>

Entries

@

G周りのキツイ左下がり

・三觜Pの動画より:  ボール右に置いて、自分はボールよりも下(左)に重力に逆らわずに立ち、そのままコツンと打つと転がって寄る!バカみたいに簡単だなおい。#な~るほど~。無理して傾斜に沿って立つことはないわな~~。これは草スリの素振りの原理だな。...
@

PING Sw・Lw の使い分け

SW:70-60-50LW:40-30-20がいいのでは。LWは飛ばない専用。ちなみに、LWのFは60。 SWのFは70。LWで50も可能だが、SW(3QB残してMJ)のほうが確実。40以下は、LWのほうがOVしにくい。...
@

ヘッドの回転

があればダフらない。砂以外のショットで共通だが、小さな寄せほど重要。...
@

G周りの小さな寄せで、ウエッジでZKしないために

・これも三橋Pの動画に出てくるんだが・Ep外の逆目ラフからの小さな寄せ(WW)で、HFでクラブヘッドを直線的に当てにいくとZKするが、・フェースを(尺骨軸回転で)回しながら打つとZKしないという。なんかわかるぞ!...
@

20~30以内の精度を上げるために

転がせない場合は、LWCがマッチなわけだが、ユソとLWC側の調節の関係を、正確に現場で割り出して実行できる必要がある。そのためには、ユソの精度上げて置くのも重要。昨日の滝のRでは、地面から旗のてっぺんまでは220cmだった。このデータをもとに、電信ばしらなどをつかってまずユソをブラッシュアップする。腕の伸ばし方で大幅に測距データが変わるのでLWCのグリップで代用できないか試すこと。...
@

PWTは安心感あって良いが

・花道の左上がり傾斜で1:2が1:2以下になって少しPSTしやすかも。・傾斜の程度とか、Gまでの距離にもよるが、9Tがベターなこともあるかも。・逆に下り面では、DWTがベターなこともあるかもしれぬ...
@

GOVしたあとの難寄せ

・昨日の羊⑫SG。D@でGB越えのセカンドのチョイスエラーでNSだったが少しGOV、奥の土手を転げ落ちてJCラフ。・G面は奥から下っておりピンも近い。・ラフライで転がしも難しい、PWTもOVしそうで、結局SWCを選んだが、ラン多くPOVしてつMP残し排卵でボギーだった。・左下がりライから下り面Gのシーンでは自然にLWCを選べるのだが、JCライで土手こえてとろとろ転がす玉が求められるシーン。・ラフからLWCだと、だるま落としを心配した...
@

PINGLWについて

・このLW、昨日のRでは大活躍した。ボギーオンのLWCがBPが2回もあった。・このブログで研究している、距離めやすや(チョーキングやFの測定結果)は確実に役立つ!・大雑把ではあるが、にうまこや、羊レンジや、アプ場などで想像する距離目安はだいたいあっている!・LWで60以下自在だと、積極的にセカンドでG狙える。・実際、LWCの寄せのおかげで、羊⑭でr200から3打で上がれている。これって凄いことだと思う。・今後、草...
@

PWTのコツ@道場

・今晩の道場練習で気づいたこと。・HBPWTは、草すりの段階で、HBソールを活かしたレベルなランディングがミスが少なく打感もよく距離感も出しやすい(ヘッドを閉じながら当てやすい)...
@

決め打ちの考え方

・傾斜や風向きで塩梅するのは当然として・・・・OVするよりSTのほうがベターなので、チョイスする時よく考えて判断せよ。...
@

G至近の寄せ判断(改訂)

・EP:20歩以内はテキサス。それ以上は転がしベター。4WRもあり。・EP外:転がし基準、PIN近はテキサス、草介入+~++はSWハウチやSWR。・花道:EPに準ずる。・草介入+~++:SWお先にバンスダフリ。・r30以下:LWC+オープン。無理せずPWでOD設定してP&R・r33:LWC(MJマーク1)・r44:LWC(MJマーク2)・r55:LWC(MJマーク3)・r60:SWC(別に上から叩き込む必要なし)・r70:SWF(ST上等)・r8...
@

LWCで30y以下はどう打つか?

・上げて止める必要があるシーンはけっこう多い。・LWCで30~50は、チョーキングで可能。振り幅で調節しないチョーキングだけでしっかり打ち込む。・ありがたいことに、MJでテウチぽいぶつけるだけの打ち方になっても、躊躇なければ大抵うまくいく。・そうすると、最MJで(33)くらい飛んでしまう。・これ以下(30~20台)にするには、フェースを開くかシャフトを立てる(お先)しかない。振り幅減はやらないほうが安全...
@

のこり距離の目安

100:PWF90:DWF(GSTする)80:DWF70:SWF(GSTする)60:SWC50:LWC40以下:LWC または、PWT(P&R)、テキサスGB:SWY#70~80あたりが苦し紛れな感じ。100~130くらい残すほうがベター。#セカンド地点で残り270~280の時がLUの勘所。280↑や260↓は4Wで距離稼ぐOK。#羊⑰(P5)はいつもセカンドLUしてパー取れている!。長いP4でも同様。#基本、GST→テキサスやPWTでカバーのほうがGOV・...
@

LW導入の意義

・SWのオープンやハンドレイトではデリケートな近距離の上げる玉をEZに実現できる。・Gから近距離で、ラフやハザードや小山越えで転がしが効かない場合も平気になった。・ピン位置が近い場合もPOVを最小限に出来る。・具体的には、LWC(最MJ+オープン)で30以下。なおLWCで50まで可能。・ロブというより、LWCでチップしたほうが無難でEZ。・斜め上からダフリ入ってもESソールで上手くいっちゃう。#転がしや、PWによるP&Rなど...
@

LW導入後の寄せ

・EP:テキサス、遠いのは4WRとか、8Rとか・EP外:順目ならテキサスも可、逆目や花道成分多ければPWR(ランはG内)、・花道:Gまでが遠く、ランがG外になりそうなら、PWRまたはLWCも考える・G回りハザード越えは、LWC無難。・GB:SWY・カップまで20~30y:で転がせない:LWCで最MJ、フェース開く。・カップまで31~50y:LWCで可能:チョーキングで調節、・60y:SWC・70y:SWF または DWH#お出かけセットは、L...
@

新おでかけセット

今までは、SWーPW-8鉄だったが・・・・今後はLWーSWーPWとする。ライの傾斜を考えて、PWがDWになったり9鉄になったりすることはあるだろう。パターはキャデイさんが持ってくる(笑)...
@

P&R(チッピング)は、PWがFIT?

・ODを自分なりに設定して、寄せの草スリの素振りをOD見ながら行い、無心状態で振るチップショット(P&R)は、予想通りうまくいくようになった。・G回りの、テキサス領域を越えたような状況でマッチ。つまりあまり難しくない寄せ。・今までは、自信がないので無理やり転がしてかえってチャックリしたり転がりすぎて大OVしたりしていた。・これを、オーソドックスにPWのP&Rとして、教科書的にOD設定と素振りを励行するようにしただ...
@

PW砂研究@ほあ

・無理にクリーンに打つより、フェース開いてバンス使うほうが断然簡単。...
@

PWT研究@ほあ

・5歩キャリーさせるのは、けっこうしっかりである。・5歩キャリーさせると、10歩弱ランがある。本番Gではもっとランが多いだろう。#大事なことは、OD設定と、OD見ながらの素振りである。これによって大OVのミスはなくなる。...
@

4WR研究@ほあ

竹くん並に短く持つには、グリップの最下端が左手になる、これくらいMJで持つと飛び過ぎない。MJで持つときは、シャフトを左に逃がしてやる。非常に足が長い。本番Gでは、一番MJで持つのが無難だろう。フェース向きはテキトーでも、案外、方向性がいい!...
@

PINGLWシダ、ほあ、ほんまこ

アナログというより、決め打ちのほうが安全。ほあ: HFなしで腕ハーフで大体30歩。練習Gなので実際は35歩くらいか。腕ななめで12歩くらいキャリー。ほんまこ: HFの腕ハーフでLWCでトータル30・40・50? 躊躇せず、しっかり打ち込むと吉。     30以下はフェース開く。 グリップのマークで30・40・50の打ち分け可能だと思う。LWF=60くらいか。ちなみに、SWF=70? PINGSWと同じように使えるが、...
@

最も抜けるのは

バンスの作用を期待しない場合、もっとも草の抵抗が少ないのは・・・・②である。①の真横からの進入ではない。幸いなことに、振り子運動なので真横に入れることは出来ない。ただし、下から入ると同じようなことになってしまう。②では、草の真ん中より上から入り斜め下に向かい草を押し倒して進む。③のように上から入ると草の抵抗は最大限となるし、地面にささってしまう。#以上より、ボールの後ろ上から緩やかな角度で入るのがベス...
@

SWCの体重はどっちにかける?

・SW↑(お先)同様、右足にかけて構える。・これによって、バンスから入るが、SW↑(お先)のように右に体重かけっぱなしだとトップするので・・・・左に体重戻しながらインパクトし、低く抜くようにする(草を抑えながら球はフェースを駆け上がらせ、バンスは滑らせる)。これによって低く出てスピンがかかった球になる。#混乱したら、落ちついてバンスの動きをイメージすれば思い出せる・SWNや、SWHは決め打ち系だが、こちらは、...
@

SW↑(お先に) と SWCの違い

上図:SW↑(お先にバンスダフリ):地面からバンスが弾かれる方向に無回転でボールが上がる。ノースピンの高い球。いわゆるポッコンである。プロは嫌がるが、私には有用。ノースピンだが高く上がるのでそこそこ止まる。硬い砂ショットの原理と同じ。下図:SWC(ギロチンカット)バンスでソリのように草をなでつけて進み、ボールがフェースに駆け上がることでスピンかかる(草がフェースに残らない場合)。飛び出しは低くスピンで止...
@

SWNで左下にターフとると13歩キャリー

という、過去記事データがある。これを信じれば、ランがその半分あるとして、トータル19.5歩。つまり、SWNで20歩弱も可能といえる。レンジでは、SWHでキャリー45くらいだが、ランがその半分だと、計60になり50狙いをOVするのがガテンがいく。本のデータによると振り幅が倍になると、キャリーは4倍になるという。13*4=52であるから、その半分ランするとして78!。つまり、腕HでG狙うと、+28もOVしてしまう...
@

いかにY1Pが有効か分かる話

・昨日の羊で、パーが7回だったのだが・・・・そのうち、POPは3回、Y1Pが4回だった。・もし、Y1が効かなければ、84→88かそれ以上!?だったのだ。・寄せでダボをボギーに抑える作用も当然あるわけで・・・・4回のY1Pの内、2回がテキサスによるもので、2回がテキサス以外である。・テキサス(転がし)の有効さも明らか。・テキサスは自信があるので、テキサス以外(OD設定)のブラッシュアップが大事!...
@

転がしについて

・パターで行ける!と思ったらパターで良い・パターではちょっとな~と思ったら、FWRが良い。前回羊⑱で7WR採用したが、パター距離感で若干STだったが大事故はなかった。4WRならモアベターかも。・SW~8鉄はOD設定がしやすい。ODの正確さというより、ODの設定そのもの、OD見ながらの素振りにこそ意味がある。OV側のミスを未然に解決できる。・砂はSWが良い(Y字の藍ちゃんパパ方式)。遠い砂もSWで良い。普通に構えて大きく振る...
@

PINGLW(60)復活か?

・PINGSW(56)で、近距離(30前後)の決め打ちで、上げて止めたいなと思うことがある・SWでも可能なのだが、どうしても強く入りがち。・PINGLW(これもES)を持ってるのだが、これを復活させてはどうか・これまでの経験で、LWいれてよかったためしはないが、コブLW(59)はけっこう便利で安全だった。・PINGLWは、ローバンスのLWでないので、安全に運用出来ると思うが・・・・過去記事では、LWFは50、LWHは30らしい。SW...
@

OD設定して草スリの素振りをする間のメンタル状況について

・気が焦るのか、ODの設定もなく、パター的に転がそうとする傾向がある。・テキサスや、FWRやUTRではそれでもいいかもしれないが・・・・Gまで距離があって途中ラフであったり、傾斜を越えたりと、パター感覚では無理なシーンが多い。・そういう場合は、チップ(P&R)なりロブなりするしかないのだが、OD設定がないと、ピンまでキャリーで狙いやすいのでランが出すぎてPOV~GOVする。それを恐れると減速してZKする。・使用番手とラ...
@

OD狙いの素振り有効!

・やはり、現場ではOD狙いを省こうとする傾向があるが、自分にOD狙いの素振りを強制することにより、Y1Pが取れた!・傾斜や、Gまでの距離、EP〜カップまでの距離を把握し、番手選んで素振りして本スイング、この流れは欠かせない。・経験がすくないので、すべてY1Pとはいかないが、大ミスはなくなった。これでいい。...

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
Mr.Abedeath gave me syoball picture

"Dreaming syoball"

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する