>

Entries

@

①90を超えてしまう理由、②80を切れない理由

①90を超えてしまう理由

 オールボギーで90なのだから、ダボ以上が多すぎるのである。ダボの数だけパーがくればいいのであるが、基本はボギーなので、なかなかそうはいかない。まれにバデもあるが事故的現象にすぎず、期待できない。ダボ回避のためにEBPがあり、EBPに徹すれば90を超えることはまずない。たまにワンパットで入ることもあるから、90から1~9打凹んで、89~81で収まる。EBPとは、EZ ボギー パットの略で、タップイン(OK以内)のボギーパットを残すように、すべてのプレーをお膳立て(セルフプロヂュース)するのである。簡単なようだが、初心者には難しい。初心者は、どうしても、前打ミスの尻拭いに追い立てられて、飛ばそう・乗せよう・寄せよう・入れようとするからである(私じゃん・爆)。EBPとは尻を拭わないで、トイレから出てこられる技なんである。

②80を切れない理由

 4オーバー・4オーバーで80であるから、80を切るのはなかなか難しいことである。パーが基本で、ハーフで4つボギー・・・これはかなり好調なプレーであって、常に出来るとは限らない。・・・・と考えると非常に苦しい。まれにバデもあるが事故的現象にすぎず、期待できない。やはり、EBPでオールタップインのボギープレーをキッチリやり遂げるだけで良いのだ。運が良ければ、2パットが1パットで入ることが増え、ものすごく運が良ければ18回1パットで72となるわけだ。寄せやパットが調子良ければ決して不可能じゃない。寄せが上手ければ、パット数が減る。要するにボギーオンの寄せワンが増える。パーオンして、LPやMPの距離感がバッチリでも良い。何を練習すればいいか明白だが、そもそもEBPに徹していれば、難しい寄せも不要。近くに乗らない時は、2パットも仕方がないが、パーオンの場合は、最初のパットを最もEZな寄せだと思えば、寄せワンと同じことになる。よって易しい寄せや、MP・LPの練習が必要なのだ。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新記事