>

Entries

@

寄せの恐怖感?が薄くなってきたぞ!

・草の介入が、神経タカリの原因で、つい、インパクトで叩き込んでしまう傾向があった。大OVもあり、減速してZKもあった。・草の処理はSWのソールの仕事!と割り切ることで、ブレークスルーしたと思う。・草の介入がなければ、8RやSWRでなんとかなる。転がしの距離感に集中できる。・草の介入があっても、SWCやSWお先にバンスダフリでなんとかなる。草の処理にCPUパワーを回さなくても済むので、そこそこ距離感が出せる。#PINGSW...
@

SWRは草介入ない時に限る。

基本8R同様に。違いは足の短さ。草介入あると転がしのフィーリングが出ない。どうしてもつっついてしまう。草介入の場合は、SWCかお先にバンスだふりで。...
@

砲台土手から当てて終わりが難しい理由

平ライ以上に、手前にZKしやすい!。斜面に沿って当たればいいから、ロフトの大きなクラブはマッチしない。ボールの右下に空間があるのだから、斜面に沿って立ち、地面にレベルにさらっと振ってやれば高い球になる。どうしてもSWで打ち込んで終わりにしなければいけないシーンでは、斜面に逆らって立ち、ボールを右に置く必要がある。SWで安全に打つには、キノトウ(ドロー転がし)が良い...
@

現場で感じる、転がし技の限界の見極め

・転がし技は、EZなライや裸地などからは有利であるが、条件がある。・テキサス:エプロンや順目の短い花道からは可能であるが、逆目や、PINまで20歩以上はNG・箒8R:テキサス+α状況で大抵可能だが、 草介入は不適、25歩以上も不適。 25歩以内でも、花道成分が長くG成分が短い場合は不適。脚が長く大POVしやすい・ 横ラインは距離が長いと大きく垂れるので注意。8Rの領域を越えると、PINGSWを持ち出すのだが・・<七色...
@

左上がりからSWZKの件

駒丘⑤515L5/2 +2 D@FWセンター、4W左ラフ、4U左ラフ、ラフドテ(左上がり)からSWT:ZK。SWT:POV、MP排卵でダボ!。・球右で打ち込んで終わりにするつもりだった・・・・Gのラフ土手にある球に向かって構えた時、違和感があった。仕切り直すべきだった!・球は草で浮いていた。普通にSWCで良かったかも・右に置いて打ち込んで終わりでは、球に直接するほうが良いと思う。・しっかり右に置けてなかったのかもしれない。...
@

箒8Rのコツ

駒丘②499L 5/3 +3 D:○左ラフ前下がり、4WFがチョロ!、4ULU@、r90:UW:GST、8R:POV、3Pのおまけつきでトリ!#8R→1Pでボギー、2Pでダボで済んだ場面。スプリットで持つ、右体重で左に置いて視野を広くするなどはそれでOK。花道成分が長く、G成分が短い時は、8RだとどうしてもG上の脚が長く、大POVしやすい。SWRやUWRで、ラン成分を短くしたほうが良い。駒丘⑨353M 4/2 +2 D:X右蛇ラフ、8鉄脱@、9鉄:EP、8R傾斜...
@

G至近の寄せ判断

・EP:20歩以内はテキサス。それ以上は8Rベター・EP外:8R基準、PIN近はテキサス、草介入+~++はSWハウチやSWR。・花道:EPに準ずる。・EP外Gまで遠め:草介入なし~少ない:SWC、草介入+~++:SWお先にバンスダフリ。(Gまで遠い時は8RだとPOVしやすい)・r30:SWN・r40:SWお先H・r50:オープンSWH、SWお先F・r60:SWH、左ターフ#つまり、r60以内は、8鉄・Sw・(PT)で賄う。・r70:UWH・r80...
@

8RとSWハウチ、球集めと同じではない!

・どちらも、ほあにおける球集め(超EZ)から派生した技だが・・・・球集めでは、Gからラフに向けて転がすので、球の勢いが減ったころにラフの抵抗がかかり一定の距離に集まりやすい、Rの寄せでは、球の勢いが減るのがG上なので、球集めより当然足が長く、POVしやすいわけだ。・G手前のラフの影響もある。つまり、球集めとイコールではない。(お先にでスプリットハンドは共通だが)...
@

ふわふわの砂・ヘビーラフモデル

なかなか難しくて良い。ニトリのバスマット、550円。...
@

PINGSWで出来る七色の技!(笑)

①砂②お先にバンスダフリ(クロブ)③SWC(ギロチンカット)④ハウチ⑤ドロー転がし(キノトウ)⑥お先にSWR(スプリットハンド)⑦F、SWH、SWN。#ほあでは自由自在に出来るが・・・...
@

PINGSW:お先にバンスだふりのコツ

・バンスを打ち込んだところに目線を止める!・たぶん、これで減速するミスを回避できる。...
@

SWCの易しいやりかた@ほあ

PINGSW使用・フェース開く・ハンドダウン・ヒールがわのバンスをレベルに滑らせるかんじ・体の前で手首を止めてワイプさせると抜けが良く、上手くいきやすい(ヘッドを返すかんじ)・けっこうランがある。本Gなら脚が伸びるので1:1くらいは転がるかも?...
@

ハウチ集め

ほあの練習Gから、SWのハウチでボールを戻す。左踵は浮かせ、お先にのポーズ。やたらに正確。...
@

道場でグローブつけてみたら・・・

・なんだか、すんごい雑な感じがした。・私はRで、SGの時グローブつけっぱなんだけど・・・(主に雨対策)・もしかすると、SGではグローブ脱いだほうが、普段の練習成果が出るかも??...
@

R後の感想:寄せ技の使い分け

・SWのハウチは、Gまで距離がありすぎて使うチャンスなかった。・SWお先にバンスダフリ:⑥で平らなセミラフから、ちゅうちょしてZKGST!・SWCのほうが自然に感じられればSWCがベター(草の介入が少ない、上げて止める必要がないなどの場合)・草の介入があったり、上げて止める必要があったほうが腹が決まり、SWお先の躊躇がなくなりうまくいきやすい。・草の介入がなし〜しょうしょうなら、箒8Rが頼りになる。・SWT(P&R)は、ラ...
@

SWR(ハウチ)と8R(箒)の違い

・SWのハウチは、リーディングエッジをラインに直角に当てる。理由。刃でトップさせるので。・箒8Rは、トウ垂らしでフェースは被らせる。理由は吊って構えて面で当てるので。...
@

SW刃打ちのボール位置など

図の矢印は、SWの刃の、ボールへの侵入方向を示す。このように、あらゆる方向から入っても、そこそこ転がっていく性質なのであるが・・・ミスするとしたら・・・・HFにしすぎのZK(刃がボール手前に刺さる)で、刃がボールに届かない場合だけ!であるよって、ボール位置は、真ん中より左に置いて、赤道付近をレベルに侵入するようにすれば、もっともミスしにくいと思われる。HSは必要ない、パターのようにすーと当てるだけであるか...
@

SWハウチがミスしない理由2

矢印は、SWの刃先がボールに進入する角度を示す。無茶ぶりさえしなければ、いかなる方向から進入しても、ボールはそこそこ転がっていくだろう。あたかも、練習GからSWでボールを転がして集める時のように・・・雑なイメージにも拘らず、結果はずっと妥当なもの。ボールは、SWの刃先に当たった結果として、ぽんと跳ね上がったり、地面に擦れてから回転したり、最初から順回転したり、様々であろうが刃先が点であるために、ほとんど...
@

お出かけセットを2本(SWと8鉄)にするなら・・

①草の介入無し:8R↑①と②の間で、草が少し介入して8Rでは心配:SWハウチ or SWC(開いてヒール側からギロチンカット)↓②草の介入あり:SW#要するに、草の介入なければ8R、少しでもあればSWを使うわけだ。...
@

SWハウチが失敗しない理由

歯で球体に当てると思うと難しい気がするが、実際は簡単で、片手でぽんぽんテキトーでもまったくといっていいほど失敗しない。あおり打てば空振りとオオダフリ以外は前に順回転で転がせる。無茶ぶりさえしなければそこそこうまくいく。STするかOVするくらいしかバリエーションがない。クリーンに当たると、パター以上に距離感が合う。方向性も抜群にいい。理由は不明。草を挟んでもパターほどは影響うけない。すこし減速するだけ。...
@

SWのハウチは転がりが非常に良い

・刃で赤道をコツンと打つだけで、さほど難しくない・形状的にテキサスより草の介入の影響を受けにくい・直進性と、順回転で足が伸びやすい・G至近で、草の介入があり、地面にボールが接している場合などに使える。...
@

G至近の寄せ、判断基準

・草の介入なければ、8Rで転がせる。エプロンならテキサスでもいける(20歩以上は8Rのほうが良い)。・草の介入があっても、浅く・順目ならば草の介入の影響は少ないので転がせる。急な加速・減速はNG・草の介入が少しあって、ボールが地面に届いている場合は、草の影響は無視して転がすほうが無難。例えば、テキサスとか、SWのハウチとか。・密集した草の上に半分浮いている場合は(密林女王):SWお先にバンスダフリでいいの...
@

SWCの課題

・スイングスピードを下げること。・怖いのでパチンと弾いてしまうのだが、これをゆっくりスピードでかつ減速せずに振れるようになりたい。・手首を使わない?...
@

箒8鉄Rのブラッシュアップ?

・本来、G面からのボール集めであるので、技術は要らず、フィーリングだけで抜群の精度がある(さっさと1箇所に集める)・スプリットで持つため、さらにバラツキが減る。・つまり、ラインさえ読み切れれば、充分に沈かBPOKの結果を出せるはずである(不可能の理由がない=可能)・沈バデや、Y1Pが増えれば、70台は身近になるはずだ。・アイアン類の精度がもうちょっとだけ上がれば、合わせ技でパープレーまで充分いけると思う。...
@

草の介入のある無しで選ぶ

・私のG回りにおける神経タカリの主原因は、草の介入である。①草の介入がまったくない、しかもファーストバウンドまで転がり抵抗を計算しなくて良い、箒8Rは実に合理的な寄せだ。・草の介入がなくても、テキサスは最初から草の転がり抵抗を計算する必要がある。・パターもコンタクトミス起こしづらいが、8鉄転がしも、ボール集めと同じでミスしがたい。さらにスプリットで持つのでますますミスしがたい。距離感も方向もバッチリ...
@

しつこいが、お出かけセットの件

・まず、8鉄は決定である。箒8Rは、テキサスより適応範囲が広く、かつ距離感も方向性も問題なし・次は、砂やヘビーラフ用にSW。SWお先には、至近ではまだ若干違和感あるが不可能ではない。SWC(ギロチンカット)を取り入れるといいかも。・これにパターである。テキサスはもちろんであるが、絶対絶命シーン(木の根っこなど)で必要なことがある。しかし、G回りにそのような状況は稀で、Gには必ずキャデイさんがパター持ってくる...
@

箒8Rと、SWお先に

・箒8Rは、草の介入なければ、かなりの確率でY1Pとれる。つまり、方向も距離感も満足できる。7鉄だと脚が長すぎてPOVしがち、9鉄ではシャフトが短くてスプリットで構えにくいかんじがする。そういえば、若いころ8鉄で転がしよくやってたな~。やはり8鉄だな!・SWお先には、距離の打ち分けはまあまあで、左に飛びやすい傾向。 ↑道場の実験では、フェースを開けばまっすぐ飛ぶようだ。まっすぐ構えるとヘッドターンで左にいく...
@

”バンスで加速”の意味(前記事の続き)

中井学Pのマンガより。バンスがつっかかってロフトが立つ、とかの難しい話でなく、単純に地面に左斜め上から当たって跳ね返えって右斜め上に上昇する動きがボールに伝わって・・・加速すると。馬鹿みたいに単純な話だ。PINGSWでお先にバンスダフリの練習してる時感じた、上から鋭角にバンス落とすほど、上にボール上がって距離がでなくなる感じは納得が行きますわね。あまりにも下がふかふかならば、跳ね返る力もすくなかろうし、...
@

バンスで加速?

中井学Pのマンガより。赤い矢印は私がラキガキしました・・・・加速ってのはこういう意味かな?...
@

転がしのパチンは不安を払拭しようとするために出るミスなのだ

・不安を感じなければ、パターのように慌てずスムーズにストローク出来るはずだ。・それをパチン入るのは、不安のせいだ。・不安の原因はライである。デボはもちろんだが、主に傾斜や草の介入の影響が読めないために不安が入る。・不安を持つ必要がないとか、のアドバイスは神経タカリの私には無効。・なぜなら、不安を持ったままだから。・不安があるままにうまくいくはずがない。・どうすれば不安がなくなるか。・40年以上、ず...

Appendix

プロフィール

しょぼ

Author:しょぼ
(図はアベデス画伯に頂きました)

夢は自由自在

  • 管理画面
  • 新規記事
  • 全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新記事