>

Entries

@

Tips of shortPUT

It is wrong to move putter head just towards cup.The ball will pass through right side of cup.I must turn the putter head during impact..It is necessary to give boll true rolling.True rolling lets the ball comes into the cup....
@

青木Pのパター本読んで

・スタンドで冬タイヤに交換の間、たいくつ対策に青木Pのパター本を読んだ。・印象的だったのは・左グリップは舵である。ここが狂うと入らないので、左グリップをしっかり握る(小指がわ3本で指が白くなるくらいに)・右手はそえるくらい、左グリップ以外の腕はリラックスしていないと腕を振れない。・1m以下はカップはずさす直線的に狙う。・絶対にショートさせない気持ち。・結果を見たくなるが、絶対に頭を上げないで左耳で...
@

SP・MPをねじ込む方法

・そんなのはありえないが、迷いを切るために・・・・観察、データ、”先生”、キャデイの意見を総合して、最後どっちに切れるか決める。・仮想カップを設定して、粘りつくように目線をゆっくり戻してきて、・ボール左にスパッツ設定したら間をおかずストロークする。・これによって入る保証はないが、外れても後悔が起きにくい。・こんなのは、和室ならバコバコ入るんだがなあ・・・という呪文が有効・自信がない場合は、入る時は入...
@

どんなに時間がなくても!

R前の、練習Gでのタッチつかみは必須である。余裕あれば、いつもの10歩、15歩からのチョーキングの効果も確認しておきたい。それによって、Gの速い・遅いによるダメージを少しでも軽減できる。(タッチは変えず、チョーキングやスタンス幅で微妙対応できる)...
@

11~12歩のソリューション

長く持って、SSで打ち抜くのが10歩。11や12歩は、10歩の延長線上で・・・・長く持って、スタンスを広げるだけ(by クロさん)。13以上は15歩のはけ塗りを基準にチョーキングで表現できる(by syoball)。10歩以下はMJチョーキングでSSで打ち抜く。...
@

@ほあ、練習Gでグローブ脱いでみた・・・

・ダメ。ガツンと来すぎて、かえってビビってしまう(W)。・デリケートなSPには、グローブ脱いでもいかもしれない?...
@

おお、ランガーPは私とまったくの同意見だな(W)

この考えでないと、パットが嫌いになるからね。実際、このまったく同じセリフを私は毎回唱えながらSPしてます(爆)入るのも、外れるのも運しだい。もちろん、セットアップは自分なりにきちっとする必要はあるだろうけど、あくまでも結果は運の産物。入ったら嬉しいけど運のせいにし、入らないのも運のせいにすればよろしい。...
@

刷毛塗り距離感のブラッシュアップ

・練習Gで15歩の刷毛塗りを反復して、自分の中に染み込ませようとしているのだが、・最近のRのや、練習Gで最初の1発めで感じるのだが、PSTぎみだということ。・これは、刷毛塗りの右手感覚だけでは、どうしても遠慮ぎみになってしまうのでないか・そこで、藤田Pの様に、ボール初速で距離に置き換えるほうが、その場の前向き素振りで感覚を再現しやすいように思う・さっそく、ほあの練習Gで確認したところ、OV、ST、その中間のヘ...
@

LPがSTする件

・練習Gで15歩の刷毛塗りを覚えようと反復練習している時にも感じるが・・・・だいたい、最初の数回は2~3歩くらいSTする(つまりRではMPを残す結果)・その後も、同じ距離の刷毛塗りを繰り返しても、だんだんSTは減っていくがなかなかOVはしない。・残念なことに、RでLPは1回こっきりである。練習ストロークはない。・ここから次のようなことが言える。・最初の数H、LPを3Pしやすいのは、あるていど仕方がないのかもしれな...
@

パターのロフトについて

ここ参照・・・ミケルソンPによると、【インパクト】時ロフトが4度が1番いいらしい。HFにするPは大ロフトをこのみ、左にボールを置くPは小ロフトを好む。つまり、パターのリアルロフトがなんであれ、シャフトのインパクト角度で変わってくるのだな。少ないロフトはインパクトからすぐに純回転になるから転がりはいいが、ライの影響を強くうけ、ひどい時は跳ねたりする(ミケルソンPのいうホットロール現象)。大きいロフトはすぐ...
@

竹君のマイナスロフト

・竹くんのロフトは、横から見ると、わずかにマイナスだと思う。(メーカーはRadius Faceとのことだが・・・半径?)Radius Face Technology putters designed to strike the golf ball above its equator producing immediate top-spin and a true and more accurate forward roll.:ボールの赤道を打てば、ただちにトップスピンがかかるために転がりがいい。ふむふむ。竹君では、ようするにボールの赤道を打てばいいのね・・・・こ...
@

竹君、月君

左が竹君、右が月君。竹君はマイナスロフト?。月君は4度ロフト。竹君はブレードが長く、ラインに直角に構えやすい。月君はラインの方向に進みやすいイメージ。・月君はまだRデビューしていない。・竹君はRで活躍中。・道場のマットでのチェックでは・・・竹くんは軽く振りやすい(敏感)。月君は重くマッタリしている(安定感)。・竹君の芯は狭い!ただし芯の厚みは2cm以上ある。月君はワイドスポットでブレにくい。芯の厚み...
@

竹君でやってるパターのチョーキング:月君でどうする?

左が竹君、右が月君。竹君より月君は1インチ短いので、長く持つほうの調整は、スタンス幅を増やすことで対応する。クロさんによると、スタンス幅を広げると、自然にインパクトのHSが上がるという。これをやってみる。到達距離を伸ばす目的のとき、振り幅を意識しないで済むという点では同じ??パターの性能がチョーキングでは変わってしまうので、その点ではクロさんのスタンス幅方式がベター??また、月君のほうがヘッドの質量...
@

SPはHFで打ちなさい!

クロさんに、ほあで、SPの秘訣を習ったど〜SPはHFで現打つと、打点がブレードの上のほう(SS)になって転がりがいいので入りやすい。普通に面で打つと、たいて実際はブレード下端でシャクリ上げるように打っているのでばらつく。さらに、SPでは長々とフォローを取らず、ヘッドを止める。つまりパチンと打つことでまっすぐ転がせる。...
@

刷毛塗り

...
@

刷毛塗り練習の成果

・昨日のRで、(10)級のバデパットが2回入った!・竹君。いつものように歩測、チョーキング、ラインメージ、目線もどし、マイタッチでストロークしただけ。・つまり、MP~LP重視のマイタッチ練習(刷毛塗り)の成果だ。・もっと刷毛塗り練習すべきだ。・昨日は放課後で、時間も押しておりR後の刷毛塗り練習を省いてしまった。・今後は省かないこと!...
@

目線もどしのコツ

・ラインの残像が残りやすいアドレスを常時研究すべきだ。・目線は、仮想カップから直線的に戻すが、その時、重機のようなスローで粘る目線が良い。・さっ、さっと目線を動かすと、ラインの残像、ひいてはスパットの残像が残りにくい。・仮想パットからのライン、スパットの残像がしっかり残るほど、ストロークもしっくりする→結果入る可能性が高まる。...
@

刷毛塗り

15歩を自分の中に叩き込むしっかり【刷毛】が入らないと、STする。しっかり刷毛いれても、急がなければ大OVはない。マイタッチ10.5歩基準でチョーキングする。Gの速さに合わせて、仮想カップを想定する。自分のタッチは頑固に変えない。できる限り、マイタッチ10.5歩の練習Gで刷毛の感覚を安定させる。15歩が大基準。10歩、20歩、30歩が中基準。5歩が小基準。他はチョーキング。10歩は、MJで刷毛だが実際は難...
@

最近、刷毛が甘い?

・しっかり刷毛てないので、最近PSTしがち。・刷毛は右手のひらで感じる。・インパクトの刹那で、しっかり刷毛を感じ取るようにしろ。・R前はもちろん、R前後の刷毛塗り練習を絶対に省かないこと(10歩以下では刷毛塗りにならない)...
@

きた~

G30のソールの錘。オリジナルより4g重い。これで4m飛距離が伸びるはず?(笑)ガタつくので、ボール紙でスペーサーを制作!...
@

刷毛塗りタッチ養生

竹君の、この硬い感触が大事なのだ。もう一生パターはこれでいいと思う。(SSで打つと、ソフト)...
@

竹君はGOOD

・ローラーがかかっていて、マイタッチ10.5より速いしあがりだったが、・朝の刷毛塗り練習で、バッチリ調節できた。・37パットは多いが、竹くんの距離感、ライン出し能力に不満はない。・(4~7)くらいのMPが数回入った!。・スパット通し法、目線戻し法有効。・チョーキングによる微調節も有効だ。・テキサスもよいのだが、9R~AWRでテキサス拡張にとりくみ中。・LHKは、距離感が難しい。毎日練習しているが、ピンチシ...
@

パットは運ですよ

・運だからこそ・・・・外れてもサバサバしていられるし、入っても勘違いしないでいられるんだと思う。これ大事では!?・集中すれば入る式の根性論は、外れた時のダメージが積み重なって、だんだんSP嫌いになるよ(経験者は語る)・運以外の要素を、お膳立てで準備するのが大事なのはUまでもないです。当たり前〜〜...
@

SPでやるべきこと

①自分なりに曲がりを読み、スパットを決める(可能)②自分で決めたスパットの上を通すだけ(可能)#入るも入らないも運だが、①→②遵守で悔いがなくなる。...
@

自分の道具の重さと長さの表を作ってみた・・・思いの外リニア!

ピンクが現在のセット。HB2U〜HBDWほぼリニアで、FW以上とSSウエッジが長すぎの傾向。(黄色の点線が理想だが、ほぼHB2U~DWまでがこの直線上にある)#よって、1WやFWをMJで持ち、SSウエッジも短くもてば、無改造でも、ほぼ全番手リニアになる。いかにHKさんの精度が高いか分かる結果だな。今のまま使うなら、Dは5センチ、ウエッジを10センチ短くもてばベターかも?#DATA番手,重さ(g),長さ(cm),(inch),(g*m*m)R15 1W:319,...
@

今年も刷毛塗りでいくぞ

●ルチン練習メニュー●:だいたい30分かかる。これをR前後+週2回練習Gで行うべし。これで、ホームコース(MTH)の基本的なタッチを体に叩き込む。これが、テキサスや転がしにも転用できる基準感覚になっていく。(しかしオフ期間に消失してしまう)①テキトーに打ってどのくらい転がるか。MTHでは10.5歩が平均的で、おおざっぱにGの転がりがわかる。②15歩の往復。グリップ中ほど持って、刷毛塗り。③10歩の往復。【長くも...
@

開幕2Rの、グリーンの転がりは、気にしない!

ホームコースのグリーンのタッチを思い出すことが大事なので開幕初戦や次週の、アウエイのコースのGタッチで悩んでもしかたがない!3P4P当たり前である。・・・OVが入らないだけで、ビビって大STしてるわけでないし・・・テキサスや転がしのタッチがぴったりいかないのも当然のこと。LPや転がしでスコアを作るスタイルなので、スコアが太るのもしかたがないじゃないか!。うん、うん。凹まない、凹まない(笑)...
@

しっかり刷毛を入れるということ

・刷毛の入れ具合・これが私の距離感のエンジンだ。・しっかり刷毛が入れられた時は、入るかタップインまで寄る!・SPは、刷毛よりパチンのほうが有利(これはクロさんに習って確認済み)・方向だけに拘って、刷毛不足だと、大概、1mくらいショートする。・刷毛塗りの感覚は、ほあの練習Gが使えるオンシーズンに、週2回程度通って反復練習した。・その練習では、、とくに、15歩の刷毛塗りを重視している。これは昔も今も変わ...
@

MPが入る率を上げる

・今回も、8回もMPを入れそこなってしまった(実は1回も決められなかった!!)・これが全部きまれば、楽々70代であるが、無論レバタラである。・MPが全部入るなんて、プロでもありえないので、私が1回も決まらなくても不思議でもなんでもない・しかし、1~数回は決めたい。MPが入ると、気分が乗ってくるのだ→ゾーン?みたいになってハイスコアになりやすい。・ホームでないGでは、G情報が不足していて、ラインの読み間違い...
@

パターは問題なし!

現在エースは1本2000円で2本大人買いした(笑)竹君である。MP、LPの刷毛塗りで、刷毛をしっかり入れる。刷毛をしっかり入れないと、毎回50cmくらいづつSTしがち。この、しっかりした刷毛入れ感は、右手のひらの第2指・3指で出来るV字の頂点当たりに感じる。これが距離感のエンジンである。これは自分にしかわからない。大事にしよう。方向に関しては、竹君がラインにスクエアに構えやすく、問題がない。カップ1~2...

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
Mr.Abedeath gave me syoball picture

"Dreaming syoball"

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する