>

Entries

@

R15改、長尺(46インチ)ドライバーの制作

R15のヘッド重量は、204g

錘1個(12.5g)とったR15のヘッド重量は:191.5g

60歳男性の45インチお薦め1W総重量は:290g

+1インチ伸ばすと、マイナス14gで:276g
(◆山代谷氏の意見では、+1インチだとマイナス5gが適切だという。これだと285g)

NS GT500シャフトが:57g

276-191.5-57=27.5g・・・・これがグリップに許される重さ。
(◆だと、36.6g)

そこで、25gグリップをさっそくジオテックに注文した!(ツアー25)
t25.jpg


#これで、46インチ、ヘッド191.5g、シャフト57g、グリップ25g=273g、46インチ
ドライバーが成り立つ。
#あまり手元が軽くなるのはよくないので、3g程度の余裕は、カウンターバランスでグリップ側に足す。
#上記は、45インチで290g説を推奨データとして採用したので、45インチで300g説を採用すると、さらにグリップに10gの余裕が出来るので、これを足して13gのカウンターバランスをグリップ側に足しても良いだろう。(46インチ、286gとなる)
#外付けアイテムを装着するといいだろう・・・例えば・・・

balance.jpg


1インチUPで1m/S,HSは上がるはずだが、例えば39m/S→40m/Sなら、40*40/39*39=1.052で、5%の運動エネルギーUPにすぎない。一方、ヘッドが12.5/204=6%の重量減で、ヘッドの威力(運動エネルギー)は6%ダウンする。あまりにも当たり負けするようなら、錘を2個に戻して、グリップエンドにもう1枚、カウンターバランスを足す。そういう調節も出来る。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する