>

Entries

@

ダメだった原因・・・・・対処法が分からず戸惑う

●アゲで頑張って左に巻く(G30のMJバントで180進める)、●砲台Gまわりのラフで左上がりでZK(SWのフック転がしで簡単に寄る)●WWRのスコープが過少評価でGOV・POVする(SWN=50、DWN=60である)#この3つは大きい。#対処法がアヤフヤで不安な気分のままスイングするので確実にミスする#すべてこのブログで問題視して、解決してきた。#フック転がしは最近のヒット!茸師・YSPZ師に感謝。...
@

過酷条件のラウンド

・昨日は、台風なみの突風が吹き荒れ、体感気温も低く、ワヤだったわけだが・・・・どういう訳か、今季最小スコアで上がってこれた。・風呂場で、同年代の爺さんの会話を聞いて、ハーフで上がる!という技があることを知った(W)・そっか〜、常識ある爺は、あまり風つよくて寒いとハーフでやめちゃうんだな〜と分かった。・私は馬鹿なせいか、雷か雪でクローズでない限り、もったいなくて途中でやめたりできない。・私のようなタ...
@

ユソ(指測距)確認

右示指。上から歩数で60、50、40、30、25、20指毛は25歩#ユソで、ピンまでの距離はわかる。EPまでの距離はナビでわかる。この2つで、EPからピンまでの距離を現場で測定できる。#それを参考に、手前のハザードやラフなどの存在を考えて寄せる方法を選ぶ。...
@

強いフォロー風でSKもあり

・昨日の強風Rであった。・空沼⑬のセカンド。あまりに背後からの風で背中を押され、スイング出来ずSKした!...
@

左下りは右行きやすい。

・逆玉怖れすぎて右向きすぎでそのまま右ミスすることあり。(空沼③のセカンドなど)...
@

びっくりするようなミス・ラッキーアンラッキー

・意外で驚くようなミスが必ずR中にあるが、これは、観察不十分だったり、準備不十分だったり、一球入魂でなかったり、無知だったりすることから起きる。・びっくりするようなミスは、R後にじっくり解明したら良い。R中は気に病まないほうが得。とくに無知はどうにもならない。・デボなどのアンラッキーや、木に当ってFWに戻ってくるなどのラッキーもRのつきものである。・アンラッキーは受け入れ忘れ、ラッキーも受け入れてその後...
@

今回のRのようなプレーを再現したい

・まず、自然条件を受け入れること。風や雨や傾斜やライの影響を受けて、結果があると考える。柳に風だ。(茸師)・これらの影響に逆らわず観察・予測して、安全を確保すべきだ(サーチライトの向きの調整など)・力んで飛ばそうとしない。クラブの性能でそれなりのスコープに飛ぶのだ。性能を活かせば良い。・Ag風は、TUは通常高さ(35)で、MJで持ち、ハーフで充分180yセンターに運べる。その際、MT5R1シャフトのしなり...
@

P3でドラ使った例・・・・ナイスパー!

おとついの滝のRより。東④198S +0 2/2 強烈な打ちおろし、立ってられないほどのAg++++(196)、高くでるとどこに行くかわからないほどだったので、少しでも上がらないようにドライバーをチョイス@。5mmのTUとしてLBを打つつもりだったが、ゴロになった。しかし下り坂のおかげでr70まで近づき、花道正面で打ちやすく、DWH@@、MPねじ込んでY1P達成!#P3でドラチョイスする時は勇気?が要ったが、結果的にパー取れたのは私...
@

ドラのアゲ風対策

①ゆっくりスイング(スピン減らす)②MJ(シャフト固くしてしなり減らしスピン減らす)③いつもより右に置く(弾道低くする)④TU低め(弾道低くする)#むしろTU高くして、レベルに振るだけという説もある。※私のイメージとしては、アゲ風で飛距離が落ちるよりも、煽って?左に巻くほうが問題だ。※つまり風のボールに対してというより、自分への影響のほうが問題な気がする。※アゲ風には敵わない、負けるようにするほうがかえってい...
@

(過去記事)セーフ領域を拡大する

この図は、なぜドラが220、9鉄が110でなければならないかの根拠である。SQ2Uが210y飛ぶので、ドラは2U+10yで十分である。↑この図から、G中央を狙う場合の限度は140y(6鉄)ということになるが・・・↑手前のフランジ付近は、転がしが効くので、ほとんどGONと考えられる。この図では、G中央まで190yの場合でも、手前170y地点を狙ってショットしても転がりあがってピンローにナイスオンする仕...
@

風の強い日のR

・Agはしんどいが、Foも同じ数?だけある。ラッキー・アンラッキーと似ている。・Agの注意は、のけぞって(笑)煽り打ちが助長される(フックがひどくなる)ことである。だから、AgではTUを低めにして強振しないほうが良い。上から叩き込むのも良くない。吹き上がると大スライスもありうるし、上から被ってひっかけもある。・Foでは、飛距離が伸びてありがたい反面、大GOVもあるし、背中から突風で押されるのも不安なものである。...
@

1ダメの研究

<発生状況>①アドレスで違和感←しきりなおせ!たぶん3D玉位置エラー。②重く感じる←そのままではふりきれない。MJでもて!③軽く感じる←上体のリキミだ。ジャンプせよ。...
@

玉位置微調整

左に行かせたければ左め、右に行かせたければ右めにすこし寄せる。*全クラブ共通。...
@

TSで萎縮する呪縛を解く!

・景色でびびって、バントになる→かえって引っ掛けたり、当っても全然飛ばない(200行かず)。・いつもバントなので、それなりに安定する→たまに飛ばそうとしてオオダフリしたりする・レンジではRのように、Rではレンジのようにスイングすれば良い。・つまり、TGでは、レンジを仮想して、のびのびスイングしたほうが良い。・アドレスで違和感ある時は、遠慮なくしきりなおす。・つまり、それくらいたっぷりレンジで打ち込んであ...
@

ウンチライの問題

・ゴルフ場オープンまもなくは、芝が死んで表面は乾いているが、すぐ下は湿って軟弱で、ずるっと剥けるウンチライがある。・ウエッジやショートアイアンが影響うけやすい。全然エネルギーが伝わらずにショートする。まるで水膜のごとし。・ボールだけをクリーンに拾えばいいのだが、最近レベルに振っているので、そうしてもウンチライに掠ってしまう(バンスがかする)・LUで、せっかくチャンスを作っても、ウンチライでぶち壊しだ。...
@

P3のTSで、HB6UのTUは1cmでは高すぎか

・今回のブルックスRで、TSでHB6Uが右にそれて右GBにはまり、大たたきになったことが、2回もあった。・冬場の、レンジにおけるショット練習でも、HB6Uは、捕まりそうなイメージとは異なり、右に行く傾向があった。・自分の中で、HB6Uは、UTのウエッジ的な感覚がある。つまり、打ち込む感じだ。・HBUTでは、そのデザインから、上から打ち込むようには出来ていない。・あくまでも、低重心で広いソールを生かして、レベルに近い軌道...
@

ゴルフのやっかいなところ

・敵は、コースやライ、天候などで充分なのに、それに体調や外野や、欲や恐怖との戦いも加わる。<体調>飲み過ぎ、太りすぎ、練習しすぎによる障害を回避すれば、あとは突発の病気や、老化の問題だけ。痛みがある時のRは、逆テコの活用や、KKSTや1DKJで大差なく乗り切れることを確認する。もっとも健常時でも同じ。<外野>悔いを残さないように日常気をつける(きっちりケジメをつける)。今気にしてもしかたがないことは、今は...
@

LU時の注意点

・飛ばない番手(スコープの小さい)に下げて、安全を確保したのだから、飛ばす必要皆無。強振絶対禁止。・スコープの範囲で、確実にターゲット(FW上でライのいいところ)を確保する・そのためには、スムーズにPSRして、力まず緩まずきれいに振ることに注力する。・TSの場合は、TUをレンジ練習と同じ1cmと高めにして、叩き込みやトップチョロを防止する。#LUでミスすると、メンタルダメージが大きく、以後1DKJが出来なくなっ...
@

LUで肝心なこと

・次がEZなこと!・中途半端に飛距離かせごうとするのは間違っている。・あくまでも、次を簡単にできなければ意味がない。...
@

インテンショナルスライス

ニクラス式よりイドキ式のほうが安全(スライスのかかりは少ないが逆玉にならない)イドキ式:フェースはスクエアで、スタンスだけオープンにして、スタンスなりに振る。ニクラス式:まずフェースを開き持ち替えて、フェースがスクエアになるまですスタンスをオープンにする。...
@

ニクラス式スライス

まっすぐに構えるフェース開く、そのぶんだけグリップを持ち変える。オープンスタンスになるように自分が移動して・・・・スタンスに沿って振る!確実にプルスライスになる。絶対できるようになるぞ!スライスの程度は、フェースの開きで調節できる。がばっと開けば極端にスライスさせられる。逆に、最初にヘッドを閉じて、グリップ持ち替え、クローズスタンスになるように自分が移動すれば、プッシュフックが可能だけど、これは普...
@

マチマチやデボットからの4WのゴロやLBミス

・しゃくりアゲで、ヘッドの下のほうに当っている(薄い当たり)・チョロやデボでメンタルに焦りが生じ、ウチ急いでいる可能性あり・なにかあった時は、いつも以上にしっかり草スリの素振りを意識して励行すべき。・そもそもFWは、地べたにあるボールを打つ。つまり若干DB軌道で入る必要あり。・ボール位置が左すぎると、薄い当たりになりやすい。...
@

インテンョナルスライス

ニクラス方式で簡単。あとはラウンドでやる勇気だけ。①普通に構える②曲げたいぶんだけグリップ回してフェース開いて握り直す③フェースがスクエアになるまで、スタンスをオープンにする④スタンスに沿って振りぬく!⑤振りぬき方向に飛び出して、開いたぶんだけ右に戻る。#絶対できる!!#これができたら左ドッグの羊⑭とか、藻岩⑪とかが楽になる。...
@

凍ったゴルフ

・TS: 2番手くらいキャリーが落ちる(ランは増える?)・Gは直接狙わず、花道から転がす・バンカーは、AWなどに変え、フェースを開かず、しっかりグリップしてボールの下に押し込む・上げるアプより転がすアプが安全・Gは遅くて不規則なころがり#意外と私向きかも?(笑)...
@

アイアンのラインだし

現在、HBアイアン使用中。丸く振ることは大事だが、接線方向にまっすぐ飛んでいくので、接線の方向付けは大事(笑)何、ボールのちょっと先にヘッドを通せばいいだけだ。今はちょっとアバウト。...
@

左上がり傾斜から右に逸れる

・最近散見する現象。せっかくの簡単な?PONチャンス(6~9鉄)がみすみす右ラフへ・・・・<仮説>①左上がりで、つかまり過ぎを恐れて、右を向いてしまう②傾斜でTBで右体重になるのを嫌って右を向いてしまう③まっすぐ構えているが、右に玉あるために、フェースが開いたまま当たる...
@

FW、HBUT、HBアイアンの肝

MJ!...
@

浅低重心のドライバーの、どこで打てばよいか?

①センターより上:高く、ロースピンのぶっとび弾道になるはずだが、17度超えると上がりすぎ。②センター:ゴルファーの本能から?ミートしやすい。標準的。③センターより下:ローボールでエネルギー伝達ロスが少ないので初速が最大。低いライナーになる。#①が、どう実現するかは、道具の諸元、自分のヘッド軌道によって異なる。実験要する。#②は、スイングしっかりしていれば再現性高い。#③は、直ドラや、左右がシビアで絶対曲...
@

結局毒虫は・・

・毒虫の構えでは、残念ながら距離感の出し方がよくわからないんですよね。・ミスコンタクトのブロックの考え方として捉えるのがいいのかも。・TPとか、ダフリとか、SKとか、パチンとか・・・これは皆ショートアプローチのダイナシ現象ですわね。・毒虫は、ショートアプ限定になりそう・・...
@

ラフから長物を振り回すこと

・残り180以上で、ラフに沈んでいるボール。・脱出できるかどうかも不明、脱出できても届くかどうか不明、どの程度ショートするか、どの程度オーバーするかも不明。・ひょっとすると1打でON出来るかもしれないが、3Pを回避できるかどうかも不明。・もし、脱出できないと、また同じような状況。・もし脱出できても、残り距離はボールのところにいかないと分からない。・ハザードに入ってしまう可能性もある。・このように、ラ...

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新記事