>

Entries

@

スコアメークとメンタルワーク

・バデのがしのパーの連続(EPP)なら楽ちんでいいが、非現実である。
・パー逃しのボギーの連続(EBP)は可能である。達成スコアは72~90のどこか。MPが1Pで入ったり、SP残しに寄ったりすることもあるので、大抵は85前後におちつく。
・だから、アベレージ的には、EBPプレーで合格である。
・EBPプレーをめざしていて90こえちゃうのは、ダボトリの数が増える場合。
・1番多いダボは、ボギーオンで3Pしてしまう場合。いわゆる素ダボ。
・EBPはパーオン+3Pかボギーオン+2PでOK(ボギー確保)なので、パーオンさせるか、ボギーONのショットが上手ならOKなのだ。
・だから、パーオンできるところはパーオンさせるか、それが打力的に無理な場合は寄せのショットを2P圏内に寄せればいいのだ
・これは、RTからのプレーならば、現時点で普通にできそうなことである。
・これが90を超えてしまうのは、よほどの乱れや不適応があるということである。
・たとえば、OBとか・・LOSTとか・・・怪我とか・・・大嵐とか・・・Gのタッチが全然合わないとか・・・
・いくらミスが未来の肥やしになるとは言え、90を超えてしまうゲームは、やはり良くない。失敗Rと言えよう。

・スタートがボギーは静かで良い、とスタートHのHO後に思いたいものだ。
・ダボトリ~ダブルパーとかでスタートすると、気合は入るが気分は重い。
・ボギーがず~っと続くとジレてくるが、EBPだと言い聞かせると次に行ける
・パーがつづくと、とんとんとハイスコアに向かうが、油断すると落とし穴にはまる。
・事故的バデがくると、次のHの大叩きが待っているパターンがよくある。自らへの強力な戒めが必要。たしかにバデはありがたいが、”有り難い”ことだと感謝するだけでよい。
・ダボダボダボ・・・という状況で最悪は腐ることだ。EBPに徹してまずボギーを確保すべきだ。
・どこで叩いても、”今日は練習だ~”ほざいたりは禁、絶対に投げ出さないことで、悪スコアでもR後に満足感が得られる。
・上がり3Hで叩くパターンは、その前にもダボトリが多い。
・スタートボギー、以後ボギーとたまにパー、ダボが少なく、最後にパーパーパー!というのが最良スコアになりやすい。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する