>

Entries

@

思い切り振り切るということ

・この冬、吉田理論を研究してきたが・その練習につかってきたのは、R15(FITONMAX)で、重いクラブである。・このR15で開幕から2Rしたが、画面の恐怖でバントになってしまい、全然吉田式ができなかった。・それで、私はようするに左を怖がっているので、それを取り除くべく、・フッカーが飛ばせるクラブを検索したら、G25がHITした・さっそくボロいG25をポチして、レンジで振ってみたら、”思い切り振り切っても極端には左にいか...
@

PSRはモタモタしない

吉田Pの理論は形に非ず。1拍子は伊達じゃない。セットアップでもたついたら仕切り直せ。腕でコントロールするスイングじゃないので、レンジで膨大に反復したテンポで振ってしまったほうが曲がらない。...
@

吉田Pの理論には、なんら特別な魔法なし

・回転でなく振り子をモデルとする・ブランコのように脚で漕ぐ・右股関節を斜めに倒して骨盤を回転させるメカニズム・左軸でインパクト・振り遅れによるロスを回避する方法・筋伸張反射を使う方法・地面反力を拾う方法・逆テコの発動など、エネルギーロスを極力省いて無駄なことを避ける理論で、べつに理解不能な部分はない。これらは、今後体力が衰えても、ますます有効に働くのではないか?と思われる。飛びの最大要素は、最後の...
@

左軸で入射すると、出玉が安定する理由

・ボールが左にあっても、アウトサイドインにならない。・よって、軸が真中にある時より、ひっかけやスライスが減る。・左広背筋の伸展や、胸の目の実現や、左ジャンプがしやすく、・結果安全に逆テコを発動できる準備となる。・全体として、ハイドローになりやすい。#前回、Dショットが飛ばなかったり、左にひっかけたりしたのは、#ずばり、セットアップの最後に左軸のセットが出来てなかったからと思う...
@

やはり吉田PもTBで沈んでる!

高い位置から引っ張り降ろすのではないようだな!。バット素振りでトップに向かう時に沈むほうが、引っ張り降ろす時よりもスムーズにビュンと振れるし、【右】背中に変な筋痛も起きないて思ってたんだよね。トップに向かう過程で沈むほうが、素直に【左】広背筋を伸ばして伸展反射を使いやすいしな!。右の図はTOPより前のタイミングなら、この記事は正しいといえる。なお、下半身先行なので、切り返しはTOPよりタイミング早い。#...
@

吉田PもPSRの最後に左軸を作っている!

左軸が出来てからTBしないと左右に荒れる。PSRの最後に、くいっと左にシフトして左軸で構える(左バンプ?)と、ダウンで胸の目ポジションを取りやすくなるようだ。吉田Pはどうやってるのか、著作をチェックしてみると・・・やはり・やはり。吉田Pの著作の、”左軸アドレスの作り方”、1~8の、7と8を示す。実はこの前の6で左足を先にセットして左軸を確認するのであるが、7で右足をセットする時に真ん中軸に成ってしまう。...
@

吉田Pのスイングで足漕ぎがない場合

・まったく腕力使わないので、・脚漕ぎ使わないと、逆テコも誘発されないので・ワンレバーのサキッポ転がしみたいに、エネルギーがカスカスのスイングになり・全然飛ばない。・しかし、PSRをきちっと守っていれば曲がらないので・足漕ぎできるまで飛距離はじっと我慢だ...
@

漕ぎ足らない!

私の動画が、どっか物足りないのは・・・シャガミ立ち成分(ブランコ万漕ぎ)が足りないからでないかなこれ...
@

シャフト水平位置から、びゅんと振るには

・これは、吉田式のスイングドリルの1つなんですが・テウチでは、ゴリラみたいな腕力がないと?全然エネルギーが足りません。・しかし、そこからシャガミ立ちすれば、フルショットと大差ないエネルギーが出せます。・シャガミ立ちは、全体としては、ブランコを漕ぐような要領です。・部分的には・・・・・止めとこう。せっかく掴んだイメージが悪くなる(笑)・・・・・トップに向かっていくのに重心が下がるような感じですかね。...
@

スイング前の素振り

・吉田式は、”振り子を右に揺さぶって脚で漕ぐ”スイングである。・・・・意図的には回転させない。クランクメカニズムによって、勝手に回転運動が起こる。・頂戴で両腕を両胸に乗せる→右に揺すって振り子を動かす。これで、数回ぶらぶらする内に、細部まで思い出すことが出来る(一冬、その、思い出し練習をしたのだ・細部とは、右脚斜めとか、脚で漕ぐとか、胸の目とか、逆テコ作動とかである。・一切細部を思い出せなくても、ほ...
@

吉田PもTBで右ヒップは背後に向かって動いている!

この図であきらか。→TBで右にシフトするが右脚が斜めに支えているので右ヒップは右にずれるのではなく、(真ん中の図)背中方向に移動する。(腰を回すのではなく、振り子を動かす動きの結果起こる動き)←切り返しで左にシフトするのだが、真ん中の図で背中方向に移動していた右ヒップは、元に戻っている。これは、右脚が地面から受ける力によって、足が地面について動かないために、起こる現象。・・・・ゴルファーは斜めになった...
@

TBで右ヒップが背後に引けるほうが

漕ぎやすい。とバット素振りで感じていたので、Dスイングで試したが、良さげだ。トップで伸び上がらないですみ、前傾も保持されやすく、右脚倒してヒップターンを発生させる感じを掴みやすい。胸の目も自然にとれるし左ジャンプもタイミングとりやすい(両脚の連携で、漕ぐ感じにしやすい)。ボールの弾道も乱れにくい。股関節を使って地面からの力で腰の回転を生む感じがわかるぞ!。な・ん・か・つ・か・ん・だかんじがする??・...
@

吉田Pの飛ばしのメイン成分は

・最終的に逆テコによる急加速をいかに引き出すか?・・・・でないかな?・左軸のセットアップも、頂戴も、振り子も、ブランコ漕ぎも、胸の目もすべて、そこに向かって集約していく。...
@

自分の動画を批評

これ・頂戴や、左軸のセットアップは丁寧に出来ている(準備まではOK)           ・・・しかあし!・・・・TBが浅い、あるいは、切り返しで左の広背筋が伸ばされてない→バネになってない、胸の目でない、体開く。・左ジャンプがない→漕げていない。→左力点を持ち上げられない→逆テコが働かない#つまり、吉田理論の、飛ぶ理由が出来てない。これでは飛ばないのも当然である。...
@

吉田理論のエネルギー源

・上半身で力むところはない。・全体として、振り子運動であり、ブランコ漕ぎのイメージ<フォワードスイングで2回加速する>①切り返しで左広背筋が伸ばされる→バネで戻るのがダウン加速になる。体重の落下重力も加速成分。②落下で左踏み込み→(バネの戻りで)→ジャンプで地面からの跳ね返る力も拾う→左支点が動く→逆テコが作用する①:深いTBのイメージ。胸の目を作りやすい。②:踏んで跳ねるというより、一気にブランコを漕ぐ感...
@

私の動画をじっくり観る(笑)

・スタンスが吉田Pより狭いのはいたしかたない(笑)・ぜんぜんヘッドが走ってない!・シャフトのしなりがない。・リキミ感がなく、軸ブレが少ない?が、なんとなくさらっとした印象で弱々しい。・以前に比べると、胸の目がすこしあるが、まだ浅い(インパクトで体開くことが多い)・あまり足漕ぎできてない(上下がない)...
@

吉田Pの動画をジックリ観る

・インパクトゾーンのもの凄いヘッドの走り。・たしかに、インパクト前は体ひらいていない。胸の目がある。・スタンスの広さはちょっと真似できない(60歳の文系爺で体硬いので)。・意図的に左ジャンプというより、思い切りブランコ漕ぐような自然な流れ。・どこで逆テコ発動してるか分からないが・インパクトゾーンで何かしているようにも感じる。結果としてそう見えるのか?・ワッグルは、実際のスタンス位置で、ボールの手前...
@

逆テコ使いより胸の目ポジションが先だとHSが上がる理由

・切り返し以後のスイングアークが小さいため、ヘッドをインパクト前まで運びやすい。(ヘッドが体の近くを通るため、時間も無駄な力もいらない)・いわゆるタメの効いた状態になる<注>・ただし、肘を曲げて、ひょい!と担ぎ上げると、シャフトのしなりを使えないので、TBでは肘が伸びていること。...
@

胸の目と、左力点の逆テコはジャストマッチする

・もし、胸の目のポジションに入らずに、左力点の逆テコを使うと、ひっかけてしまう。・また、胸の目のポジションから、左力点の逆テコを使わないと、振り遅れてしまう。・胸の目ポジションを取って→逆テコ使うと、ちょうど良い・全体として2重振り子なのでインパクトにジャストで間に合う(ドローになる)。・胸の目ポジションに入ってないと、間に合いすぎてひっかけてしまう。・胸の目→逆テコは、ドライバーにおいて、飛距離UP...
@

全てにおいて

胸の目は有効...
@

胸の目があるから

逆テコで加速できるんだな。...
@

吉田Pとの違い

・全然違うけどね(笑)、まあまあ、それはおいといて・・・・吉田Pは粘りが感じるが、私の動画はさらっと流れている。・動画比較して、ぱっと見違うのは、PSRにおいて、吉田Pには大きなワッグルがあるが、私の動画には無い。・このワッグルで、逆テコとか、逆しなりとかの最適タイミングをはかってるんでないかな?...
@

吉田Pのコピーはしたいが・・・

・スタンスを広げるとどうもギクシャクしてしまう。・吉田Pのようなワイドスタンスは無理!・60歳の文系親父だもん、当たり前かもだな~・肩幅よりちょい広い程度がMAXだな~・ま、出来る範囲で真似することにする。...
@

インパクト前に振り切る!つもりだとHSが上がる?

・毎日、心技体のバットを、室内と室外で朝晩素振りしているが・インパクトで風斬り音(ブン)が最大になるためには①胸の目②右支点で左力点。インパクトで左力点を逆方向に動かす気持ち③脚漕ぎ①②③1つだけでも風切り音が出るが全部揃うと最下点で大きな音が出るこの感覚で8番アイアンのヘッドを走らせると、シャープな風切り音(ビュン)が出る。...
@

ドライバーだけでなく

胸の目でボールを見るのは体の開きを押さえて弾道を安定させるのに有効だと思う。...
@

胸の目でボールを斜め左から見る

#体の開きを抑える仮想イメージ。胸の目で左上からボールを見る。自分目じゃなく。#”インパクトから頭ごとつっこむ”のが是正できるかも!?インパクトに向かう時、頭だけ、下半身だけの体重移動はダメ。#バット素振りでは、このドリルは効く!と思います...
@

逆しなりは撮影処理の問題なのか?

・その成分はあるだろうけど・・・・・たしかに、逆しなりの効果はあると思う。・画像で大げさになってるのはあるかもしれないけど・逆しなりで当たるほうが飛ぶ!ってのは確かだと思う・本当の本当のところは、どうなんだろう??...
@

自分の最近の動画を見て感じること

・パワーが漏れている感じがある。・どこだろう???・なんというか・・・優雅さが欠如!・とってつけたような不自然さ。スポーツ歴がないのがありあり。・動きがピクピクしておもちゃぽい(笑)・・・カメラの性能??・右足の浮きが速く粘りがない感じ・ヘッドの加速感がない。・フィニッシュが袈裟懸け。つまりしゃくりあげ?#自分の動画なんて見るもんじゃないな〜#がっかりして、悲しくなってしまうだけだ!...
@

回転で打つと、なんとなく緩む感じがある

・・ので、上体を突っ込んで掴まえにいきたくなる。緩みは、左膝に感じる。足腰を回転で先行させるのだが、先行する左膝からエネルギーが逃げる感じがある。・揺すると、緩み感がなくなる。やはり、スイングのエンジンは回転でなくて揺すりだと思う。・回転運動で、下半身リード、肩から先脱力の場合、スイングイメージは軸中心に回すでんでん太鼓になる。・揺すり運動で、下半身リード、肩から先脱力の場合、スイングイメージは2...
@

右踵で無理に蹴るとひっかけてしまうが・・?

・右踵で蹴ることで、体が起きて肩が開いてしまう。・蹴り上げるのではなく、踏み込むだけいいのではないか・つまり、右脚しゃがむだけ。・これだけでも重心重力で落ちるので地面からの反発力は得られる。・右脚が伸びる方向によっては体が起きてしまう。・ダウンスイングより前に腰が左にスライドする方向に動けば、前傾が起き上がらず、肩も開かないで済む。・この練習のため、吉田Pの本に、インパクトでボールを右に見るドリル...

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する