>

Entries

@

お先にバンスダフリは、神経タカリでも出来る!

・EPのすぐ外のセミラフで、ピンも近いといったデリケートシーンで、これまでの私は
・いかに介入する草の影響を無視して転がすか?ということに腐心していた。上げるWWが怖かったからだ。
・しかし、草の影響がどのくらいなのかもアヤフヤだし、ビビってSTしたりチャックリしたり、逆にパチンが入ったりして、転がしの道具を持っても失敗が多かった。
・たまに勇気をだして、ウエッジを持ちだしても、できるだけクリーンに入れてボールを拾い上げて高く上げる・・・的な発想で・・・そんなことはブキッチョな私にうまくいくはずもなく・・・・ザックリやトップを繰り返してきた。
・ところが、今ハマっている、SWのお先にポーズで玉右体重右でバンスダフるをやると、多少の距離感のブレはあるものの、とにかくGにはしっかり乗せられるのだ。
・滝ののコース内のアプ場の実験では、G回りのヘビーラフから、わずか3mのカップまで、そこそこ寄せられる!
気持ちとしては、バンスをボールの右にちょんとぶつけるだけだが、これが実にうまくいく。
・どのくらいの勢い(振り幅?)でバンスをボール右にぶつけるかは、その場の草スリ素振りで感じ取るしかないのだが
・こらが、・・・・どうしたことでしょう!・・・・なんとなくわかる。わかるとミスしないで結果も出る。いいことずくめである。
・PINGSWは、ダウンブローショットだと、Fで80弱、Hで60くらい、Nで40くらい。おさきにバンスだふりだとHで50、Nで30くらい、それ以下はアナログである。
・つまり、80以下はSW1本でいいわけだが・・・草が介入しない場合は、PWRでも良い。この場合はシモンPの靴キックで距離感を出す。
・テキサスは、EP成分が短くて逆目でない、G成分が20歩以下などではやはり有利。
・EP逆目〜EP外80yまでのラフで草介入する場合は、SW1本でいけるわけだ!
・PINGSWの、お先にバンスダフリは、神経タカリが気にする、デリケートなシーンほど有効!。
・つまり、私のSGを阻んでいた、神経タカリは、もう怖くない!のだ。
さあ、これから反撃するぞ!。SGさえ自由になれば、大幅に自在プレーに近づく!!

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する