>

Entries

@

パターのロフト関連

・ハイロフトパター(6度)を2本経験あるが、あまり有利でなかったような・・・
・フォワードプレスを大きく取る人にはいいかもしれない
・私の場合は、フォーワードプレスを大きくとるということで、アドレスに入る時のラインのイメージが乱れる気がした。
・アドレスで感じたラインのイメージが崩れないのは、なんといってもキャッシュイン(ブルズアイ)である
・現在愛用中の竹君(ミスター2)は、キャッシュインにフランジが付いたようなデザインで、アドレスでラインを感じやすいし、乱れにくい。
・竹君のロフト角は、マイナス?に見える。
・クロさんは、SPはマイナスロフトで打てばSSに当たりやすく転がりがいいとおっしゃってたが、竹君はそこを実現してくれているのかもしれない。
・ただ、竹君は、エプロンからのテキサスで跳ねて大STすることがある。これは大ロフトパターでは起きない。
・ボールが跳ねるのは、ロフトで持ち上がるのではなく、地面の反力である。
・ボールが軽く埋まっているのを、跳ねないように掘り起こすのがパターのロフトの作用である。
・硬い転がりのいいGでは、必要がない。
・ライ角の影響を考えると、インパクトロフト=ゼロが、最も方向的に正確である。
・よって、ロフトが多少あって、硬いGではHFでロフトをゼロにして使うのが正しいのだ???

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する