止めといたほうが良い。グリップ長さで調節せず、30のままでもいいじゃないか。10yショートするだけで大事故はない。そういう割り切り方もいいのでは。(SWの、短くもって腕斜めでバンス押しこむと13歩キャリーする。これが大体30歩弱まで届...
@

ふむふむ

ミスパターンから、このデータは納得できるな。SWNは、使用クラブはSWであるが、上げて止める技ではなく、結局転がしなので、OVしやすいのかもしれない。...
@

SWNは50と覚えるべし

・SW腕斜めは、レンジでは35〜40くらいに見えるけども、実際は50に届く。・25〜30だと思って使うと、GOVしてしまう。当然だ。SWN=50である!・考えてみれば、当たり前、ボールだらけのレンジ地面と異なり、ほとんど転がりの良いG面をランするからだ。・以前、羊⑭で左手前ラフからGOVしてOBしたのも、この基準からすれば当たり前の話だな(W)・ウンチライのせいでなく、スコープが間違っていただけだったのだな。・だ...
@

バンカーで禁

・途中から減速もDZの原因であるが、・バシ!と打ち付けて終わりもDZや、恐ろしいHRの原因である。・王道は、藍ちゃんパパ方式である。すなわち●グリップは両方雑巾絞りでしっかり。●離れて立つ(ハンドダウンでヒール側のバンス使いやすくする)●グリップエンドをへその方に向ける(ロフト増やしてバンス出す)●基本、ゆっくり大きくTBして、しゅぱ~んと大きく振り抜く。硬い砂は上からドスンとバンス打ち込む→跳ね返りで上げる...
@

DWR・PWRはライ角どおりに構えてOK

HBDWもHBPWもワイドソールで、UTのような座りの良い滑らかな形をしている。つまりソールをレベルに動かしやすい。ゆっくりした動きなので、トウダウンの心配もない。草の介入が少ない状況で使う技なのでパターのようにレベルに動かすほうが、方向も距離感もだしやすい。つまり、ライ角どおりに構えれば良い。あとはボールの左端の真上に自分の頭を起き狭いスタンスで左体重のまま(あるいは右足ぱかっと開く)D・CHOPで転がす。OD...
@

Nは目安でアバウト、RはODも参考

昨日のRの様子では、最大GWNが60、SWNが50に到達するようだ。腕ハーフ-10だな。手前にハザードなければ、ショートの害は少ないので、この数字で覚えればいいだろう。斜めの角度はいろいろあり決め打ちの精度はない。あくまでも大体である。しかし、それで充分ないか。ピッタリ寄るなんて10年早い。GかEPにしがみつければいいのだ。後はパターの仕事である。だからLPなMPの練習は欠かせない。PWRの1/3...
@

新お出かけセット

SW(ボケ56)、HBDW、HBPWの3本。この3本で何でもできる。新御三家だな。テキサスは、キャデイさんがもってきてくれる。r80:HBPWH(胸の目大事)r70:HBDWH(胸の目大事)r60:HBDWNで、Gに乗る。それで十分じゃないか!(N=H-10)r50:SWNでGに乗る、それで十分じゃなか!(N=H-10)r30以下でラフ:SWシャフト立ててハイボール。30以上飛んでもGには乗る。それで十分だろう!r30以下で草の介入が少ない:まず...
@

本日のRで感じた、アプローチの大事

・ボールの左先を打ち抜けばミスコンタクトしない・ただし上から打ち込みすぎないこと・Gに乗ればいいや、というアバウトな感じがむしろ距離感が合う。・Gに乗りさえすれば、15歩以下の刷毛塗りで高い確率で2PでHOできる。...
@

パターノーズ

yspzさんのブログで紹介されていた技。さっそくやってみた!EP外の蛇ラフから、パターの先っぽでつついて脱出する技。斜面に沿うのではなく、ボールに対してダウンブローに入ったほうがベター。脱出さえできればいいと考えれば、十分実用レベル。STしやすいので、しっかり打ち込んだほうが良い。...
@

左上がりラフからフック

写真ではわかりにくいが、ここはかなり左上がりのきついヘビーラフで、Gがすぐ近くという状況。道具はHBDW(50度)。YSPZさんの記載ではオープンスタンスということだが、私はクローズのほうが構えやすい。ボール手前に介入するラフ草に構わず、クラブヘッドのさきっぽで引っ掛けるようにフック転がしをする。:結果、低く出て、するすると転がってピンに近づいていく。う〜ん、これは不思議な技だ!...
@

基本!:玉の左のほっぺを打ちぬく

なんだかんだ言っても、これが基本中の基本。ボールの左ほっぺ真上に自分の頭を位置させ、ボールの左ほっぺを打ちぬく。つまり、わずかにダウンブローに入るわけだ。バンスはボールに当たる前に接地するが、それでいい。...
@

Little hooky 7 Iron (LH-7)を自分なりに理解するメモ

・LH-7は、yspzさんのところで紹介されている技。・インサイドアウトに、被せた7鉄のサキッポで引っ掛けるように当ててドロー回転を与えて転がす。(かな?)・砲台Gのラフから寄せることも出来るという。・これで厳しければ、さらにパターのトウ打ちがあるという。・パターのトウ打ちといえば、この冬、密林の女王(Gまわりのフカフカラフに浮いた状態)対策で、パターの”ヒール”で脱出させる練習をやった。雪がとけて、アプ場で...
@

花道から40くらい

PW前後で、ぽ~んと1/3あたりに落とせば(つまりP&R)、だいたい近づくんでは?すくなくともGONはするよな。きっと。想像するだに、恐怖が少なそう・・?...
@

砲台の打ち上げでザックリ

滝の、中9、G左深いラフ。左砂からDTDKミスで招いたピンチ。結果、ボケ58で敢えなくZK(*_*)。図の青のようにすべきなのか?。PWなど、あるていどロフトの立ったクラブにすべき?#これは、どうしたらいいのだろう?>教えて下さい。...

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する