>

Entries

@

きた~

G30のソールの錘。オリジナルより4g重い。これで4m飛距離が伸びるはず?(笑)ガタつくので、ボール紙でスペーサーを制作!...
@

刷毛塗りタッチ養生

竹君の、この硬い感触が大事なのだ。もう一生パターはこれでいいと思う。(SSで打つと、ソフト)...
@

竹君はGOOD

・ローラーがかかっていて、マイタッチ10.5より速いしあがりだったが、・朝の刷毛塗り練習で、バッチリ調節できた。・37パットは多いが、竹くんの距離感、ライン出し能力に不満はない。・(4~7)くらいのMPが数回入った!。・スパット通し法、目線戻し法有効。・チョーキングによる微調節も有効だ。・テキサスもよいのだが、9R~AWRでテキサス拡張にとりくみ中。・LHKは、距離感が難しい。毎日練習しているが、ピンチシ...
@

パットは運ですよ

・運だからこそ・・・・外れてもサバサバしていられるし、入っても勘違いしないでいられるんだと思う。これ大事では!?・集中すれば入る式の根性論は、外れた時のダメージが積み重なって、だんだんSP嫌いになるよ(経験者は語る)・運以外の要素を、お膳立てで準備するのが大事なのはUまでもないです。当たり前〜〜...
@

SPでやるべきこと

①自分なりに曲がりを読み、スパットを決める(可能)②自分で決めたスパットの上を通すだけ(可能)#入るも入らないも運だが、①→②遵守で悔いがなくなる。...
@

自分の道具の重さと長さの表を作ってみた・・・思いの外リニア!

ピンクが現在のセット。HB2U〜HBDWほぼリニアで、FW以上とSSウエッジが長すぎの傾向。(黄色の点線が理想だが、ほぼHB2U~DWまでがこの直線上にある)#よって、1WやFWをMJで持ち、SSウエッジも短くもてば、無改造でも、ほぼ全番手リニアになる。いかにHKさんの精度が高いか分かる結果だな。今のまま使うなら、Dは5センチ、ウエッジを10センチ短くもてばベターかも?#DATA番手,重さ(g),長さ(cm),(inch),(g*m*m)R15 1W:319,...
@

今年も刷毛塗りでいくぞ

●ルチン練習メニュー●:だいたい30分かかる。これをR前後+週2回練習Gで行うべし。これで、ホームコース(MTH)の基本的なタッチを体に叩き込む。これが、テキサスや転がしにも転用できる基準感覚になっていく。(しかしオフ期間に消失してしまう)①テキトーに打ってどのくらい転がるか。MTHでは10.5歩が平均的で、おおざっぱにGの転がりがわかる。②15歩の往復。グリップ中ほど持って、刷毛塗り。③10歩の往復。【長くも...
@

開幕2Rの、グリーンの転がりは、気にしない!

ホームコースのグリーンのタッチを思い出すことが大事なので開幕初戦や次週の、アウエイのコースのGタッチで悩んでもしかたがない!3P4P当たり前である。・・・OVが入らないだけで、ビビって大STしてるわけでないし・・・テキサスや転がしのタッチがぴったりいかないのも当然のこと。LPや転がしでスコアを作るスタイルなので、スコアが太るのもしかたがないじゃないか!。うん、うん。凹まない、凹まない(笑)...
@

しっかり刷毛を入れるということ

・刷毛の入れ具合・これが私の距離感のエンジンだ。・しっかり刷毛が入れられた時は、入るかタップインまで寄る!・SPは、刷毛よりパチンのほうが有利(これはクロさんに習って確認済み)・方向だけに拘って、刷毛不足だと、大概、1mくらいショートする。・刷毛塗りの感覚は、ほあの練習Gが使えるオンシーズンに、週2回程度通って反復練習した。・その練習では、、とくに、15歩の刷毛塗りを重視している。これは昔も今も変わ...
@

MPが入る率を上げる

・今回も、8回もMPを入れそこなってしまった(実は1回も決められなかった!!)・これが全部きまれば、楽々70代であるが、無論レバタラである。・MPが全部入るなんて、プロでもありえないので、私が1回も決まらなくても不思議でもなんでもない・しかし、1~数回は決めたい。MPが入ると、気分が乗ってくるのだ→ゾーン?みたいになってハイスコアになりやすい。・ホームでないGでは、G情報が不足していて、ラインの読み間違い...
@

パターは問題なし!

現在エースは1本2000円で2本大人買いした(笑)竹君である。MP、LPの刷毛塗りで、刷毛をしっかり入れる。刷毛をしっかり入れないと、毎回50cmくらいづつSTしがち。この、しっかりした刷毛入れ感は、右手のひらの第2指・3指で出来るV字の頂点当たりに感じる。これが距離感のエンジンである。これは自分にしかわからない。大事にしよう。方向に関しては、竹君がラインにスクエアに構えやすく、問題がない。カップ1~2...
@

SPとMPの肝

ラインを見切って、ラインに直角に構え、スパットを通すこと。これにつきる。ラインとは、カーブと減速していく様子の動画イメージ。ラインを見切れれば入り、見切れなければ入らない。ただ、それだけ。...
@

竹君のころがり研究

・SSがなんせ狭いのと、SSとそうじゃない部分のダカンがはっきり違うので、練習が楽しくなってしまう。(ノイローゼを防ぐために朝夕6発づつに限定しているが・・・)・ラインと直角にブレードを合わせやすいが、センターシャフトに近いので、その角度がずれやすい。しかもそのズレが敏感にわかってしまう。まるで精密測定器を弄ってるような敏感さだ。・Rでは、斜め君のように伸びる球筋でなくて、加えたエネルギーぶんだけ転が...
@

SPの練習を沢山やらない本当の理由

・SPは運であると、ふだん嘯いているが、これは理由があって・・・そう思わないと、入る入らないだけに拘りだし、入らないと自分のせいだと思うので・だんだん、ノイローゼになってしまうのである(過去に何度も経験)・症状としては、SP練習ばかり、膨大に繰り返さずにはいられなくなる・・・腰にも悪い!・そこで、いろいろ語弊はあるけど、いっそ、SPは運である!ということにしてしまったのである。・競技に出るわけでもないし...
@

本日の午後Rで、竹君デビューだが・・・

・ここ2W弱、ナンヤカヤでRできなかったので、その間に竹君を道場ですいぶん転がした。・アイアン感は、斜め君に劣るが、ラインに直角に構えるのはずっとやりやすい。・LPが若干ショートするかもしれないが、ライン上のスパットに出していくのはやりやすいので、なんとかなるだろう。・構え方は、毒虫でなくて、斜め君と同じでいく。・センサーも右サイド(右足、右目、右手のひら)でいく。・刷毛塗りも、斜め君と同じでいく。よ...
@

毒虫のアドレスは

難しいですね。利き目が右のせいか、左目の真下に置くのが自分には不自然に感じるのでしょうか、どうしても中に入れたくなりますし、肩肩のラインが開きがち。つまり、ラインと肩肩を平行に構えるのが難しく感じるのです。平行に構えたと思っても実際は開いているので左にそれてしまう。このへんはショットでも同じ癖があるようですが(笑)。オープンに意図的に構え、右手のひらでライン上に押し出してやるほうがMPもSPも入りや...
@

毒虫で構えると

・右サイドで構える感じが薄れ、平行移動の感じが強まる。・自分としては、右手の小指側の手のひらで転がしてやる感覚がキモチーのだが、毒虫の両開きグリップだとそれが感じずらい。・方向性が重要なSP~MPは毒虫、タッチや距離感が重要なMP以上は自分のグリップがいいのかもしれない。・つまり、刷毛塗りは従来どおり(15中心)、5歩前後の丁寧タッチ以下は、毒虫で左右を安定させる。...
@

毒虫のアドレス

肘から先は、横から見てシャフトと一直線になる。このため肘は屈曲して肋骨下方をはさむような位置にくる。ボールは左目の真下。上体は45度に前傾し、顔は地面に平行になるまで頚部を前屈。この位置になると、カップからボールまでライン上を目線引き戻しても違和感がなくなり、ラインに対して直角に立ってる感が強く感じられる。...
@

ボールの位置、2組の平行線。

(毒虫より)ラインと両つま先ラインを平行に立つ。ボールは左つま先の前に置く。フェースはラインに直角で、左つま先~ボールラインに平行。#つまり、2組の平行線が、直交するポジション。#これだと、フェースとボールはレベルに衝突しやすい由#実験によると、このポジションだと、カップからボールへの目線戻しで”直角に立ててる感”が感じやすい。#ライン後方から、ラインを想定し、ライン上にソールしたままラインに平行に...
@

目線のひっぱりもどし

パターにおいて、ボールからカップに向かって目線をなぞってもラインはわからず、必ずカップから目線をひっぱりもどすようにすると、ラインが見えやすい。ボール位置と目の位置で、ラインに直角に立ててる感があったりなかったりする。ラインに直角に立ててる感があるときは、スパットさえ通せば、必ず入る!そもそも、竹君は、それをやりやすくするために導入したのだ!ボールと目の位置については、Rでぱっとセットできるように...
@

ライン後方から見る習慣

・パターの時、いきなりラインに直角に立って構えやすいが・その前に、かならずライン後方から見る習慣をつけるべきだ・これは、ラインに直角にアドレスした時に、違和感を生じないための訓練になる・そのためには、練習Gにおいても、いちいちやるべきだ。...
@

毒虫

ん、この図では、左手が内側ですなあ。シャフトと前腕の角度は45度45度。ふむふむ。...
@

竹君(T字パター)初回道場感想

・SSに当たらないとダカンが固い。(SSに当たるとサクっという感じになる)・フェースの高さが低く、フェースの上端付近でボールの赤道に当たる感じ。・フェースの70%~80%より下は、むしろマイナスロフトに見える!・転がりはよいと思うがどの程度かははっきり分からない。・構えやすさは、キャッシュインなみで、シャフトを巨大な照準器に使える。・見えたラインに直角に合わせやすい。・ラインを真上から見下ろすほうが入...
@

ラインが見えるには

・左右の傾斜がしっかり把握できてないと見えない。・ラインは、どう減速して寄っていくかというイメージだから前後の傾斜も重要・データ上、下りの逆目などは、イメージが沸かないので、平だと思っていくしかない。・両目線が、ラインの真上にあるほうが見えやすい。・ラインが見えたらさっさとスパット通して打ってしまうほうが入る。・ライン見えてもモタモタしてると、すぐに見えなくなってしまう。・ラインというものは、入る...
@

毒虫グリップ

このグリップは、パターとチッピングで共通。両手均等に、掌は上向きで下からあてがい、シャフトに対し45度で向き合う形で握る。力は均等。シャフトと前腕の角度は左右とも45度横から見て、前腕とシャフトは同一直線上にあり両目線の真下にターゲットライン。シャフトはほぼ鉛直。...
@

私が蜘蛛を捨てた理由

・パッティングの、なにか、大事なものが失われる予感がしたので。・いくらSPが入ってもな~・斜め君にしたのは、アイアンぽいデザインだからなんだけど・自分で操作してる感覚(これが大事なものでないかな)がすごく感じられるから。・最少パット数は、蜘蛛でなくて斜め君だったりもする。・KP師匠が、斜め君をすてて蜘蛛に戻るかどうか注目(笑)...
@

後悔しないパッティング

①自分なりにラインを決める(距離と速度が一体となったイメージ)②ボールのすぐ左にスパット決める③ラインイメージが消えない内にスミヤカにスパット上を通すことだけを考える。・MPやLPがほぼOKに寄る。SPもほぼ入る。・外れたら、①②③いずれかにエラーがあるだけのこと。次、行ってみる!...
@

パットの結果で後悔しないために

・自分なりにラインをイメージする(ラインは、必ず飛び出し方向*飛び出し速度を含む)・ボールのすぐ左にスパットを設定し・そのスパットをイメージどおりのスピードで通過させることに集中する。・入らなかったらどうしようとか、考えずに。・これで入らなければ、スパットの設定か、通過スピードの設定の問題ととらえる。・次の機会にフィードバックすればいいのだ。・また、どこまで行っても、入る入らないは結果であって運や...
@

人の振りみて我が振りなおせ

・Uみさんのセンパイは、熱心なゴルファーで、年間50Rもするという。・最新の大型マレットで、太いグリップつけて、左腕をピンと伸ばして、逆手でグリップして、”まっすぐ打てれば入るんだよな~”と唱えながら、STかOVで盛んに外しておられた。・これを見て、もっと柔らかく遊びのように狙ったほうが入りやすいんでないかな?と思った。・まっすぐなラインなんか、めったにないと私は思う。・そもそも、入るのは偶然だし、...
@

低く出すとHUしない

・クロさんの、NZK打法(WW)は、低くフォロー出すがゆえに、HUしない・パターこそそれが大事なのでは?...

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する