>

Entries

@

パープレーに近づくために

・自分の飛距離から、パーオンできるHはパーオン目指す。
・自分の飛距離でパーオン不可能なHは、マイパー設定を変える。P4→P5など。
・パーオンさせるためには、GONのショットがやりやすいところに運ぶのがTSの役割。
・ただ飛ばせばいいというものではない。FWK大事。
・GONのショットが届きそうもない時は、寄せやすいところに外す。
・GOVするくらいなら、手前で届かないほうがマシ。
・遠くにPONして、20歩以上ある時は、OK狙うが、結果3Pも止むを得ない。
・その場合は3Pでも、最初のLPが1番EZな寄せと考えて凹みを防ぐ。
・SPはパチンと打つ。その他は自分のタッチ(貴重な内感覚)を強固に守る。
・Gのスピードにタッチを合わせないで、仮想カップで対応する。

・アンラッキーはすぐ忘れ、ラッキーは無駄にしない。
・最初のほうで叩いても、絶対に投げないほうが、後悔しない。
・頭で叩いても、その後叩かない保証はない。最後まで注意を怠らない。
・逆にスタートでスムーズでも、その後叩かない保証はない。最後まで注意を怠らない。

・最もやるべきこと、最もやってはいけないことを一々考えてプレーすべきだ
・草スリの素振りは欠かさない(省きがち!)。
・ヘビーラフには、基本的に技術では勝てない。道具の性能に任せる。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する