>

Entries

@

う~ん、これは逆しなりじゃなくて2重振り子の説明だよね!

あるプロの動画

まあ、2重~多重振り子で鞭の動きは説明できるかもだけどね。

剛性があって、逆しなりする、シャフトのようなものの動きはこれでは説明できない。

2重振り子は、ゴルフスイングの説明に重要だと思うけども、

肝心な逆しなりのメカニズムの説明にはなってない。

逆しなりは、剛性があって長さがある物体で、根本が固定された状態で、必ず順しなりの次に起こる現象である。

プラスチック定規の下を万力で固定して、固定してない上の方に力入れて曲げ、ぱっ!と手を話す状況で説明すると

moblog_be1b4867.jpg


上のほうが曲がるのが順しなり、ぱっと手を離すと起こるのが逆しなりに相当する。

もし、下のほうを固定していなければ、順しなりも起こらず、続く逆しなりも起こらない。

下のほうを固定してあっても、順しなりを起こす操作をしなければ、順しなりも起こらず、続く逆しなりも起こらない。

もし、プラスチック定規に剛性がなくてふにゃふにゃならば、順しなりも起こらず、続く逆しなりも起こらない。

ゴルフスイングでいえば、グリップを離れた両手でしっかり2点固定すること、切り返しで順しなりをつくること、手元の減速または停止で、逆しなりを起こすことに相当する。

コメント

[C12245]

やはり!ありがとうございます。
  • 2017-01-17 07:03
  • URL
  • 編集

[C12244]

コマ写真でなく、スロー動画を見直すと、確かに水平辺りから逆しなり開始のようでした。どうも有難うございました。
  • 2017-01-17 06:29
  • 北の武器商人
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する