>

Entries

@

(4年前の記事再掲)考え方にもよるが

・稽古は、道に到達点がない以上、一生である。
・ある時期集中して稽古して、一定の境地に立てば終わりということはない。
・なぜなら、日々、衰えるからである。
・道を目指すものの最大の障壁はこんなものかという油断である。
・その点、進歩の遅い私は幸福である。
・人並になるだけで延々と遠回りを楽しめるからだ。
・特に意識しなくても一生稽古が自然にできてしまう。


#今も同じ気持ち。まったく進歩していない!

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新記事