>

Entries

@

G30改ドライバーのコツ

・当てにいかずに、思い切りマイ・スイングしたほうが良い。・当てにいくと、腕振りのスイングになり、胸の目も消え、ヘッドが先行してひっかけてしまう。・充分な上半身の脱力と、ブランコ漕ぎで思い切り振る!気持ちがあったほうが曲がらない。・つまり、フェース面のコントロールは一切しないで遠心力任せのほうがベター。・ややドローのエイミング・TUは40mm(ボール高さ)・脚踊り・両腕で頂戴のセットアップ・上体リラック...
@

脚踊り

・PSRに、足踊りを取りれたら、よさげなので書いておく・ゴルフスイングはまさにスイング=振り子である。・振り子は、最初だけ、付け根を動かすことで揺れ始め・以後は、付け根をあるタイミングで上下することで増幅される・振り子の錘や、紐自体は自ら何もしない。・以上の感じを、クラブを持って再現するのが脚踊りである。・切り返しでシャガミ、最下点直前ではねる。・こう書くと分かりにくいが、要するにブランコの立ち漕ぎ...
@

ブランコ漕ぐ

・Dショットで、吉田Pのいう、ブランコ漕ぎの要領がなんとなく分かってきたような?・重みのあるバットスイングでわかりやすい。・なんというか・・・重力に乗るというか・・楽ちんな感じなのにスムーズに加速できる。・切り返しは無重力で、最下点で重力が倍?になるような感じ・上体~腕にリキミあると分からない。・クイックでも分からない・胸の目でないと分からない。・膝の曲げ伸ばしのベストタイミングがあり、ブランコの...
@

P5でスライスさせないためには

・@ほんまこ2F・頂戴で肘が下向いてること。・肘がそっぽ向いてるとスライスしてつかまらない。・頂戴で肘が下むいた状態で胸の目だと捉まったフェードになり高弾道で160キャリーする。・つまり、HB5Uと置き換えられそう?だが、HB5Uはラフに強いのでP5はP6のトレーナーのまま?・HB6Uを抜いてP5を入れるというのはどうか?。・左が危ない時の160yシーンに有効でないか?...
@

左に巻く要素・・・・・対策

・フェース角がクローズ・・・・・・・・クラブ改造!(済み)・ダウンで右肩先行・・・・・・・・・・・・胸の目!・TU高い時、下から煽る・・・・・・・・・・・レベルブロー!・スタンスに対して、ヘッド軌道がインサイドアウト・・・・・・・・イントウイン!...
@

フェードとドローの違い

フェードは何もしない。ドローは閉じながら当たる。この、閉じる動きのぶんだけ、ドローは余計に飛ぶ。...
@

何も悪さをしなければフェードになるというクロさんの教え

・ボールとヘッドがスクエアに当たる・ヘッドは軸回転なのでインサイドに向かうので、何も悪さをしなけれなボールにはスライス回転がかかる・ボールが潰れ、飛び出す。・フェードになる。・・・というものだ。この場合も、ヘッドは軸回転によって、ゆるやかに閉じていくわけである。ヘッドはかならず閉じながらインパクトを通過する法則、に矛盾していない。...
@

基本は閉じながらインパクトを通過

・軸回転だから、余計なことをしなければ、、表題のようになるはずである。・まっすぐ引いて、まっすぐ出すのは間違いである。・まっすぐ引くつもりでも、軸回転なので必ずインサイドに入る。・まっすぐ引けというのは、ひょい!と手上げにならないように、インサイドに引きすぎないように戒めているのであって、文字通りまっすぐ後ろに引き続けることはありえない。まっすぐ引くのは、長くてもせいぜい、右足までだろう。・ターゲ...
@

TBが浅いとひっかける?

・バット素振りしていて気づいたのだが、R時のドライバーのTBが浅い!・左脇のストレッチ感がないままに振り下ろしている。・これだと、胸の目も起こらない、ダウンにおける体の開きのタイミングが早くなる。・結果、ひっかける!#バット素振りの時のように、左脇のストレッチ感があるくらいTBすべきだ。#もしかすると、ひょい!と担ぎ上げてるのかもしれない。#肩まわりや股関節の柔軟性が不足しているのかもしれない→普段の習...
@

バット素振りで感じること

・しゃくり上げるより、振り”落とす”ほうが絶対的に楽にブン!と鳴る。・しゃくり上げるイメージと、フォローを大きくとるイメージは共通。・振り落とすイメージと、胸の目の感覚は共通。・しゃくり上げには腕力を要する。振り落としには不要。・振り落としでは、ブランコ漕ぎしやすく、左力点の押し込みもやりやすい。・しゃくり上げと、振り落としでは、同じゴルファーでも極度にHSが変わると思う(測ってないけど)...
@

G25で250以上飛んだ時のスイング感覚

・アドレスでしっくりしている・上体リラックスしている・ヘッド走る予感(しなりもどりタイミング?)がある・TBあわてず深い・胸の目が結果として成り立つ(軸ブレがない)・ミート感(柔らかい感じ)・曲がりの少ない高弾道ドローボールで、ランもある。...
@

軸ぶれとスタンス幅

ふむふむ。藤田Pの著作より。こないだPWでダフったのはやはりスタンス広すぎかな。左上がりでミスするのは右左と軸が動くからだろうな。右体重のままがいいのかな。...
@

ナイスアイデア

ゴルフレッスンコミック2017、5月号、P145...
@

DのPSRを決める

・TUは、40mm (ボール高さ):35でもなく、45でもない。・打席に入るまえに、振り子ぶらぶらや、ワッグルやエイミングなどを終わらせる。・打席に入ってからは、にうまこのPSR(動画に出てくる私と同じ)だけをリズミカルに行う。 <打席で行うPSR>・リラックス・右手にクラブもって左内踝前にボール・左、右頂戴・左足セット、続いて右足セット(右脚斜め)で左軸に構える・右シフトして振り子始動(回転でない!)・胸...
@

ゲーマネが出来ていても起きるショットミスはなぜ起きるか

・概出だが、傾斜やライに対応できてない。平らのつもりで振ると起こるミスショット。当たり前。・一か八かのギャンブルショットで、木に当たる。運が悪いんだから、当たり前。・飛ばそうとする。これは常にダメ。ちゃんとスイングすれば、クラブの性能なりに飛ぶのだ。へんてこりんにスイングするから性能が行かせないで飛ばなくなるだけの話だ。・ターゲット設定があやふや。・~に行きたくないと思うだけで対策がない→行きたく...
@

ブルックス仮想Rで思う

1つだけ大事なことは、胸の目。これだけで左右の大ミスがなくなる。DでもPWでも同じ。...
@

フォローでヘッドスピードが最大ではダメ!

・そもそも、すでにボールが離れてしまっているのに加速しても意味がない。・2重振り子と、逆テコの作用を活用できない(もったいない)・手ばかり先行して、ヘッドが振り遅れやすい。脇があき、ヘッドが開き、飛ばない、スライスするだけでなく、体がひらいてひっかけやすくもなる。・インパクト前にHSが上がるスイングのお手本(吉田P)・フォローサイドでHSが上がる古いタイプのスイングサンプル(ダメ)...
@

レンジで、稀に出る貴重なミスショット・・・

・連続でぽんぽん打っている間は、まずミスショットは出ない。・1発目というプレッシャーもレンジではあまり役に立たない。ただ、弾道が低めでドローボールでであることが多い。・飛ばそう!とすると、レンジでも色々ミスが起こせる。・肩に力が入って、腕力で振ろうとすると、スライスする。ヘッドが走らず、振り遅れるのだろう。・胸の目がない時は、センターより左にそれる。右肩がつっこんで体が開くためだろう。・冬期オフに...
@

回転ベースで考えると理屈が沢山必要

振り子ベースなら簡単なのに。Aスイングとやら、ダメだな。...
@

アドレスの順番ルチンを変える

なぜか膝伸ばしたまま腰を背後に下げて膝をカクっとまげて決めたくなる(上図。SNS方式)が、昨日のにの実験では、膝を曲げてから前傾したほうが脚の力を使いやすい(吉田P方式)。下図は、その説明になっていると思う。#SNS式では、股関節の決まった感じがするが、動き出しに抵抗あり。#吉田P方式では、安定して立っていられる。動き出しが滑らか。#脚を使う吉田Pのすすめるほうがベターだろう。アドレスの順番を変えてみる...
@

気のせいかも知れないけど

力まずひっぱたけるようになってきたような?右支点の逆テコを効かせ、右サイドで走らせてしまう感じ。弾道が急に高くなった。心技体の黒バット素振りが効いている気がする。この素振り自体が気持ち良いので朝晩やっている。運ぶのではなく、弾く感じ。ラウンドでないので良いのか悪いのか不明。...
@

回転で打つと、脇が開く

・回転イメージで脇が開かないように努力すると、腕が上がらなくなり、トップもフィニッシュも小さくなってしまう。・これをコンパクトなトップとは言わない。不十分なトップとするべき。・体軸に対して、上腕は90度の角度まで上がらなくてはいけない(ただし上げるのではなく、上がる)。・クラブが体の正面にあれば、上腕が90度上がっても別に脇は開かない。剣道の上段の構えから振り下ろすイメージが分かりやすい。まったく...
@

スイング=振り子

回転に見えるが、それは結果である。回転を意識する必要はない。回転を整えたり、回転速度を上げたりするのは本末転倒。振り子に徹すると回転もスムーズになる。回転を意識すると振り子が疎かになり回転も乱れる。スイング=振り子だという感覚は、パターからドライバーまで、スイングの大きさに関わらず共通でわかりやすい。パターや寄せのスイングを、回転イメージで作るのは感覚的に無理がある。...
@

シャフトが立つ意味

ピクリともしないのに立つわけがない。まあそれはさておき(哀)本題に入る。シャフトが寝て入ってくれば・・・・下からしゃくり上げる軌道に・・・そこまでいかなくても、横殴りになりやすい?まあ、上から入ってくれば、少なくとも腕とクラブにかかる落下エネルギー分は得かも。??振り子の効率を考えると、横なぐりにならないほうが安定するだろうな・・・そういうことかな。...
@

これもスイング

ジャズの生演奏を間近で聴いてきました。...
@

ヘッド加速の3要素

①しなり戻りを使う:このためには、1)必ず2点でグリップをしっかり固定している必要がある。2)インパクト前に支点の動きにブレーキがかかる必要がある。②振り遅れないこと:このためには1)必ずインパクトでヘッドが手を追い越すこと:手を振ると、ヘッドが手を追い越せないのでダメ。2)トップに至る前に足腰で切り返すこと(トップで切り返すでは間に合わない)③腕力でない大きなエネルギーを使うこと:すなわち1)自重...
@

支点は不動、力点の動くべき方向。

ピンク色で示す。グリップエンドは、ヘッドの進行方向とは反対方向に動かすとき、HDは逆テコで加速される。実際は、逆テコから伝わった力は、シャフトの順しなりを増強することに働き、それによってインパクト前のタイミングで逆しなりが誘発されることに繋がる。HD:ヘッド(作用点)RG:右グリップ(支点)LG:左グリップ(力点)もし、左グリップが、インパクトでヘッドの進行方向に動くと・・・・ヘッドは減速してしま...
@

なぜピンセット支点でなく、ハサミ支点なのか

(P)左図:ピンセット支点(右手が力点)(S)右図:ハサミ支点(左手が力点)#ピンセット型は、力点と作用点の動く方向が一致。#ハサミ型は、力点と作用点の動く方向が逆。#わかり易さのため、テコの全長から見た、支点・力点の位置関係を、1:1にしてある。#力点の動く距離によって生み出される作用点の動く距離はピンセット型が2倍#それなのに実際は、ハサミ型のほうがヘッドスピードが上がる。これは何故か?#力点...
@

リアル飛距離

60歳文系親父。こぶとり短足、性格陰湿。のデータ。D:飛んだ!と思っても実測200前後が多い。もちろん、ラン込みで200前後である。フォローで下り坂では250、アゲで上り坂では150以下ということもザラ7鉄:130、PW:90ですが何か?こんなもんでしょう。飛ばんね~~...
@

娘に観察によると

私のスイングは、ずいぶんセワシナイらしい。まるで野球盤ゲームのバットみたいに瞬間的だそうな。ビッ、バン!だなまさにテウチだすな~~(笑)爺になったら、しなりつかって、ぽよ~んという感じにしないと怪我するね。ひさしぶりに動画とってみよかな。あれ~。ガラケーとPCは繋がらないのかな→次の記事へ・・・...

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する