>

Entries

@

今回Rで、もっとも後悔すべきレバタラ・・


⑭4、390 +3 6/1 D○(さっそくTU高めにした)、結果はドローでr178yのFWキープ。200切っており、P+P作戦にはハマらないので、2Uチョイス。結果捕まったLBでランが多く、左EP外ラフへ(寄せ苦手ゾーン!)。r30:SWN:X、GOVして敢え無くOB!。SWRもGOV、AWR○、SPは集中してねじ込んだ。4ON1パット+OBでトリプル。

↑仮想ではLUの予定(PW+PW)を、2UでG狙いにいった。これはあまり後悔してない。178yから、打数で考えるにしても、メンタル的にLUのチョイスは無理がある。

↑G回りのラフから、SWNがGOVしてOB!これは問題。なにが悔しいかというと、G奥が谷底OBで、絶対やってはいけないのはGOVしてOBだということを、KKSTできてなかったことである。KKSTは、1DKJ以上に大事。何をしてはいけないか、何をするべきか、事前に考える、上級者はこれが出来て、私は出来てない!。もし、AWRのサキッポ打ちをチョイスすれば、寄らずともGには乗っていたはず。さらに3Pでもダボだった・・

①4、385 +2 4/2 D:X左砂。砂4U○、北極ソールの技でクリーンに打ち抜けたが、左に飛んで左砂前左上がりラフ。ここから、SWNがZKで目の前の砂へ。砂@、MP排卵でダボ。

↑これも、KKST出来てないことが問題。やってはいけないのは、目の前のバンカーに入れること。最低やるべきはGに乗せることである。いろんな技術的なことも大事だが、KKSTが出来るようになれば、それだけで80切れるような気がする。もし、AWRのサキッポ打ちをチョイスすれば、寄らずともGBは超えて、Gには乗っていたはず。

#このように、技術的にはAWRはG回りでテキサス拡張的な福音をもたらすと思う。もっとやりまくるべしだ。
#この冬、道場でも、室外レンジでも、AWR(ワンレバーのさきっぽ打ち)は執拗に反復練習した!
#この、飛びにくく、上がりにくくいそこそこ制御された感じは得難い安心感だと思う。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する